消えない思い

樹木緑

第2話 帰郷

轟音とビルの振動に乗せて少し漂う排気ガスの匂い。
大きなウィンドウから差し込む西日。
外には絶景な発着陸を繰り返す飛行機の波。
近代的ともいえる建物は、素人でも目をみはるばかりで、建築家だと更に楽しめるだろう。

そして聞こえてくる、

「OO航空よりお客様のお呼び出しを申し上げます…………」

「OO航空XX便にご搭乗のお客様は……」

「OO航空XX便東京行き……」

などの沢山の放送。
そしてガヤガヤと聞こえてくる多くの人々の話声。
国際色豊かなこの場所は、色々な国の言葉が行き交っている。
そしてビル内を行き来する多くの人の山。
中にはただ立っている人、座っている人、迷っている人、待っている人、急いでいる人、眠っている人、人それぞれ。

そう、今、僕達は日本へ帰る為に、フランスのパリ=シャルル・ド・ゴール国際空港に来ている。

僕は、小さい頃からずっと入りたかった高校を中退して、17歳の夏、母親の知り合いを伝手に
フランス=パリへとやってきた。
右も左も分からないフランスで、1からやっていくのは、簡単ではなかった。
でも、僕には他の選択が無かった。
いや、無かった訳ではない。
でも僕は最終的に、日本から離れることを自分で選んだ。

フランス語学校に通いながら、一年半後に日本語高校を卒業した。
そしてそのまま、フランスの美術大学に進学する事に決めた。

大学では小さい頃から大好きだった、水彩画を選択した。
在学中、かなりの絵を描いた。
また、色々な賞へも出展したし、展示会も開いた。
反響は悪くなかった。
でも、このパリに芸術家は履いて捨てる程いる。
僕はこのままパリに残り、売れない画家として細々と暮らしていくんじゃないかと思った。
それでも、日本へ帰る気は更々なかった。
きっと日本でも生活はあまり変わらないだろうと思った。
日本には何よりも、会えない、いや、決して会ってはいけない人がいた。
恐らく、会う確率なんてゼロに等しいだろう。
それでも日本へ帰ることに対し、少しの不安が、何時も頭を離れなかった。
でも、思っても居なかった転機が訪れた。

僕の絵が、日本のアートスタジオのオーナーさんの目に留まった。
僕の絵を色々な方面で商品化したいと言う熱心なアプローチを受けた。
最初は何度も断った。
でも、将来の可能性を考え直した時、僕はこのチャンスに掛けてみようと思った。
沢山の葛藤はあったが、それを期に、思い切って日本へ帰ることを決めた。
そして何よりも、僕の小さな宝物を守りたかった。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く