3分小説

sudachi

道案内

このハイキングコースは、初心者から上級者まで楽しめるコース設計となっている。

上級者コースでも普通に行けば
往復で、3時間程だ。

しかし、何故か遭難する人が相次いでいる。

救助された人の話によると、
帰り道の途中で1人の男性と出会ったそうです。



その人が案内する方へ進むと、道に迷ってしまったそうです。


噂では、昔、ここで遭難した人が
地縛霊となり、山に出るのだと言う。


私は、そんなハイカーが迷わないように、
この山小屋で道案内をしている。


ある日3人の若者が話しかけてきた。

「すみません。道に迷ってしまって。」
「この先を、真っ直ぐ進むといいですよ」
「ありがとうございます!」



3日後、3人は救助隊に救助された。

「3分小説」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

  • sudachi

    応援ありがとうございます!!
    少し書くの休止してたんですが、また頑張って書いていきます!
    1分で読める物語読ましてもらいます!

    1
  • 淺井 哲(あさい てつ)

    今日初めて読みました!
    めちゃくちゃ面白かったです!
    これからも頑張ってください!
    応援してます!
    自分もジャンル似てますけど1分で読める物語っていうの書いてるのでよかったらご覧ください!

    1
コメントを書く