3分小説

sudachi

憧れの人


私の名前は、小野仁美。
憧れの人由美子さんに少しでも近づく為に、
努力している。

由美子さんが好きなものは、私も好き。
由美子さんが嫌いなものは、私も嫌い。


でも、まだ足りない。
まだ、30点。


もっと、憧れの由美子さんに近づきたい。



まだ、全然足りない。


40点
同じ髪型になる為に、同じ美容室に通った。


50点
同じ服を着る為に、同じ服屋さんに通った。


60点
同じ靴を履く為に、同じ靴屋さんに通った。

でもまだ足りない。
全て同じにしないと。

何が違う?
そうだ、下着が違う。

どんな下着をつけているのかしら。

今度、遊びに行った時に、こっそり調べてみよう。



70点
同じ下着も手に入れた。
それでもまだ足りない。

あの人と同じになりたい。
どうすれば?

そうだ、顔が違う。
同じ顔になりたい。







80点
同じ顔になった。
かなりの費用がかかってしまったが、
納得いく出来栄えだ。
多分、見分けをつけるのは難しいだろう。


もう少し。
もう少しであの人になれる。


もう少し…
あと、足りないのは…






「おい、由美子。
最近お前の友達の小野さん見ないけど、
どうしたんだ?」


「小野さん?分からないわ。」

これで100点。

私は、全てを手に入れた。
この家も。


優しい旦那も。

「3分小説」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く