消えない思い

樹木緑

第29話 体育祭準備

僕達のゴールデンウイークは、あっという間に終わってしまった。
別に何かを期待した訳では無かったけど、先輩と、どうにかなると言う様な事も、微塵も無かった。
でも、先輩と一緒に二人だけで過ごせた3日間は凄く有意義のあったことだと感じた。
先輩とは沢山の事を話した。
先輩はどちらかというと、僕達Ωの感性に近いかもしれない。
それ故に、恐らく僕達Ωの気持ちを尊重してくれるんだろう。
僕はそんな先輩が凄く好きだと思った。

熊本・阿蘇から帰ってきた後は、日常がバタバタとして過ぎていった。
まずは、体育大会が6月の第一日曜日に開催された。
僕達美術部は、校門に飾る体育祭用のアーチの創作を行った。
クラスでは、体育委員長の青木君が早速張り切ってクラスを仕切っていた。

「では、競技種目に選ばれた皆さん、よっろしく~それと…要!ま~美術部の君が、クラスの応援団幕の率先者となって人数を集めてね☆」そう言って青木君はそそくさと、部活動に走って行った。
僕は「え~困るよ。僕、美術部の制作があるのに~」と言ったが、時、すでに遅し。青木君はもう教室には居なかった。
「赤城君、私手伝えるよ!」そう言って奥野さんが声を掛けてくれた。
彼女に習って、殆どの帰宅部や文科部系の人たちが手伝うと立候補してくれた。
運動部は、インターハイの予選が控えているので、部活動はそのまま続行されていたが、文化部は体育祭までは部活動中止となっていた。
体育祭のチームは、各クラスごとに分かれて競われた。
例えば、1組であると、1年生から3年生までの1組が一つのチームの編成となっていた。
僕は1年3組だったので、チーム3。
チームカラーは青だった。
応団幕はそれぞれのチームカラーをベースに、各クラス毎に作られた。

その他に応援団もチームごとに編成されたが、チームの応援団は応援団部を基に、数人がそれぞれのクラスから駆り出されていた。
それは運動部も含められていたため、運動部の妨げにならない範囲で練習が行われた。

クラスの応団幕を作るのに集まったのはクラスの1/3の10人程。
奥野さんは、「ま~このクラスの美術部が赤城君だけだったってのは災難だったね~それにサルが体育委員って言うのもアレだったね。」と言って慰めてくれた。
「それじゃ、まずは団幕用の布が必要だからその買い出しだね。それと、絵の具が必要だから…筆は僕のを使うとして、絵の具も買わないといけないね。それと…団幕のデザインもしなくちゃだから…そうだね…」と僕が言いだすと、奥野さんが、
「じゃあ、美術道具は多分赤城君が何が必要か分かってると思うから、赤城君が買い物行った方が良いと思うから、私はそれに付き合う!他の人は、とりあえずは明日からって言うことでどう?」と提案したので、皆はそれに同意した。
「じゃあ、僕はちょっと美術部に顔を出して、事の経緯を部長に報告してくる。美術部の制作と被っちゃうから、その旨を報告しておかないと。」と奥野さんに言い残して、僕は美術部へと急いだ。

何時ものように渡り廊下を歩いて木造校舎へ行き、3階へと階段を飛び段しながら上って行った。
廊下から中庭を見下ろすと、早速応援団らしき人達が集まって何かやっていた。
そのまま美術室までまっすぐ歩いて行くと、部室が開いたままになっていたので、もう先輩が来てるのだろうと思い、中へ入って行くと、誰かが隅の窓の所で椅子に腰かけ、窓にもたれて眠っていた。
見たことが無かった人なので、誰だろうと思って近ずいてみた。
僕が来たことにも気付かずに眠っていたその人からは、とてもいい香りがした。
僕はその人に近ずいて、クンクンと香りを嗅いだ。
まだ気付かずに眠っている。
「これ、何の匂いだろう?コロン?」
更に近ずいてマジマジとその人を見て見た。
その人は一向に起きようとしない。
「うわ~なんかカッコイイ人だな~少しお父さんに似てるかも。」と思いながら、更に匂いを嗅いでみた。
「何でこの人の匂い、こんなに気持ちいいんだろう?」そう思いながら更に近ずいた。
クンクンと匂いを嗅いでいるうちに、何だか顔が火照って来た。
「凄いドキドキする。何だろうこれ?」
僕が手を伸ばして顔に触れようとした時、その人は少し顔を歪めて起きようとした。
僕はヤバいと思って部室から走って逃げた。
別に逃げる必要は無かったんだけど、顔を触ろうとした反射か、その場は逃げなければと思い、気が付けば走り出していた。

