好きだと素直に言えたなら、

あん

episode18

「おつかれーっす」

よっしーさんに続いて渉くんも入ってきた。

「本当に近くだったからびっくりしたよ」

夢さんにそう言いながらよっしーさんは自然と夢さんの隣に座った。

「なんでお前いんの?」

渉くんは立ったまま夢さんにそう言った。

「撮影で東京来たんよ」

夢さんの実家は兵庫にあり、今もそっちに住んでいる。
中学の頃に親の仕事の都合で引っ越したらしい。

「腹減ったー。すいません、生ひとつ!お前は?」

よっしーさんは近くにいた店員さんにそう言い、渉くんにも注文を聞いた。

「あ、生2つでお願いします」
「かしこまりました」
「あんた、はよ座りーや」

店員さんが去っていっても立ったままの渉くんに夢さんがそう言った。
背負っていたリュックを下ろして、私の隣に座る。
なんか座り方も加味して、Wデートみたいにみえる。

「そういえばこないだのドッキリ見たで」

夢さんが話しているのはきっと私と渉くんが付き合っているドッキリの話だろう。

「あれ本当に俺騙されたんだけど」

よっしーさんは運ばれてきたビールを口に含みながら言った。

「美怜ちゃんの芝居が上手かったんだよね」
「ほんまにそう!あんたはほんまに何してもできる子やもんね」

もうすでに酔いが回り始めている夢さん。
酔い始めると夢さんは周りのことをめちゃくちゃ褒め出すんだ。

「好きだと素直に言えたなら、」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く