消えない思い

樹木緑

第61話 ランチタイム

「赤城く~ん、
一緒にお昼どう?」

やっと午前の部を終えた時に、
奥野さんと青木君が
僕とランチを一緒にと誘いに来た。

「あ、ありがとうございます。
実は急に僕の両親が押しかけてきまして……」

「お、お前のお袋も居るのか?」

「何、何?
赤城君のお母さん来てるの?」

奥野さんと青木君が顔を見合わせて
目をキラキラとさせた。

「ねえ、ねえ、私達もお邪魔して良い?
是非、是非、赤城君の
ご両親に会いたい~」

「そうだな、お前の面白い親父とも
また話してみたいしな」

青木君も、奥野さんも僕の
両親に会う事にノリノリである。

「ハハハ、良いですよ。
矢野先輩も、佐々木先輩も来ますので、
是非、奥野さんも、青木君も来てください」

そう言って僕は二人と、
保護者用のテントへと歩いて行った。

途中で佐々木先輩の居る
生徒会役員席に寄って、
佐々木先輩を拾って行った。

「チースッ!
先輩、俺らも一緒にお昼します~」

そう言って青木君が
佐々木先輩に挨拶した。

「お~ 青木。
お前要と知り合いだったんだよな?」

「ですよ~
同じクラスの前と後ろの席で~す」

「で、こちらが最近できたと言う
ガールフレンドか?」

そう言って佐々木先輩が奥野さんの方を見た。

青木君は照れて頭を掻いていたけど、

「よろしくお願いしま~す。
奥野瞳です!
先輩の事は良く猛から聞いてま~す」

奥野さんはいつもと同じように
元気にあいさつをした。

「お前、変な事いってないだろうな?」
そう佐々木先輩が青木君に問いかけると、

「大丈夫ですよ、先輩。
猛って、先輩の信者ですからね~
もう、先輩の凄いところを
何時も褒めまくってますよ」
と、奥野さんが咄嗟に答えた。

「それにしても先輩って、
いつ赤城君と仲良くなったんですか?
矢野先輩だったらクラブの先輩だし、
しょっちゅう赤城君に会いに来てるから
分かるんですけど……
先輩とはあまり接触を
想像できないから……」

“ひゃ~ 奥野さん!
それ、 振らないで下さ~い!”

僕は心の中で祈った。

「俺が要と知り合いだったら変か?」

「そうですね~
余り接点がないから不思議だな~って……
ねぇ、猛もそう思ってたでしょう?」

「あ~ まぁな、
もしかして、要も先輩の魅力にやられたとか?
惚れちゃったりして! 
ハハハ 先輩、かっこいいしな!」

恐らく赤城君は冗談で言ったんだと思うけど、
僕は顔がカーッと赤くなっていくのを止められなかった。

赤城君と奥野さんはびっくりしたように
僕の顔を覗き込んで、

「えっ? マジか/マジ?!」
とびっくりしていた。

僕はとっさに否定して、

「そんなんじゃありませんよ。
確かに先輩はかっこいいとは思いますが……
そんな面と向かって~」

と青木君の背中をバシバシと叩いて答えた。

「いや~ん、びっくり!
私、てっきり赤城君は
矢野先輩とデキてると思ってたのに!
凄い大発見!」

奥野さんはまだ興奮冷めやらぬだ。

「違いますよ、
そんな~
佐々木先輩もなんとかい言って下さいよ!」

僕が佐々木先輩に話を振ると、

「要と浩二って二人から見て、
そんなデキてるような雰囲気があるのか?」

と尋ね始めた。

「そりゃあ、見ているこっちが
恥ずかしくなるくらいベタベタ、
イチャイチャですよ。
それで付き合って無いって言うんだから、
私てっきり両思いで、
ただ単にお互い、
探り合ってるだけなのかと思ってましたもん!
ねえ、猛もそう思うよね?」

「あ~、 確かに矢野先輩って優しいけど
要に対する態度は他の人とは違うよな」

「そうよね~ どこが違うのかって言われると
答えられないけど、
赤城君も矢野先輩には自分さらけ出してるし……
矢野先輩も赤城君には甘々だし……
どっからどう見てもカップルよね~」

「二人って見た感じ……
本当にそうなのか?」

先輩が少しショックを受けたようにして尋ねた。

「二人ともやめてください!
矢野先輩とは本当にそんなんじゃないですから!」

僕は二人の会話に慌てて割って入った。

これで佐々木先輩に嫌われてしまったらどうしよう?
僕と番になりたいと思った事が
間違いだったと思われたらどうしよう……
もう話し掛けてくれなかったらどうしよう……
やっぱり僕は矢野先輩と
居た方が良いと思われたどうしよう……

そう思って、僕は自分の思った事にびっくりした。
僕は僕が思っているよりも
佐々木先輩に惹かれているようだ。

感の良い奥野さんも
それに気付いたのか、僕に耳打ちをして、

「ねえ、佐々木先輩って、
赤城君の事……好きなの?
もしかして告白された事……
あるとか?」

奥野さんが気まずそうに、そう聞いてきたので、
僕はあちゃ~と思ってしまった。

また、僕のそんな態度に、
奥野さんは自分の質問に自分で答えを出していた。






「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く