「あれ?早かったね?部長とは話出来た?」
教室で待っていた奥野さんが聞いてきた。
僕は教室の戸にもたれかかって足がガクガクと震えている。
そして段々と息使いが激しくなった。
「ちょっと、赤城君、大丈夫?」そう言って奥野さんが駆け寄ってくる。
僕は直ぐに分かった。
僕は発情しかけている…
「赤城君、あなたの匂い…」
「ごめん、僕のカバンの内ポケットに薬が入ってるから、それを取って下さい。」
奥野さんは直ぐに薬を見つけて持ってきてくれた。
僕はそれを飲んで、ハアハアしながら、「すみません、矢野先輩を探して連れて来てくれませんか?」と頼んだ。
彼女は相槌を打って、「分かった、一人で大丈夫?」と聞いた。
「はい、直に薬も効いてきます。」
僕がそう言うと、奥野さんは走って矢野先輩を探しに行ってくれた。
意外と早く、5分もすると彼女は先輩を連れて戻って来てくれた。
「渡り廊下でばったり会ってね。直ぐ駆けつけて来る事が出来て良かったよ。」
そう言って先輩は心配そうに僕の顔を覗き込んでいる。
「ごめんなさい先輩。まだ発情期には早いはずなのに…」
「こんなこともあるさ。大丈夫だよ。僕もここへ向かいながら、薬ちゃんと飲んだから。」先輩は優しく言ってくれた。
「赤城君、Ωだったんだね。私がβでよかったね!」そういって奥野さんがびっくりしている。
「うん、ごめん迷惑かけて。」
「何言ってんのよ!友達でしょ!赤城君だって私が同じような状態になったら助けてくれるでしょ?」
「もちろんだよ。」僕は力強くそう返した。
「矢野先輩は赤城君がΩだって知ってたんですね。」
「そうだね。あ、でもこのことは要君が話さない限り、されにも言わないでほしいだ。」
「もちろんです!」
「奥野さん、ごめん。今日は買い物行けないや。明日は薬の副作用しだいだけど、もし僕が学校に来れなかったら、皆とデザインの話し合いをしていてもらえる?」
「分かった。心配しないでゆっくり休んで。」
「ありがとう。」
「じゃ、僕は要君送ってくから。ありがとう。」そう先輩が言うと、奥野さんは
「私も途中まで一緒に帰ろうか?赤城君、私の自転車の後ろに乗っけていけるよ?」と気を使って言ってくれた。
「多分、歩けるから大丈夫。薬も効いてきたし。」
「それじゃ、私お先に。何かあったら、いつでも頼ってね。」そう言って奥野さんは一足先に学校を出た。

「あ、じゃあ僕はちょっとメッセージ送らないといけないから、ちょっと待ってて。」
先輩はそう言ってサクサクとメッセージを送っていた。
そして僕達は帰る準備をして学校を出た。
今回は副作用もそこまでなく、ちょっと立ち眩みはしたけど、歩いて帰ることが出来た。
公園に差し掛かった頃、先輩の携帯にメッセージが入った。
どうやらさっきのメッセージの返事の様だった。
メッセージを読むや否や先輩が僕に質問してきた。
「要君、もしかして…発情が起こる前に美術部部室に行った?」
僕はビクッとして立ち止まって先輩の方を振り向いた。





「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く