消えない思い

樹木緑

第6話 高校編 春

7年前 春。

心躍る、桜の奇麗な季節がやって来た。
僕は私立クレイバーグ学園に入学が決まった。
クレイバーグ学園は、ミッション系のスクールで、勉学、スポーツ、音楽、美術に置いて秀ていて、其々の分野で成功を収め、世界にトップリーダーたちを送り出してきた経歴があり、この学園に入る事が僕にとっては, 小さい時からの夢だった。
それは僕の両親が劇的な出会いをした場所だったから。

僕の両親の第2次性は、今で言うαの父にΩの母、と言っても男性であるが、Ωは男でも、女でも、妊娠をすることが出来る。
その他にβと言う性があり、一般的にほとんどの人はβである。
αが全人口の大体5%、Ωが1%、もしくは1%以下とも言われているが、隠れΩがいる為、実際の数は把握できて無いらしい。
そして残りがβである。
第2次性は、遺伝子さえ持っていると、どの性でも生まれてくる可能性は有るが、ほとんど言って良いほど、両親どちらかの第2次性を受け継ぐ。
また、αはΩを番にする事が出来る。
番の成立はαとΩの性行中にうなじを噛んで行われ、番はαとΩの間でのみ成立させる事が出来る。
今では都市伝説化しているが、αとΩには、深い絆で結ばれた運命の番と言うものが居るが、実際に運命の番に巡り合えることは、0.1%にも満たないらしい。
それが僕の両親だった。
彼らはその0.1%未満の確率で出会い、結ばれた。
その時の経験を、僕は小さい時から武勇伝の様に何時も聞いてきた。
その劇的な出会いは僕にっとって、憧れの対象となり、両親の出会った高校に行く事は、僕だけの番を見つける、僕にとっての願掛けともなった。

幸いな事にクレイバーグ学園は、家から通える距離にあり、通学は難なくすることが出来た。
僕の家は都心の高層マンションの一角にある。
両親が芸能界にいるため、僕達はかなりのセキュリティが施される所に住んでいる。
両親が芸能人である事は伏せてある。
勿論お互いが結婚している事もそれに含まれる。
なぜなら、まだまだΩに対して風当たりの厳しい世間からお母さんを守るためである。
いくら妊娠が出来る男性でも、同性婚に対してはまだまだ理解が少ない。
お母さんも若い時はΩ故にかなりの苦労をしたらしいが、今はお父さんに守られ、幸せに暮らしている。

僕のお母さんの首にはお父さんの噛み跡がある。
その為かお母さんは髪を伸ばしている。
お互いのプライバシーを守る為に、噛み跡は人に曝さない様にしている様だ。
でも僕は、お母さんの噛み跡を見て、その傷に触る事が凄く好きだ。
二人の結び付きを凄く強く感じる事が出来るからだ。
僕もいつか唯一無二の人に出会いたい。
そう思うと、いつかその人に会う事が待ち遠しい。
ソワソワとしてその日を待っている。
運命の番に出会うことは、宝くじに当たるより難しいけど、僕はその事実を目の当たりにしているので、巡り会う事が奇跡だと言う事に余りピンと来
なかった。
その為、自分にもいつかと言う思いを消す事は出来無かった。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く