消えない思い

樹木緑

第10話 入学式3

「な、この校長、話たいくつじゃね?」
そう言って、入学式で隣に座っていた青木君が声を掛けてきた。
僕は苦笑いしながら、
「そうだね」と合槌するしかなかった。
「俺の名は、青木猛。第三中学校から来たんだ。お前は?」と、コソコソと話し掛けてくる。
「僕は赤城要。第一中学校から来たんだ。」と、コソコソと答える。
「な、この学校ってΩが居るらしいぜ。」と言う青木君の言葉に、ドクンと心臓が早鐘を打つ。
「えっ?」とドキドキしていると、
「俺って第二次性に関して偏見は無いけど、今までΩって会ったこと無くってさ、本とに居るのかな? 俺の知人も含め、αは何人か居るらしいけどな。」
冷や汗が出て来る。どうしよう? 別に隠すつもりはないが、僕がそうだって言うべきか?そう悩んでいると、
「ま、俺はβだから、どうでも良いんだけどよ。」と自己解決してくれた。
ひとまずは胸を撫で下ろして、「これから一年宜しく」と青木君にささやいた。

「な、ところで質問なんだけどよ、お前ってハーフ?」と、遠慮なく聞いてくる。
遠慮が無い人は、結構ストレートで話し易いから、僕としてはウェルカムなんだが、あまりプライベートは知られたくない。
「いえ、僕は純100%日本人です。」と当たり障りの無いよう答える。
「色素薄いんだな。お前、なんか女の子みたいに可愛いな。」との言葉にガクッとした。
「僕、良くボーイッシュな女の子に間違えられるんです。でも男なので!」と気を取り直して返す。
「ハハハ、ごめん、別に悪気はないんだけど、親や友達にも前から、話す前にはよく考えてから言葉を発せろって言われててさ。
ほんとに悪気はないから。一応誉め言葉だから。」との賛辞に、
「一応、ありがとうございます。とでも言っておきます。」と苦笑いした。

「それにしてもこの校長の話、長いな。」と青木君は退屈そうにしている。
「ほんとだね。」と同意をすると、
「な、もうクラブ活動とか決めた?」と聞いてきた。
「君はもう決めてるの?」の返すと、
「もち!中学校からやってるバレーボールさ。」と親指を立てて教えてくれた。
「へー、バレーボールやってたんですね。」
僕はスポーツは苦手なので、余りスポーツクラブには縁がない。
「この学校って強いんだぞ。知らないのか? 特にキャプテンの佐々木先輩なんて、αだし、ルックスも良いし、生徒会長だし、親が議員だし、スポーツ紙にもバンバン載ってて、ファンまで居るらしいからな。俺の憧れなんだ。」と豪語している。
「そうなんですね、すみません、僕、スポーツには疎くって。」と頭を掻きながら答えると、
「ま、そんな感じではあるよね、おまえって。」と既にバレバレ。
「あ、でも生徒会長と言えば、今朝受け付けに居た先輩、生徒会長の幼馴染だって言ってたような…」と、矢野先輩とのやり取りを思い出して言うと、
「あ~、矢野先輩だよな?」と、青木君。
「知ってるんですか?」とびっくりして尋ねると、
「ああ、二人とは同中だったんだ。」との答えに、なるほど!、と思う。
「そうだったんですね。」と答えると、
「矢野先輩も奇麗な人だよな。」に、うん、うん、と頷きながら、
「今日、クラブに誘われたんです。」と言うと、
直ぐさまに、「美術部か?」と返って来た。
「良く知ってますね。」とびっくりして尋ねると、
「そりゃ、中学の時から色々と美術面で賞を取ってた人だからね。確か父親が映画美術製作会社をやってて、有名な美術監督だったような…?
そして母親が画商だったと思うが…ま、早く言えば、美術界のサラブレッドだな。」
美術監督…お父さんと面識があるかもしれない…と思っていたら、校長の話が終わった。

「やっと終わったな。肩凝ったよ。」そう言いながら青木君が大きく伸びをした。
「そうですね、じゃ僕は両親と一緒に帰るからこれで…」と言いかけた時、
「あ、ちょっと待てよ。要の両親にも挨拶させろよ。家は二人とも仕事で来てないからさ。」と僕の腕を掴んで後を付いてくる。
「あ、ちょっと、困るよ、青木君!」とオロオロとしていると、
「要く~ん、こっち、こっち。」とお父さんが手をブンブン回している。
それを見た青木君が、目を見開いて、
「お前のおやじ、面白いな。何時もあんなカッコなのか? いや、分かった。おまえ、あのおやじを紹介したくなかったんだな。確かにちょっと恥ずかしいな。」と勘違いをしてくれる。
そして隣に立っていたお母さんを見て、
「あのさ、間違いないと思うんだけど、お前のおやじの隣に立ってるあの、モデル張りに奇麗な人って、お前のお袋?」と聞いてくる。
僕は堪忍して、両親のところまで歩み寄って、
「お父さん、お母さん、こちら、同じクラスの青木猛君です。で、青木君、これが僕の父と母です。」と紹介した。
「お~要君、早速友達が出来たか!ワハハ」とお父さんが嬉しそうに笑ている。
「青木君、これからも要をよろしくお願いします。」とお母さんに言われ、青木君はデレデレとしている。
それを見て僕は、ここにもお母さんの信者がまた一人増えたか、とため息をついた。


「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く