消えない思い

樹木緑

第5話 帰郷 4

飛行機がゲートから徐々に離れる光景を眺めていたら、この7年間の色々な思い出が怒涛の様にあふれ出てきた。

本当にこの選択は正しかったのだろうか?
もし彼に会ったらどうすれば...いや、彼に会うことさえあるのだろうか?
まだ一人?
付き合ってる人は居るんだろうか?
いや、それとも結婚してる?
どこに住んでいるのだろう?

ぼーっと考え込んでいたら陽一が、
「かなちゃん、見て見て、建物や車が凄く小さくなっていく~ 向こうにはすっごい大きな畑が見えるし、街もすごく小さくなってくる~。」と目を輝かせている。
そんな陽一を目に要はにっこりとほほ笑んだ。
そしてはしゃぐ陽一を横に、これからの日本での生活について色々と思いを馳せた。

色々と考え込んでいる居るうちに、いつの間にか飛行機は滑走路を離れ雲の上に出ていた。

「かなちゃん、僕たち雲の上だよ!すごいね~綿菓子みたい。食べれるのかな?窓空かないね?」そう言いながら、窓を開けようとする陽一にクスっとわらいながら、
「陽ちゃん、飛行機の窓はあかないんだよ、それに雲は綿菓子みたいでも、綿菓子じゃないから食べれないんだよ。」と返した。
「ちぇ~っ、見た感じはすっごい美味しそうなのに~」と陽一は残念そうである。
そんな会話をしていたら、飛行機は雲の上を旋回しがら水平飛行にはいっていった。

陽一の頭越しにぼーっと遠くの太陽と下に広がる雲を眺めていたら、フライトアテンダント達が忙しそうに夕食の準備をしはじめた。
「あ~良い匂いがする!僕、お腹ペコペコ!」そう陽一が言った。
夕食の前に飲み物が配られ、その後、手ぬぐいが配られた。
座席のポケットの中には飛行中のスケジュールがあり、食事の際のメニューも書き込まれていた。
陽一の分は事前に子供用のメニューを頼んであったが、メニューの中に三食ご飯があった。
「あ、すごく懐かしい。ねえ、ねえ、陽ちゃん、三食ご飯があるよ。三食ご飯って知ってる?
多分陽ちゃんは見たことないと思うけど、お肉と卵とお野菜がご飯の上に乗っていて、とーっ
ても美味しいんだよ。僕、三食ご飯頼むから、陽ちゃんも食べてみる?」
「うーん、僕はカレーがいいや!」
「カレー…そっか、ま、陽ちゃんの大好物だもんね。じゃ僕は三食ご飯にするから、陽ちゃん、味見したかったら言ってね。」
そう言って、僕は三食ご飯、陽一はカレーを食べた。

夕食が引かれたあとは、また、飲み物のサービスがあった。
僕はコーヒーを頼み、陽一はリンゴジュースを頼んだ。
「かなちゃん、お腹いっぱいになったね。僕、何だか眠くなっちゃった。」そう言って陽一は
大きな欠伸をした。
「そうだね、パリはもう夜の7時だね。この毛布を被ってゆっくりして。僕に寄りか
かってもいいよ。ここに枕と陽ちゃんのテディーもあるからね。」
そう言っているうちに陽一はスースーと眠りに落ちた。
僕はその寝顔を眺めながらいつの間にか自身も眠りに落ちていた。

「消えない思い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く