消えない思い

樹木緑

第59話 お父さんと矢野先輩

「お父さん!
いくら矢野先輩が優しくしてくれるからって
甘えすぎじゃない?
その前に僕にも、
矢野先輩にも、
佐々木先輩にも、
言うことあるでしょう?」

そう言うと、お父さんは少しシュンとして、
「ごめんなさい」
と小さくなって言った。

「要君、良いじゃない!
お父さんも反省してるみたいだし。
お母さんも来るって事だから
今回は御相伴に与ろうよ!」

そう言って矢野先輩も楽しそうだ。

「ほら、そこの君もどうかい?」

そう言ってお父さんは佐々木先輩にも声を掛けていた。

佐々木先輩はチラッと矢野先輩の方を見て、

「いえ、折角のお誘いですが、
生徒会の仕事が残っていますので、
これで失礼致します」

そう言って、僕達を後にした。

「かっこいい子だね~
颯爽として……
僕の若い頃にそっくり!
彼、αでしょ?
それもとびっきり強い!」

お父さんがそう言ったので
僕はびっくりしたようにして
お父さんの方を見た。

お父さんは腕を胸の前で組んで、
片方の親指と人差し指で顎を支え、

「見てよ……ほら!
彼、怒ったオーラ丸出しだね。
いや~ 怒られなくてよかったね。
くわばら、くわばら
これからは気をつけるよ~
でも、高校生の内からああいうオーラ
出せる子が居るんだね~
いや~ びっくりしたよ~
彼は将来大物になるだろうね~」

と感心している。

僕はお父さんのそんなセリフにびっくりして、

「分かるの?
佐々木先輩が強いαって分かるの?
どうしてお父さんには分かるの?」

と聞くと、矢野先輩が

「αだから他のαが分かるって事もあるけど、
要君のお父さんってかなり凄いαなはずだよ。
気付いた事とかない?」

と尋ねてきた。

びっくりしてお父さんの方を振り向くと、
お父さんは只ニコニコとして、

「いや~ 僕はそこまでも~
でも照れるな~」

とまたバカみたいな事を言っている。

僕は小さい時から、
変装癖のある、
どこからどう見ても、
変なおじさんにしか見えないお父さんしか知らないので、
矢野先輩のコメントには腰を抜かすほどびっくりした。

以前お父さんから、α社会には、
弱肉強食の世界があるとは聞いていたけど、
お父さんは普通のαだとずっと思っていた。

でも、所々で、そう言う節はあったかもしれない。
特にお母さんや僕が絡むと。

僕は矢野先輩の方をみて、 

「今日の100M走の走りを見ると、
もしかして先輩も隠れパワフルαとか?」

と尋ねると、お父さんと先輩が顔を見合わせて、
お父さんが先に

「矢野君からは凄く柔らかいオーラがしてるよね」

と言った。

「それ、どういう意味?」
と僕が尋ねると、矢野先輩が意味深に、
「どういう意味なんだろうね?」
と微笑んで言った。

お父さんは只、ニヤニヤとして僕と矢野先輩を見ていたけど、
僕は思い立ったようにして、

「あ、僕、佐々木先輩にも
もう一度謝罪に行ってきますので、
矢野先輩、お父さんを父兄席に案内してください!」

そう言って、僕は生徒会役員席のテント目掛けて走り出した。




「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く