消えない思い

樹木緑

第77話 雑談

僕はドキドキとして先輩の返事を待った。

でも、暫く待っても、
先輩からの返事は無かった。

「要く~ん!
早くおいでよ~
アルバム持ってきたよ~」

リビングの方から、
お父さんが呼んでいるので、
僕は、まだ来ないメッセージを確認し、
そのまま携帯を握り締め、
皆の居るリビングへと向かって行った。

「もう少ししたらお寿司来るからね~
要にはちゃんと卵や巻きずし頼んどいたからね!」

お母さんがそう言いながら、
麦茶の入ったコップを持ってきて来てくれた。

「でも今日は雨にならなくて良かったね。
要の体育祭、行くことが出来て本当に良かったよ」

お母さんがそう言うとお父さんも調子に乗って、

「でしょう? でしょう?
あ~ 要君に怒られた甲斐があったよ!」

と緊張感のかけらも無かったくせに、
何言ってるんだろうと僕は思った。

「いや~ 生徒会長の何って言ったっけ?」

のお父さんのセリフに僕はドキッとした。

「佐々木君でしょう?」

とお母さんが言ったので、

「そうそう、その佐々木君!
彼にも迷惑掛けちゃったね~」

と、こちらは本当に悪く思ってそうだった。

「そうそう、佐々木君も
お寿司に誘えばよかったよね?」

とお母さんが何故か
僕をチラッと見て言った。

僕は、何故お母さんがそう言う目をして
僕を見るのか分からなかったけど、

「ねえ、僕、
佐々木先輩に電話しても良い?」

とお母さんに聞いた。

「そうだね、来れるようだったら
誘ったら?」

そう言うお母さんの言葉を遮って、

「裕也は今日は忙しいみたいですよ!」

と矢野先輩が横槍を入れた。

「え? そうなんですか?
何か生徒会の用事でも?」

僕が尋ねると、

「あ……イヤ……
今夜は長瀬家と……」

先輩が気不味そうに言ったので、
僕はあ~だから返事が来ないんだ
と思った。

「長瀬って?」

とお父さんも、聞かなくても
良いような質問を!
と思っていると先輩も、

「佐々木の婚約者なんです」

と説明し始めたので、
僕は体が硬直してしまった。

「ほ~ 若い時から凄いね。
やっぱり政界に入るとなると、
若い時からレールは決められてるのかね~?」

とお父さんが言った。

「そうですね、長瀬家も旧家で、
政治家に嫁に出すって事は
願っても無い事なんでは無いでしょうかね~
それに裕也の家は総理大臣も生み出してきた家系ですし……」

「ほ~ これはまたまた
凄い家系だね~」

とお父さんが感心していた。

「まあ、それぞれの権力が入って
両家とも更にパワーアップですよね。
お互いそれは願っても無い事なんでは?」

と先輩が言うのを聞いて、
僕は少し悲しくなった。

「政治家だと言うと、αの世界だよね?
と言う事は彼はα社会に生まれ、
育ったんだよね」

「そうですね、僕もそうなんですが、
少し格が違いますね」

お父さんはう~んと唸って、

「長瀬家も旧家と言う事は、
αの世界だよね」

と尋ねた。

「そうですね、両家とも、
α以外の血を家系に持ち込まないことを
絶対としていますね」

と言う先輩のセリフを聞いて、
知ってはいたけど、
愕然としてしまった。

「と言う事は佐々木君って、
政略結婚?!」

お母さんが束さず聞いてきた。

「そうとも言いますよね。
少なくとも裕也の望みはそこには無いので……」

そう言って先輩が僕の方をチラッと見た。

「バカだよね~ 
今どき……
第3世界にだってαは居るのにさ。
自分たちだけが偉いとでも思ってるのかね?」

僕はお父さんのそのセリフを聞いた時に
何かがスコーンとはがれたような感覚に陥った。

そうだよね、
第3世界のみならず、
αってアマゾンの奥地にだっているよね?
文明の発達してない国にだって……
そう思っていると、

ブッブッブ~

と携帯のバイブレーションが鳴った。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く