ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。

三葉 空

16 キスの寸止め続きでムラムラして……

 その場は静かに緊張感が漂っていた。

 僕は里音さんの部屋で、二度目の小テストに挑んでいた。

 たった1日だけど、自分なりに一生懸命に勉強をした。

 だから今度こそ、100点を取って、里音さんとキスをするんだ。

 僕は気合十分だった。

 けど、世の中そんなに甘くなくて……

「……72点よ」

 採点を終えた里音さんが言う。

「すごいわ、史くん。たった1日で、ここまで点数を伸ばすなんて」

 里音さんは褒めてくれる。

 けど、僕はうなだれてしまう。

「くそ、ダメだったか……」

 どうしても、里音さんとキスがしたかったのに。

 また、おあずけか……

「……史くん」

 呼ばれて、僕は顔を上げる。

「じゃあ、ご褒美の……はい、あーん」

 そう言って、里音さんは指先でつまんだクッキーを、僕の口元に寄せる。

「ほら、食べて」

「でも……」

「これ、私の手作りなの」

「えっ!」

 急に心が跳ねた僕は、まじまじとそのクッキーを見つめる。

「やだ、そんなに見つめられたら……照れちゃう」

 里音さんは頬を赤らめて言う。

「ご、ごめんなさい……」

「良いのよ。じゃあ、どうぞ」

「は、はい」

 僕は里音さんの手作りクッキーを、パクッと咥える。

 そして、ゆっくりとかじった。

「ど、どうかな?」

「……うん、美味しいです」

「本当に? 良かったぁ」

 里音さんは微笑む。

「じゃあ、残さず食べて?」

「はい」

 僕は差し出されたクッキーをぜんぶ食べ終える。

「ありがとうございました、里音さん」

 礼を言うのだけど、里音さんは食べ終えた後も指を引っ込めず、

「えっ?」

 僕の唇をなぞった。

「さ、里音さん?」

「……欲しい」

「へっ?」

「史くんの唇が……欲しい」

 白く長くきれいな指先で僕の唇をなぞりながら、里音さんは少し切なそうに目を細めた。

「ご、ごめんなさい……僕が不甲斐ないせいで、キスが出来なくて」

「気にしないで。私、待っているから」

 里音さんは、また微笑んでくれる。

「史くんの唇、すべすべだね」

「さ、里音さん……」

 彼女の指先で自分の唇をなぞられていると、何だか少しおかしな気持ちになってしまう。

 だから、お返しという訳じゃないけど。

「あっ」

 僕もまた、指先で里音さんの唇に触れる。

 そして、すす、とゆっくりなぞる。

「んっ……」

「ごめんなさい、里音さん。僕もう、我慢できなくて」

「……良いよ、しても。その代わり、キスはちゃんと我慢してね?」

「は、はい」

 僕と里音さんは互いに見つめ合いながら、互いの唇を指先でなぞる。

「んっ……あっ……はっ……」

 里音さんの口の端から漏れる吐息が、何だかエロチックだ。

 頬も薄らと赤く染まって来て、目がトロンとして。

 ああ、キスしたい。

 今すぐ、里音さんとキスがしたい。

 たぶん、僕が少し強引にすれば、里音さんは拒むことをしないだろう。

 キスを、させてくれるだろう。

 そのまま、あの大きな胸を揉んで、それから……

 考えかけた所で、僕は指をふっと下ろした。

「……史くん?」

「……ごめんなさい、里音さん。やっぱり、やめておきます」

 僕は言う。

「ちゃんと、100点を取って、それから……里音さんとキスをします」

「史くん……うん、がんばって」

「はい」

 僕と里音さんは微笑み合った。







「ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く