3分小説

sudachi

隙間


彼女が風邪をひいたようだ。

朝からずっと咳をしている。

昨日の夜は友達と遅くまで食事に行っていた。
彼女はお酒は、強くないので、
ずっと烏龍茶だった。

冷たい烏龍茶を沢山飲んでいた。

それに、昨日はかなり風が強く吹いていた。
昼間は暖かかったので、かなり薄着だった。

きっとそれが原因だと思う。


午後5時30分
いつもなら、バイトに出かける時間だけど。
今日は一歩も外に出ていない。

彼女は、近所のファミリーレストランでバイトをしている。
僕はそこによくご飯を食べに行く。
彼女は、そんな僕を見つけても、
決して目を合わせない。

きっと、周りに僕らの関係を悟られない様にしてるんだと思う。


午後8時20分
朝から何も食べていない。
食べないと力出ないのに。

明日、お粥でも作ってあげようかな。
彼女びっくりするだろうな。
サプライズ!



早く良くならないかなー。
ずっと見守ってるよ。


この押入れに空けた、隙間から。

「3分小説」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く