好きだと素直に言えたなら、

あん

episode16

「なんやいきなりどうしたん?」

ゴリゴリの関西弁で枝豆をつまみ出す夢さん。
夢さんも歴はまだ浅いけど結構有名なYouTuberで1年くらいのまだ浅い中だけど私を妹のように可愛がってくれてる。

「実はニューヨークに留学が決まったんです」
「え?ほんまに?!ゴホゴホッ」

食べていた枝豆を喉に詰まらせてしまうほど驚いたみたい。

「おめでとう!」
「ありがとうございます」
「あいつにはゆったんか?」
「あいつって?」
「渉くんよ!」

実は夢さんと渉くんは遠い親戚らしく、動画でのコラボは少ないけど結構仲がいい。
そしてなぜか渉くんのことが好きだとかそんなことを言った訳でもないのに勝手に渉くんのことが好きだと思っている。
まぁ、合ってるから否定はしないんだけどね。

「言ってないですよ」
「渉くん悲しむで?」

どうかな。仕事のこと以外関心ないように見えるけど。

「だいちゃんにはゆったん?」
「言いました」
「なのに渉くんには?」
「言ってないです」
「なんでや!」

まだ一杯目なのにもう酔っ払っているのかと思うほどテンションが高い。
ちなみに、だいちゃんと夢さんは小学校の時からの幼なじみだ。

「なんか言うの緊張して」
「まぁな、結構大事なことやもんな」

運ばれてきた焼き鳥を2人で頬張る。

「てかな、前から不思議に思ってたんやけどだいちゃんのことは好きじゃないん? 」
「ゴホゴホッ」

突然の直球に思わずむせてしまった。

「好きだと素直に言えたなら、」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く