消えない思い

樹木緑

第21話 覚悟

「じゃ、俺は部っ活~、またな!」青木君はそう言って颯爽とカバンを持ち、手をヒラヒラと振って教室を出ていった。
「何時も青木君は元気だな~、なんか癒される…」そう思いながら、「よし!くよくよしてても始まらない!僕は高校生活は思いっきりエンジョイするって決めたんだから」そう自分に言い聞かせて入部届を片手に、美術部の部室目掛けて歩き出した。
自分の気持ちを自覚し、先輩の気持に気付いた今、先輩に会うことは少しためらいと緊張だった。

渡り廊下を渡っている時、青木君が部活着に着替え、体育館へと歩いて行く姿が見えた。
他の部員とじゃれながら楽しそうにしている。
暫く立ち止まり、青木君のそんな姿を微笑みながら眺めていると、彼は僕に気付いて、大手を振ってくれた。
何か大声で言っているようだったが、何を言ってるのかまでは聞き取れなかった。
それで僕が手を振り返し、聞こえないよ~と大手を振って耳に手を当て、バッテンを頭の上で作ったら、青木君は
投げキッスをして、紳士的なお辞儀をして、また投げキッスを返してくれた。
部活の友達は彼をからかった様に、頭を叩いたり、背中を押したり、足蹴りをしたりして、凄く仲良さそうだ。
照れながら頭を掻いて体育館に急ぐ青木君たちを見て僕は、和やかだな凄く良い!と思いながら、少しほぐされた緊張以上に気を引き締めて、更に美術部部室へと進んでいった。

部室の前に立ち、唾をごくりと飲み込んで、深呼吸し、少しそこに佇んでいた。
部室の戸を叩くのは凄くためらわれたが、覚悟を決めて、正に今、ノックしようとした時、
「あ、要く~ん、学校に来れるようになったんだね。」と後ろから先輩の声がしてドキッとした。
後ろを振り向くと、部室のカギを指でクルクルとまわしながら、向こうからやってくる先輩がいた。
そして、「快気祝いのハグ!」と言って僕にハグし、「ハハハ、君のお父さんのまね~」と言って笑った。
そこで、更に緊張がほぐれて、たまにはお父さんの奇行も役に立つなと思いながら、
「ハハ、お父さんハグ好きだから」と言った後、「先輩、先週はお見舞いありがとうございました。お陰様で、宿題もちゃんと提出できたし、今日は入部届だけ出して帰ろうと思って。」と言うと、
「せっかくだから、寄って行ってよ。新しいお菓子があるんだよ~」の先輩の誘いに僕はクスっと笑って、
「じゃあ、少しだけ」と言って部室に入って行った。
先輩は以前来た時と同じように戸棚を開けて、「これは新発売のおかしでね~」と言いながら、すら~っと並んだお菓子とお茶を見せてくれた。
「要君、この新発売、試してみる? 実はね、君が戻って来た時の為に僕も食べないで残しておいたんだ。一緒に食べようと思ってね。」と言ってウィンクした。
先輩の行為は凄く僕の心をモヤモヤとさせた。

なぜ先輩は僕にそんなに良くしてくれるんだろう?
僕がお母さんの息子だから?
僕の事も少しは好きだと思ってくれてる?
それとも、皆にこうなんだろうか?
いっそ告白して振られた方がすっきりするかな?

等と思いながら、「じゃ、今日はその新発売お菓子でお茶しましょう。」と先輩に告げた。
「じゃ、今日はお茶は何にする?」と聞く先輩に
「そうですねぇ~ う~ん」と考えた後に、「今日は先輩に任せます!」そう言うと、先輩は少し考えて、
「じゃ、今日は気分を変えて、ジュースにしよう!」と言ったので、
「え?ジュースも部室にあるんですか?」と尋ねると、
「いや、購買の自販機さ。素早く行って来るから、要君、何が良い?」と先輩が聞いたので、
「あ、じゃあ、僕も行きます。見て選びたいので!」と言って、先輩の後について、部室を出た。

「あれから調子はどうだい?」と先輩が聞いてきたので、
「今では副作用も切れて、すっかり元通りです。」と答えると、先輩は、スンっと僕の顔に近ずいて匂いを嗅いだ。
僕はドキリとして一歩引いた。
「ほんとだ、もうすっかりいいみたいだね。匂いも残ってないし、でもそれでも要君っていい匂いだね。シャンプーかな?それともボディーソープ?」と先輩が嬉しそうに話す。
ドギマギしながら、「先週は本当にお世話になりました。一人でも僕の事を知ってくれてる人が居るって、凄く心強いですね。僕一人だったら、今日学校に来ることは凄く怖かったと思います。先輩の存在は凄く助かりました!」と僕が言うと、先輩は束さず、
「でしょ?だから言ったじゃない。一緒に頑張ろうって。僕はαとして要君の事を守るって。」と返してくれた。
僕はそこで両手のこぶしをギュッと握って、少し答えを聞くのが怖かったが、
「何故、先輩はそこまでして僕の事を気にかけてくれるんですか?」と思い切って聞いてみた。
先輩は、意外だというような顔をして目をまん丸くした後、微笑みながら、「そんなの決まってるじゃないか!要君は僕にとって大切な弟みたいな存在だからだよ!」
という答えに僕は、「ハハ…弟ですか…そうか…そうですよね。」と呟いてうつ向いた。
先輩は「ん?なんか言った?」と聞こえていなかったみたいだ。
僕は、「いえ、何にも」と言って、下を向いてトボトボと付いて行ってると、
「どうしたの?ぼんやりして…気分悪くなった?家まで送ろうか?」と聞いて来る。
僕はにっこりとほほ笑んで、「大丈夫です!でも、先輩って意外と鈍感ですね!」と開き直った。
そんな先輩は「え?鈍感?僕が?何故急に?」と戸惑った顔をしている。
そんな先輩に僕は思いっきり微笑んで、
「僕、一人っ子でずっと先輩みたいなお兄ちゃん、欲しいって思ってたから、精いっ~杯甘えちゃおう!と思ってたんです!」そう言って、先輩の腕に僕の腕を回して抱きついた。
先輩は、「要は甘えっ子だな~」と言ってわらっていたけど、僕は弟でも良いから、この特権を利用して頑張ってみよう、などと邪な思いを抱いていた。




「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く