ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。

三葉 空

20 読書中なのに、彼女の胸にばかり気を取られる

 私服姿の僕は、待ち合わせ場所の公園でソワソワしていた。

「史くーん」

 澄んだその声が響くと、僕はにこやかにベンチから立ち上がる。

「里音さん」

 笑顔で手を振りながら小走りで来る彼女を見て、僕は胸がドキリとしてしまう。

「ごめんね、待った?」

「大丈夫ですよ」

「良かった」

「あの……今日もまた、可愛いですね」

 僕は里音さんの私服姿を見て言う。

 全体的に清楚で落ち着いた、里音さんらしい雰囲気だ。

「あ、ありがとう……照れちゃうね」

 里音さんは言う。

 年上なのに、こんな可愛い一面も合わせ持っている彼女が……素敵すぎる。

「今日は、図書館に行くんだよね?」

「はい。あ、もしかして、他の所が良かったですか?」

「ううん、良いの。私、本が好きだし。それに……史くんと、二人でゆっくりとした時間を過ごしたいから」

「里音さん……」

 僕らはその場で見つめ合う。

 視線は自然と、お互いの唇に向っていた。

「ママー、こっち、こっち~!」

「こら、待ちなさい!」

 そんな親子連れの声が響いて、僕らはハッとする。

「い、行きましょうか」

「う、うん」

 僕と里音さんは軽く動揺しながら、歩き出した。



      ◇



 休日の図書館は、少し人が多いかなと心配したけど。

 すっきりとがらんどうだった。

 僕と里音さんは本を選ぶと、席に向かう。

「ふぅ」

 僕は何気なく座った。

 すると、

「と、となりに座っちゃおうかな」

 里音さんはそう言って、僕のとなりに腰を下ろす。

「えっ」

「あ、ご、ごめん。嫌だった?」

「そ、そんなことないです……ただ、ドキドキしちゃうから」

「ふ、史くん……私の方が、胸がドキドキするよ」

「む、胸……」

 僕はつい、里音さんの胸に目が行ってしまう。

 清楚な衣装で少し目立ちにくいけど。

 それでも、やはり豊かなバスト具合がうかがえる。

「史くん、どうしたの?」

 里音さんが可愛らしく小首をかしげて言う。

「な、何でもないです。じゃあ、読みますか」

「うん」

 そして、僕と里音さんは、それぞれが選んだ本を読み始める。

 ていうか、今さらだけど、このデートって萌香の教えに反しているかも。

 映画館デートと同じくらい、喋らないし。

 でも……

 僕はチラッ、と隣の里音さんを見る。

 中学時代から、里音さんはよく本を読んでいた。

 その姿が、清楚で可憐で知的で……とにかく、魅力的だった。

 今もまた、魅力的で……

「……っ」

 僕はつい、声を出しそうになってしまう。

 なぜなら、里音さんの巨乳が……テーブルに載っている。

 いや、胸の大きい女子はそうすると楽だって聞いたことあるけど……まさか、里音さんが。

 こ、こんな光景を見るなんて、思わなかったから……僕は激しく動揺してしまう。

 ――推定Fカップだってよ!

 そういえば、僕は彼氏なのに、里音さんのサイズを知らない。

 本当に、Fカップなのかな?

 って、ダメだ、そんなの。

 いくら自分の彼女だからって、そんなことを聞くのは失礼だ。

 すると、里音さんがこちらに振り向いて、僕はドキリとする。

「どうしたの?」

 微笑みながら、小声で囁く。

 僕は何だか、しっとり甘い声に、一瞬で脳みそが酔ってしまった。

「……里音さんって、胸は何カップですか?」

 気付けば、ぽろっと声が漏れていた。

 直後、僕は両手で必死に口を押さえた。

 つい、叫んでしまわないように。

 目の前の里音さんは最初、きょとんとしていた。

 でも、みるみる内に、その顔が真っ赤に染まって行く。

「ご、ごめんなさい……そんなこと、言うつもりじゃ……」

 僕は慌てて弁明しようとするけど、里音さんは本を置いて、顔をうつむけてしまう。

 こ、これは、やってしまったか……?

 半ば僕が放心状態に陥っていると、ふっと里音さんが僕の方に体を寄せた。

 僕に顔を近づける。

「……何でそんなこと聞くの?」

「えっ、いや……みんなが、里音さんは推定Fカップだって言うから。里音さんは、僕の彼女なのに……何か悔しくて……」

 ああ、情けない。

 こんな心情を吐露するなんて。

「……史くん、嫉妬してくれている?」

「そ、そうです」

「ふふふ、可愛いのね」

 里音さんは柔らかく微笑む。

「……Fじゃないよ」

 里音さんは言う。

「Hなの」

「え、エッチ? 僕がですか?」

「違うよ。私の胸の大きさ」

 里音さんは囁くようにそう言って、少し僕から顔を離す。

 照れたように頬を赤くそめながらも、真っ直ぐに僕を見つめていた。

 僕はそんな里音さんと呆然と見つめながら、指折りで数える。

「……そ、そんなに……ですか?」

「う、うん。学校では、なるべく目立たないようにしているから」

「いや、それでも、十分バレていますよ?」

「やだ、恥ずかしい……」

 里音さんはきれいな黒髪を耳にかける。

「でも、本当のことは……史くんしか知らないよ?」

 僕は過去最大級にドキリとした。

「……そ、それは、里音さんの、む、胸が……Hカップってことですか?」

「は、恥ずかしいから、言わないで……」

 里音さんは言う。

「……あ、あの、里音さん」

「なに?」

「ちょ、ちょっとだけ……指先で触っても良いですか?」

 僕はダメ元でそう言った。

 ていうか、本当に何を言っているんだろう?

「……良いよ」

「ですよね、そんなのダメ……って、えっ?」

 僕はつい声が大きくなってしまう。

 慌てて口を押さえた。

「ほ、本当に、少しだけだよ?」

 里音さんは言う。

「わ、分かりました」

 僕は人差し指を構える。

「じゃ、じゃあ、行きます」

「う、うん」

 僕はお行儀よく座る里音さんの豊かな胸に、そっと指先を近づける。

 心臓のバクバクが過去最高潮だ。

 そして、ついに――

 ちょん、と指先で触れた。

「……んっ」

 里音さんが小さく身じろぎをする。

 僕はもう二、三回つつきたいと思うけど。

 さすがに自重しておいた。

 非情に名残惜しく思いながら、指を離す。

「……ど、どうだった?」

「いや、その……最高ですね」

「史くんの……エッチ」

「うっ」

 まさか、里音さんにそんなことを言われるなんて思っていなかったから、軽くショックだ。

「ご、ごめんなさい……」

「……ねえ、史くん」

「はい?」

「私ね、史くんなら……嫌じゃないよ?」

「えっ?」

「だから、ね……そういうこと、史くんと少しずつ、勉強して行っても良いよ?」

「さ、里音さん?」

「私、お付き合いするのは史くんが初めてだから、何もかも経験が無いけど……大好きな史くんのためなら……がんばるよ?」

 そのあまりの尊さに、僕は頭がクラッとした。

「……こちらからも、ぜひともお願いしたいです。もちろん、里音さんの受験勉強を邪魔しない範囲で」

「ありがとう、史くん」

 ニコリと微笑む里音さんが可愛すぎて、僕はもう読書どころじゃなかった。







「ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く