消えない思い

樹木緑

第13話 懇願

「ただいま~。」そう言って玄関のドアを開けると、夕食の匂いがしてくる。
「おいしそうな匂い!今日の晩御飯って何?」そう言いながらキッチンへ歩いて行く。
「今日は少し遅かったね? 大丈夫だった? 携帯に何度か電話したんだけど…」とお母さんが心配そうに聞いてくる。
「あ、ごめん、電源切ってたから気付かなかったよ。実は今日ね、美術部に顔を出してきたんだ。ほら、矢野先輩覚えてる?入学式の時受付に居た…。」
「あ~、あの美術部の部長だっていう、割と奇麗な顔をした子だったよね。」とお母さんも抜け目がない。
「ま~、奇麗は置いといて、その矢野部長に誘われて、今日美術部の見学に行ってきたんだ。」とカバンをテーブルに置きながら話す。
「それで、どうしたの?」
「それがね、聞いてよ。ほら、2年ほど前に僕が高校生の絵画展に行ったの覚えてる?凄く気に入った絵があったって話した…」
「あ~!要がどうしても買いたいって言ってたやつだね。あの時は、駄々こねられてどうしようと思ったから、良く覚えてるよ。」
それから僕は興奮気味に、「そうそう、それ!実は、矢野先輩ってあの絵の作者だったんだよ。それにあの絵と同じで、凄く温かい心の人で…偶然ってあるんだね!」と捲し立てる。
「それは凄い偶然だね。」とお母さんも同意する。
「お母さん、僕やっぱり美術部に入りたい。」と懇願する。

僕の一番の問題は発情期の事だった。
まだ発情期の来ない僕は、周期が分からない。よって、何時、発情期に襲われるか全くの検討が付かないのだ。
その為、発情期が訪れるまでは、少なくとも、学校と家の往復だけに留めておこうと前に決めておいた。
中学生の時も同じようにした。
出かけるとしても、家に近い範囲に留まっていた。
「でも要、あなたまだ発情期が…」お母さんは心配している。
「実はね、今日矢野先輩と色々と話をしてみたんだけど、彼は凄く第二次性に対して理解があり、どの性であっても、真摯に接しているんだ。まだ先輩に会って2,3度しか話した事は無いけど、先輩だったら信用できると思う。きっと、良い相談役になってくれるんじゃないかと思う。」と真剣に伝えた。
「彼の第二次性って知ってる?」と言うお母さんの問いに、
「先輩は自分の事をαだって言ってた。」と答えた。
「それって、一番危ないじゃないか。もし、矢野君の前で発情期になったらどうするの? 矢野君まで巻き込んでしまうんだよ。」とオメガであるお母さんは僕よりもシビアだ。
「大丈夫だよ。抑制剤は何時もカバンや内ポケットにはいってるから、何時でも、どこからかは、取り出せるようにしてるから。少し体調が何時もより変だと思えば、すぐに抑制剤をのむようにもするし。」と説得を試みる。
「要、発情期って前触れもなく来るんだよ。発情期が不意に来てしまったら、一人で対処するのは自分が思うよりずっと大変なんだよ。それに持ってる抑制剤が聞かないと大変な事になるんだよ。」とお母さんは彼の意見を譲らない。
「だったら尚さらのこそ、先輩に事情を説明して理解してもらっていたら…僕は…高校では思いっきり青春を楽しみたいんだ。」そう力説する僕に観念したのか、
「じゃあ、僕も矢野君とは話をしてみるから、今度家に招待してごらん。」とお母さんが折れてくれた。
「ありがとう、お母さん!大好き!」そう言って彼の頬にキスをしてハグをした。
「ハハ、ありがとう。僕も要の事、凄く愛してるよ。」そう言って更に強く抱きしめてくれた。
「あ、そう言えばね、矢野先輩ってお母さんの事大好きみたいだよ?」
「どういう意味?」
「バイオリニストの如月優の大ファンなんだって。なんか、ファンと言うよりは、お母さんに恋する少年みたいな?」と言ったはなから、
「ちょっと~、それって困るんだけど…優君は俺のだぞ!」とお父さん登場。そしてお母さんの頬にグッドモーンイング!とキスをする。
「あれ? お父さん居たんだ。」
「あ~、うん。今日は夜からのスタジオ入りでね、今起きてきたところ。あ、いや、それよりも優君に惚れてる少年がいるって?」と、何処から聞いていたのか横槍を入れてくる。
「惚れてるっていうか、ま、憧れなんじゃないかな? ほら、入学式の時受付に居た先輩覚えてる?美術部部長だっていう。」
「あ~、あの奇麗な顔をした!」とお父さんも先輩の事をそういう風に見ている。
「確かに先輩は奇麗な顔をしてるけど、顔は今は関係ないでしょ。先輩がね、お母さんの大ファンなんだって。」
お父さんは腕を組んでうん、うんと頷いている。
「ま、優君はかっこいいし、奇麗だから少年が憧れる気持ちは分からんではないが、で、その少年が何だって?」
「僕、美術部に入部しようと思って。先輩が、僕の良き相談相手になってくれたらって、今お母さんとも話してたんだ。」と言ったとたん、
「部活動?いか~ん!アブな過ぎる。もし俺の大切な要に何かあったらどうするんだ!」
相変わらず親バカだ。
ここは僕に任せてとでも言うようにお母さんは僕に目配せをしてシッ、シッと手で払う。
「じゃ、僕は着替えてご飯食べる準備してくる!」そう言って、颯爽と自分の部屋へ消えた。
その後、お父さんとお母さんは何かボソボソと話込んでいた。

制服を着替えながら、何故僕には発情期が来ないのだろう?と思いを巡らせていた。
お母さんも、お父さんに会うまでは発情期が来なかったって言ってたから、多分遺伝的な物だろうが、今のところ心を揺るがす様な人に会った事はない。
強いていえば、矢野先輩の事、初めてちょっと気が許せる人に会えたなっていう思いは有る。
一緒に居ると凄く安心して居心地が良い。
明日は家への招待に行くからまた先輩に会える。
そう思うと、なんだかワクワクしてきた。
もっと先輩の事が知りたい…
うん、先輩なら絶対大丈夫だ。
きっと、お父さんも、お母さんも気に入ってくれるはずだ。
当てにならない安心感を持って、僕はダイニングへと急いだ。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く