消えない思い

樹木緑

第51話 クラブ見学

僕はソワソワしながら体育館の裏手に回っていた。
こんなに沢山の女子が体育館周りに居るとは思いもしなった。
スポーツをしている男子は佐々木先輩にかかわらず、ある程度はモテるようだ。
ちょっと耳を澄ますと、

「今日の矢口先輩カッコイイ~」
とか、
「上野先輩、今日はキレッキレ!」
だとか、
「中山先輩お茶目~」
等など、一人一人が違う先輩を応援している。

体育館はローテーションが組まれているらしく、
現在使用しているのは男女のバスケ部。

コートを割った真ん中のスペースではバレー部男子がストレッチをしたりと、
準備運動っぽい事をしていた。

体育祭準備が全て終わった僕の放課後は時間が空き、
今日はこっそりと佐々木先輩の部活動の見学に来ていた。

もちろんそんなことを佐々木先輩は知らないし、
来いとも言われていない。

僕は体育館裏の窓から、そっと中を覗き込んだ。
先輩はマネージャーらしき人と、何か話をしていた。

何だか凄く親しそう……
「女子のマネージャーってホントにいるんだ~」
何だか胸がモヤモヤとしてきた。

先輩が笑ってる……
マネージャーが先輩の肩をちょっと押して恥ずかしそうにはにかんでる……
心なしか頬もちょっとピンク色のような……
あ、先輩に耳打ちしてる……
何? 大きな声では話せない事?
うわ~ 何故そこで先輩の腕を掴む!
先輩も呑気に笑って無いで、振り払ってよ!

僕は団々とモヤモヤからイライラへと変わって来た。

あれ? あれ?
これって……
俗にいう嫉妬?
僕、女の子に嫉妬?
まさか……
昨日の今日で?

僕はちょっと窓から目線を外して、反対の景色を見た。
そして目の前に立つポプラの木を見上げて、深呼吸した。

心臓は何故がバクバクいっている。

そしてもう一度窓から覗き込むと、目の前に青木君の顔があって、
僕は「ワッ!」と声を上げてしまった。

僕の声に青木君もびっくりしたようで、ビクッとなって一歩引いていた。

「お前こんな体育館裏で何してるんだ?」
「へへへ、え~っと~」
僕はどうにかごまかそうと、ちょっと頭を掻いて目を泳がせた。

「バレー部って女子のマネージャーがいるんですね」
思っても居なかった質問が口から出てきた。
言った後で、おっと~と思った。
恐らく青木君も、その質問にはびっくりしたと思う。
一瞬「え?」と言う様な顔をしてマネージャーの方を見た。

「あ~北田マネか~」
「僕、女子のマネージャーが男子部に居るなんて、
マンガの世界だけかと思っていました」
「そうでもないぞ? 
割かしどこのクラブでもいるんじゃないか?」
「そうなんですか? 
やっぱり男子部の女子マネって好きな人目当てとかで?」
ちょっとドキドキしながら聞いてみた。

青木君は僕の方をジーっと見て、
「何だ? あのマネが気になるのか?」
と聞いた。

「あ、いえ、そういう訳では無いんですけど……」
と両手をブンブン振って否定すると、
「まぁ、大体は当たってるだろうな」
と返事が返って来た。

「え? じゃあ、あの女子マネは誰か目的で……?」

大体答えは分かっていたけど、僕は耳を塞ぎたい気持ちと、
好奇心が混じって聞いてみた。

「バレー部って言ったら……
佐々木先輩か、大沼先輩か、柳瀬先輩と言うところだが、
北田マネは佐々木先輩だろうな」

やっぱりか~と思ってあたふたとしていると、
佐々木先輩と目が合った。



「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く