消えない思い

樹木緑

第16話 当日

ピンポーン
インターホンの音がする。
僕の家は最上階の48階にあり、48階は3件のみ部屋がある。
というのは、上に行くにつれて、段々と建物が細くなっているからだ。
その分、バルコニーが少し広めで、他の戸建てよりも、ゆとり間取りとなっていて、部屋数も多い。
このマンションは、海外から赴任してくる人たち用に洋式に建てられたものらしいので、中の間取りも、外国のマンションの様になっている。
そして下1-5階部分は商業用の部屋が入っている。
言わば、5階建てのモールのような感じだ。

僕の住んでいるマンションでは、ホテルのように受付がある。
この受付は6階にあり、エレベーターを降りたところに受付がある。
全ての来客はこの受付でチェックインする必要がある。その都度、住人には連絡が入る。
受付の人は住人全ての顔を覚えている。
またエレベーターにはガードマンがいて、彼らも住人の顔を知っている。
エレベーターは目的の階によって使い分けられる。
住民用のエレベーターは5つあって、一つは1階から6階まで一気に上がって行く。
もう一つは6階から15階まで各階で止まる。もう一つは 15階から25階までを各階で止まる。だから6階から15階までは一気に上がって行く。
僕の家に来るためには40階以上は格階で止まれるエレベーターを使って上がる。
だから1階から40階までは、一気に駆け上って行く。
また、来客は受け付けでチェックインする時に確認が証明されると、エレベーター用のカードをもらう。
それをボタンにかざすと、ボタンを押すロックが解除される。
またガードマンの人は、来客がちゃんと受け付けでこのカードを受け取っているか、確認をする。
潜り込みを無くす為だ。
従って、カードを持っていない人はエレベーターから先に進むことは出来ない。

インタホーンがなった後、受話器をとり、画面に映し出される人を確認する。
矢野先輩がニコニコとして、カメラに向かって手を振っている。
僕は「は〜い、今開けま〜す。」と言って、そそくさと玄関に向かって歩いて行く。
その後を、何故かソワソワとお父さんが付いてくる。
ドアをあけて、
「先輩、いらっしゃい。どうぞ上がって下さい。」とスリッパを揃えて床に置いた。
先輩は「お邪魔しま〜す」と言って、靴を脱いでスリッパに履き替えた。
お父さんが後ろでモゴモゴとしている。
先輩が「お父さん、背が高いですね〜 どれくらい身長あるんですか?」と尋ねている。
「あ〜そうだね〜 要君、どれだけだったっけ?」と僕に振ってくる。
「えー僕知らないよ。180何とかって言ってなかったけ?」と、お父さんもちょっと緊張しているようだ。

「あら〜矢野君、ようこそ。」とお母さんがキッチンからやって来る。
「これ、つまらないものですが」と先輩が手土産をお母さんに渡した。
「あらーわざわざ良かったのに。ありがとう。フラン・ロコのケーキね。凄く良い香り。ここのケーキ大好きなの。」
「あ〜良かった。僕、甘い物には目がなくて…ここのケーキ大好きだから、ここにして良かったです。」と先輩は嬉しそうだ。
「それにしても、凄いところに住んでますね。」
「景色もいいんだよ〜」とお父さんが先輩をベランダまで案内してくれる。
「うわ〜 丸見えですね。あ、学校があんなに小ちゃく、公園も。。。すごい良い眺めですね。」と先輩は感動している。
するとお父さんが、「ほら、この絵も見て〜」と家中に飾った僕の絵を自慢気に披露してまわる。
僕は顔から火が出るかと思うくらい恥ずかしかった。

「じゃ、お昼の準備するからリビングでくつろいでいて。何か飲み物は?」とお母さんが尋ねると、
「あ、今は大丈夫です。」と先輩は答えた。
「じゃ、何か必要な物があったら言ってね。」
と残して、お母さんはキッチンへと行ってしまった。
それに続いてお父さんも、「あ、俺も手伝うよ。」とキッチンへと引っ込んでしまった。
僕は先輩と二人リビングに残され、どうしようと思っていたら、
「ご両親仲が良いね。」と先輩が声を掛けた。
「そうですね、暇さえあればイチャイチャとしてますね。」と言って、クスっと笑った。
先輩が「要君の部屋見て良い?」と聞いて来たので、僕の部屋に案内した。
「へー君の部屋からは外がこんな風に見えるんだね。」と窓から外を見回している。
「先輩の家はここから近いんですか?」と尋ねると、
「うん、ちょっと待ってね。この方角からだと…」と言って地理を瞑想している。
「そうだね、建物は確定できないけど、あっちの方角だよ。」と指を差したのは公園の南の方角。
「じゃ、先輩の家も公園の近くなんですね。」
「そうだね、ここまでも歩いて来れるからね。家から学校へ行く距離と同じくらいかな?」と割と近いらしい。
「先輩は休みの日とか、どんなことをやってるんですか?」と尋ねると、
「そうだね~、クラブ活動をしていない時は大体、音楽を聴きながら絵を描いたり、リラックスしたりが多いかな? 要君は?」
「僕も同じようなものです。」と答えた。
「本を読むのも好きなの?」と僕の本棚にずらりと並んでいる本を取ってパラパラとめくり、「どんな本が好き?」と尋ねて来る。
「そうですね、割と、推理小説とか、SF物とか…」と答えると、「映画を見るのは?」とさらに聞いて来る。
「映画ですか? 映画は好きですけど、映画館へ行く事はほとんどありませんね。」と答えた。
「映画館、嫌いなの?」と尋ねるので、
「あ、いえ、体調面でなるべく、人の集まる所へは行かないようにしてるんです。」と言った後、
「先輩は映画、好きなんですか?」と尋ねた。
「割と好きだね。僕もサスペンスとか、刑事ものなんか好きなんだ。」
「あ、じゃあ、先輩、ちょっとこっちの部屋へ。」とシアターに改造している部屋へと先輩を通した。
「うわー!君の家、何でもあるんだね。」
「はい、これは父の趣味で…」と部屋に入った瞬間、部屋中に貼ってある蘇我総司のポスターが目に入ってくる。
僕はヤバイ!と思ったが、先輩が、
「渋い俳優が好きなんだね? これは誰がファンなの?」と聞いて来る。
「あ、これは…」モゴモゴとしていると、
「ランチができたよ~!」とお父さんが僕たちを呼びに来た。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く