ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。

三葉 空

7 元カノに説教をされる

 初めての彼女という訳じゃないけど。

 それでも、胸のドキドキが止まらない。

 スマホでメッセージのやり取りをするだけでも、緊張してしまう。

『史くん、今何をしているの?』

『宿題をやっていました』

『偉いね。私も受験勉強をしているよ』

『里音さんこそ偉いです』

『でも、その最中に、史くんにメールしちゃった』

『じゃあ、息抜きしましょうか?』

『ありがとう』

 何気ない会話のやりとり。

 それでも、心がくすぐられるようで、落ち着かないけど。

 ホッと、癒される。

 ちょっと矛盾しているかもしれないけど。

 里音さんは年上で落ち着いているから。

 萌香の時は、メッセもせわしなくて、本当に落ち着かなかった。

 まあ、それはそれで、楽しかったけど。

『里音さん。今週末って予定は空いています?』

『うん、空いているよ』

『じゃあ、良ければデートしてもらえますか?』

『本当に?』

『もちろん、里音さんの受験勉強の妨げにならない程度に……』

『そんなに気を遣わなくても大丈夫だよ。ありがとう』

 顔が見えなくても、里音さんが目の前で微笑んでくれるように思えた。

 それからいくつかやり取りをして、僕はスマホを置く。

「はぁ~、やっぱり里音さんは癒しの女神だなぁ」

 宿題で溜まった疲れも一気に吹き飛んだ。

「よし、そろそろ寝ようかな」

 その時、再びスマホが鳴った。

「ん? 里音さん、追伸かな?」

 僕は少し期待しながらスマホの画面を見た。

 けど、表示されたのは里音さんの名前では無かった。

「も、萌香……」

 僕は先ほどとはまた別の意味でドキドキしながら、そのメッセージを開く。

『フーくん、里音さんと付き合うことになったんだってね。里音さんから聞いたよ』

 ドクン、と心臓が跳ね上がる。

『里音さんは律儀だから。あたしがフーくんと別れる時に連絡したから、教えてくれたんだと思う』

『そ、そうか』

『フーくん、嬉しい?』

『えっ?』

『ずっと、憧れていた、里音さんとお付き合いが出来て』

 萌香の言葉の一つ一つが、僕の胸に突き刺さるようだ。

 ここは、何て答えるのが正解なんだ。

 もちろん、すごくハッピーだよ!なんて言ったら、萌香はムッとするだろうし。

 逆に、いや、それほどでもないけどって言ったら、何かこじれる予感がする。

 僕は悩んだあげく、

『……緊張するかな』

 そう答えた。

『何で緊張するの?』

 しかし、案の定、クエスチョンで返される。

 今度は、どう返すか……

『……だって、萌香と付き合った時も、緊張したし』

『えっ……あ、そうなんだ』

 おっ、意外と悪くない感触だ。

『と、ところで、フーくん。一つだけ、言っておきたいことがあるの』

『何かな?』

 萌香が動揺したおかげで、少し心に余裕が生まれた。

『今のままだと、フーくんは里音さんにもフラれるよ』

 しかし、それは幻覚だったようだ。

 僕は萌香のたったその一言で、頭がグワン、グワンと揺れてしまう。

『……な、何でそんなことが分かるの?』

『分かるよ。だって、あたしは一年もフーくんと付き合ったんだもん』

『そうかもしれないけど……萌香と里音さんは全然違うだろ? 僕はきっと、里音さんとは萌香よりも相性が良いから』

 その文面を送った直後、後悔する。

 さすがに、ひどいことを言い過ぎたか……

『……フーくん、それは良くないよ』

『だ、だよね、ごめん』

『そんな傲慢な姿勢じゃダメ』

『ご、傲慢? 僕、そんなに偉そうかな?』

『いや、違うな……フーくんは怠惰だ。どちらにせよ、大ギルティーだね』

『ど、どういうこと?』

『フーくんって、あたしと付き合っている時、何か努力はした?』

『ど、努力と言うか……ずっと、緊張しっぱなしだったから』

『はい、それ言い訳』

『えっ?』

『デートプランとかちゃんと考えた? 考えてないよね? ただ、一緒に過ごせれば良いと思っていたよね?』

『そ、そんなことは……』

『最初の内はそれでも良いよ。あたしだって、フーくんと付き合えて嬉しかったし』

『萌香……』

『でもね、それだけじゃ続かないの。確かに、里音さんは年上で優しいから、許してくれるかもしれないけど……それでも、里音さんだって、ちゃんと女の子なんだよ? フーくんは男の子なんだから、ちゃんと努力をしないと。彼女を喜ばせるためにね』

『努力……僕は何をすれば良いんだろう?』

『……今日はもう遅いから、明日にしよう。お昼休み、屋上で話さない?』

 里音さんと言う彼女がいる以上、あまり萌香と二人きりになるのはよろしくないと思っていた。

 でも……

『……分かったよ』

『じゃあ、また明日ね』

 そして、萌香とのやり取りを終える。

 僕は椅子に座ったまま、脱力した。

 萌香の言葉の一つ一つが、とても胸に刺さって。

 きっと、図星だったからだ。

 僕はウブだ、恋愛経験に乏しいから、緊張しっぱなし。

 それを言い訳に、彼女を喜ばせる努力をして来なかったのかもしれない。

 そして、付き合った一年の間に、萌香が抱えていた想いを……今さらながら、知ることが出来た。

 付き合っている当時、萌香はずっとニコニコしてくれていたから。

 僕は全然気が付かなかった。

 ひどい男だと思う。

 僕は、萌香の彼氏として失格だった。

「……ごめん、萌香」

 額に手を置き目をぎゅっと瞑って、その言葉がこぼれる。

 ――大ギルティーだよ。

 確かに、僕は大罪人だ。

 萌香を傷付けてしまった。

 けど、今の僕は落ち込んでいる場合じゃない。

 もう、里音さんの彼氏だから。

 過去の失敗を反省し、未来に活かさなくちゃいけない。

 明日、萌香はそのアドバイスをしてくれるのだろうか……

 でも、いつまでも彼女に甘える訳には行かないから。

 きちんと、話し合って。

 それでもう、萌香に頼るのはやめにしよう。

 それがお互いのためだ。

 最後には『ありがとう』と言って、萌香と本当の意味で別れる。

 いや、萌香から自立する。

 ワガママで可愛いだけじゃなく、実はとても思慮深く賢い彼女のことを頼るのは、これで最後にしたい。

「僕は里音さんと上手く行って……萌香にも、早く素敵な彼氏が出来ますように」

 僕は窓から夜空を見上げて、星にそう願った。







「ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く