消えない思い

樹木緑

第55話 100M 走

「プログラム6番、全校生徒による100M 走は
1年生から順に東口にお集まりください……繰り返します……」

「は~ 緊張しますね。
そろそろ行きますか?」

僕は一緒に座ってた青木君や奥野さんと一緒に
東口へ向かって歩き出した。

「僕、走るの嫌いです~」
「お前、走るの遅そうだよな」
「良いんです。
走るの遅いからって死ぬわけではありませんしね」
「そう言う猛はどうなの?」

奥野さんが聞くと、“走るのは得意さ”と、
どうやら青木君は、運動神経は良いらしい。

「奥野さんはどうなんですか?」
僕が尋ねると、奥野さんは、“至って普通”と答えた。

東口に集まると、各クラスごとに、背の高い順に一人ずつ並んだ。
不思議なもので、何故か各列毎に、
足の速そうな人が一人は居た。

一列になって並んでいると、
僕の隣の人が声を掛けてきた。

「赤城君って走るの早いの?」
「え? 僕ですか?」
「そう、そう。
君、この間生徒会長の体操服着てた人だよね?」
「あ~ そうですね、そう言う事ありましたね」
「ねえ、君って佐々木会長と付き合ってるの?」

まあ、予測される質問ではあったけど、

「何故そんなことを聞くのですか?」と尋ねた。

「俺、佐々木会長を追ってこの学校へ来たんだ」
「同中だったのですか?」
「イヤ、塾で一緒になって知り合ったのさ。
彼、カッコイイでしょ?
取らないでね」
「え? 取らないでねって……」
僕がびっくりしたように彼を見据えると、
「俺、Ωでさ、会長の事狙ってるから」
と僕に牽制を掛けてきた。

「あの……会長には婚約者が居るって……」
と言いかけると、
「君、バカじゃないの?
婚約者が居るくらいで俺が諦めると思ってるのか?
俺のフェロモンに掛かれば会長だって一発さ……
なんたってΩのフェロモンにあがなえるαって居ないからね。
既成事実さえ作ってしまえばこっちのもんさ。
妊娠しようものなら大成功だね」

僕は彼のそんな態度に少し恐怖を覚えた。
まさかフェロモンで人を操ろうだなんて、
佐々木先輩はこのこと知ってるのだろうか?
先輩は発情したΩに出くわしたら、
一体どんな対策を取っているんだろう?
少し心配になって来た。

僕が困ったように「あ……はぁ……」と言うと、
「で、何故、会長の体操服着てたの?」
とぶっきらぼうに再度尋ねてきた。

「あ……あの日は体操服忘れていたところに
偶然会長が居て親切に貸してくれたんだけど……」
そう返事をすると、
「な~んだ! 別に二人の間に何かあるって訳じゃないんだね。
まあ、君くらいの子だったら履いて捨てる程いるからね
やっぱり俺クラスにならないと、
会長程のαを落とすことは無理だよね」

そう言って櫛田君?(ゼッケンにそう書いてあった)
が僕を見下したように言った。

確かに彼はΩ特有そうな可憐で儚い雰囲気を持ち、
奇麗な顔をしていたけど、
見かけとは180度違った性格をしていた。

不意に現れた敵対するむき出しの感情に、
僕は早くも嵐の予感を感じた。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く