消えない思い

樹木緑

第66話 噂話

「何だったんだ? あれ?」

「ちょっと今のはあからさまだったよな?」

「あれ誰?」

「確か1-4の櫛田じゃなかったか?」

「櫛田君は生徒会長押しだよ」

「あ~ 前に迫ってるの見た事あるわ」

「あいつ、いつも家の格を鼻にかけてるんだよな」

「でもでも、赤城君の会長との手繋ぎみた~?」

「二人って一体どういう関係?」

「赤城君の借りものって何だったの~」

「二人ってそう言う関係?」

「あの噂はやっぱり……?」

「じゃあ、櫛田君は~?」

1年生の間でヒソヒソと噂話が始まり、
次第にそれは広がりをみせつつあった。

「よ~ 要! お疲れ~」

「赤城君、生徒会長と一緒に走ったなんて
ステキ~! 借りものは何て書いてあったの?」

青木君と奥野さんがヒソヒソ噂話を打ち消すように、
大きな掛け声で僕の所までやって来た。

その瞬間、皆がシーンと静まり返って、
僕の反応を伺っているのが分かる。

「あ……
僕の借りものは生徒会長で……」

「あ~ な~んだ 生徒会長か!
好きな人だったら面白かったのに!
でも、佐々木先輩って優しいよね~
只の一1年生にも手を引いてくれる
男気が合って!
私こそ、そのカード引きたかったわ~
先輩と手を取り合ってゴールだなんて
女の子の憧れよね~」

「確かにうちのキャプテンだし、
責任感は強いよな。
それに周りが良く見えてるから
お前の100M 走覚えてて
ゆっくりと手を引いて
走ってくれたんだろうな!
ガハハ」

青木君と奥野さんが僕を守ってくれるように
助言をしてくれたので、
次第に噂は下火になって行った。

「じゃあ、行こっか?」

奥野さんがそう声を掛けたので、
僕と青木君と奥野さんは
応援席に戻り始めた。

「あ、僕、ちょっとお手洗いに
寄ってきますので、先に戻っていて下さい!」

「オッケ~
暫く私達は出番が無いからゆっくりね!」

そう言って、僕は、青木君と奥野さんから離れて、
新校舎一階にあるお手洗いへと歩いて行った。

靴箱まできて靴を脱ぐと、
誰かの話声が聞こえてきた。

僕がそっと靴箱の陰から覗くと、
校舎の入り口で話をしていたのは、
佐々木先輩と、長瀬先輩だった。

話の内容は良く聞こえなかったけど、
所々で、

「赤城要」

とか、

「Ωが……」

とか、

「婚約」

とか聞こえてきた。

僕はここに居ちゃいけないと思い、
今脱いだばかりの靴をもう一度履いて、
そっと靴箱から離れた。

そして一目散に応援席に駆けて行った。

校舎を離れたところで、
後ろから僕の腕を掴んだ人が居た。

佐々木先輩? 

走を持って後ろを振り返ると、
僕の腕を掴んでいたのは矢野先輩だった。

「どうしたの?
そんな息せき切って。
さっきの競争は見ものだったね?
一体借りものは何だったの?」

先輩が少し怒ったような顔をして尋ねてきた。

僕は少しビクッとして、

「あの……借りものは
生徒会長ってあって……」

そう言った途端、
矢野先輩は一息ついて、

「な~んだ、
そうだったのか~
生徒会長か~」

と穏やかな顔つきになった。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く