消えない思い

樹木緑

第4話 帰郷3

飛行機への搭乗は、まだ始まったばかりらしかった。
まだ沢山の人が列を作ってゲートの所に並んでいた。
要はふう~っと一息ついて、お土産に買ったマカロンの袋を椅子におろし、
「陽ちゃん、人がいっぱい並んでるから僕たちは最後になってから行こうね。それまでここに座っていようね。」
と、並んでいる人の間から、搭乗口をキョロキョロとして探す陽一に話し掛け、マカロンの手提げ袋を置いた隣の椅子に腰かけた。
陽一は「まだ?まだ?あと何分?」と待てないようである。

どんどん搭機する人のラインが短くなって、
「陽ちゃん、そろそろいこっか。」と、まだか、まだかと搭機をソワソワをして待っていた陽一に声を掛けた。
「うん!早く行こう!ほらかなちゃん、ちゃんと荷物もって! 早く、早く!」
と元気な返事を返して、二人は搭乗口まで行き、係員にパスポートと航空券を提示し、飛行機の中へと進んでいった。
陽一はきゃっきゃしながら走って進んでいく。
「あ~危ない!ちゃんと前見て歩いて。転んじゃうよ。」
「だーいじょうぶ!かなちゃん、早く早く。」
そしてやっと飛行機のドアの処にたどり着いた。
陽一は、入り口で乗客を迎えていたフライトアテンダントに、「こんにちは、お姉さん。今日はよろしくお願いします!」
と大きく一礼した。
フライトアテンダントが、「あら~上手に挨拶できたわね!えらいえらい。ようこそいらっしゃいました。長い旅になるけど楽しんでね!。」
と優しく陽一に話しかけてくれた。
それから要も「こんにちは。よろしくお願いします。」と声を掛けて中に進んでいった。

「陽ちゃん、ちょっと待って、行き過ぎだよ!戻っておいで!」
陽一は余りにものはしゃぎようで、要から離れてどんどん進んでいった。
そこで要は手招きをして、
「陽ちゃん、こっち、こっち。えーっと、僕たちの席は…あ、あった、ここだ。」
走って戻って来た陽一に、
「陽ちゃんは窓際に座って。僕は通路側に座るから。」
と言って、陽一を先に窓側のシートに座らせ、
「荷物をキャビネットの中に入れるから、今のうちにキャリーケースから陽ちゃんが出していて欲しいものってある?」と聞いた。
陽一はちょっと考えて、
「僕の絵本と熊のぬいぐるみと…あ、それから僕のお気に入りのブランケットも!」と元気よく答えた
「うん、良いよ、長いフライトになるから、塗り絵とかで遊びたかったら、塗り絵も出していていいよ。」
「う~ん、僕、最初はお外をずっと見ていたいから、後でいいや。」
そう言って、渡してもらったブランケットを膝に掛け、シートベルトを締め、絵本と熊のぬいぐるみをその上に置いた。
要は荷物をキャビネットに仕舞ってから、ようやく椅子に座り一息ついた。
「陽ちゃん、絵本、読みたくなるまで前のポケットに入れておこうか?」
そう言って、要は絵本を前のシートのポケットにしまい込んだ。
「ねえ、かなちゃん、僕、飛行機に乗るの初めて。すごく楽しみ。このおっきな乗り物が空を飛ぶんだよね。すご
いな~ワクワクする~。」そう言って足をブラブラと跳ねてはしゃいでいる。
「そうだよね、凄いよね。でも、ひと眠りしている間に日本に着いちゃうよ。」
「わーい、わーい。すごい、すごい。早く飛ばないかな」そう言って、手を叩いて喜んでいる。

陽一は初めてのフライトに興奮気味である。
窓の外を見ながら、カートで行き来する人たちに手を振っている。
「見て、見て、かなちゃん、荷物を飛行機に乗せてるよ。僕のスーツケースどこかな~。」
そうやってはしゃいでいるうちに機内放送が掛かる。
「只今、飛行機のドアが閉められました。当機は間もなく離陸へ向けて滑走路へと進行して参ります。皆様、シートベルトを再度確認して下さいます
ようお願い致します。」
そう言って、フライトアテンダントの人たちがキャビネットとシートベルトを一つ、一つ最終確認していく。
そして旅の安全のビデオが始まった。

「かなちゃん、もうすぐだね。もうすぐ日本だね。もうすぐ、お祖父ちゃんとお祖母ちゃんに会えるね。」
要は、陽一の方を見た後、窓の外に視線を移して、「そうだね、もうすぐだね…」と呟いた。

          

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く