消えない思い

樹木緑

第96話 インハイ予選 2日目

フン~ フン~ フン~ ♬♪♫~

僕は知らず知らずのうちに
鼻歌を歌っていたいみたいだ。

「どうしたんだ?
今日は機嫌がいいみたいだね」

お母さんがシャワールームの脱衣場から
僕に声を掛けてきた。

「分かる?
僕ね、Ωに生まれて
凄っい幸せだって感じてるんだ!」

「ん~?
何? シャワーの音が大きくて聞こえないよ?」

僕はそっとドアを開けて顔を出して、

「僕ね、Ωに生まれて
凄い幸せを感じてるって言ったんだよ!」

そう言うとお母さんは嬉しそうに、

「親にとって、Ωの子供から
そう言うポジティブな言葉を聞くのは凄く特別だよ!
青春してるんだね!」

と言った。

「うん、僕、好きな人がいるって
こんなに幸せだって思いもしなかったよ!」

そう言うとお母さんは目を細めて、

「成長したんだね~
あっという間だよ」

感慨深そうにそう言った。

「じゃあ、洗ったタオル、
補充しておいたから。
予備のシャンプーなんかも
シンクの下に補充しといたから、
必要だったら詰め替えておいて。

僕はもうベッドに行くから、
余り遅くならないように。
明日も応援行くんだろ?」

「うん。
明日は朝一で出るから、
お母さんは寝てても大丈夫だよ。

じゃあ、お休み」

そう言って僕は体に着いたソープを
洗い流し、お母さんは自分の寝室へと行った。

寝る前に先輩にメッセージを出しておいた。

“明日も同じメンバーで応援に行きます。
奥野さんが沢山お弁当を作ってきますで、
一緒に食べましょう。
青木君も一緒です!”

そうすると直ぐに、


“オッケー
しっかり睡眠取れよ。
もう倒れられるの嫌だからな”

と返事が来た。

“大丈夫です。
今から寝るところです。

お休みなさい。
また明日!

先輩、大好きですよ!”

“お休み。

俺も要が大好きだ。

……なんか改まると恥ずかしいな

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く