消えない思い

樹木緑

第73話 運動部リレー

応援席に戻ると、

「矢野先輩やっぱり凄かったわよね~」

そう言いながら、
奥野さんがワクワクとして僕の所に寄って来た。

「ねえ、ねえ、
矢野先輩がこんなに走るの早いって
知らなかったんでしょう?
もう、かっこ良すぎるわよね。
これで恐らく、
もっと1年生のファンが増えたでしょうねぇ~」

そう言って奥野さんも興奮気味である。
僕はファンが増えると言う部分には
少し複雑な思いもあったけど、
先輩が認識されるのは、
同時に嬉しい事でもあった。

「次は青木君の居るバレー部ですよ」

僕がそう言うと、

「でもアイツ、応援側なのよね。
あ、でもほら、佐々木先輩がみれるから
それも楽しみだよね!
でもやっぱ陸上部に勝つのは難しいかな~」

「いや、バレー部も精鋭人が揃ってるからね~
運動部は凄い見ものだと思うよ!」

「でもさ、これで佐々木先輩にも
凄っいファンが付いちゃったら、
どうする?」

と奥野さんがからかった様に聞いてきた。

僕は先輩に好意を持った、
あからさまな敵意を持った人には
遭遇して来たけど、
可愛らしい、秘めた心を
持った人にはまだ遭遇していない。

もし、可愛らしい、
控えめな、優しい女の子が先輩に
愛の告白をしてきたら、
先輩はどう思うんだろう?

イヤ、イヤ、今までそう言う事が
無かったってはずはない。
これまでも、何度も、何度も
そう言うシーンがあったはずた。

そう考えて僕は、先輩への告白シーンに
遭遇するのは嫌だなと心から思った。

それに反して、矢野先輩の
そう言ったシーンは普通に思い描くことが出来た。
そして、先輩の反応まで想像出来で、
僕は少しクスッと笑ってしまった。

「なによ?
思い出し笑い?
赤城君ってムッツリ?」

また奥野さんが
からかった様に聞いてきたので、
僕はカ~ッと熱くなって、
彼女を凝視した。

その後彼女は大笑いして、

「ちょっと~
図星なの~?」

とまたまたからかってきたので、
僕はまいって片手をあげて降参!
と言う様なジェスチャーをしてしまった。

「ほら!
第1走者が出発するわよ!」

奥野さんの掛け声と共に、
グラウンドで

「ワ~ 先輩!
頑張れ!」

等の掛け声が流れ始めた。

僕は人ごみをかき分けて、
トラックが見えやすい位置に来た。
目の前はちょうど男性陣の選手が
走者を待つラインのとこで
向こう側では他の走者と爽やかに話す
佐々木先輩が居た。

先輩が僕に気付いたので、僕は

「がんばって」

と唇の動きで先輩に応援の言葉を投げかけた。

それに先輩も

「まけせとけ」

と僕に返した。

そして

「あ・い・し・て・る」

と続けて返して微笑んだので、
僕は左右をキョロキョロと見回した後、
真っ赤になって先輩を見上げた。
周りに居た人は

「きゃ~
佐々木先輩、私に微笑みかけた!」

とか、

「いや、あれは私によ!」

とか、

「え~! 見逃しちゃった!」

などと言い合っている人たちが居たけど、

その本心に気付いた奥野さんが、

「あら、まあ!」

と僕の方を見てニヤニヤとしていた。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く