ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。

三葉 空

5 元カノと登校する

 僕は里音さんと二人きりで、優しく甘い時間を過ごしていた。

「あはは」

「うふふ」

 やはり、彼女と過ごす時間は格別に心が安らぐ。

 かつては、誰にも邪魔されない、二人だけの時間があったから。

 そんな中で、僕は彼女に対する小さな恋心を、胸の内でどんどん育んで行った。

 そして、いつか大きく芽が出た時、告白しようと思っていた。

「史センパイ」

 そんな時に、あどけない顔をして、それでもあざとく迫って来る彼女と出会った。

「ねえねえ、史センパイって、彼女は居るんですか?」

 積極的に僕の体に触れながら、彼女は言う。

 もちろん、僕は里音さんのことが好きだったし、他の女子に気持ちがなびくはずなんてない……と思っていた。

 それでも、彼女は年下の人懐っこさを活かして、どんどん僕の懐に入って来た。

 そして、里音さんが卒業すると、一気に僕と距離を詰めて来た。

 それでも、一年……いや、出会ってから二年、たっぷりと僕の体に自分の匂いを染みこませて……

「す、好きです! あたしと付き合って下さい!」

 最後に、こんな風に純粋な告白をされたら。

 もう、落ちてしまった。

 この時、僕はきっと、慢性的に冷静な思考を失っていた。

 里音さんとゆっくりした時間を過ごして来た僕にとって。

 萌香の積極的なスピードは最初、体に馴染まなくて。

 でも、だんだんと叩き込まれて、慣れてしまって……

 だから、僕はこの子が好きかもしれないという気持ちになって。

 そんな曖昧な気持ちで付き合い始めたから……

「フーくん、別れよう。あたしたちは、もうおしまい」

 そんな結末を迎えてしまったのだ。



      ◇



 久しぶりに嫌な夢を見ると、背中がぐっしょり濡れていた。

 気持ち悪いから、急いでベッドから降りて部屋を出る。

 脱衣所でパジャマと下着を脱ぎ捨てた。

 パンツ一丁の状態で鏡を見る。

「……少し鍛えないとな」

 白くほっそりした自分の体を見て、そう呟く。

 こんな貧弱な身体じゃ、里音さんを……いやいや、僕は何を考えているんだ。

 僕は邪念を振り払うように、バシャッと水で顔を洗う。

 少しだけスッキリしてから、また自分の部屋に戻って、制服に着替える。

 そしてから、朝ごはんを食べ、身支度を整えて、家を出る。

 幸いにも、空は快晴だった。

 その心地良さが、僕の気持ちを盛り上げてくれる。

 そうだ、いつまでもへこんではいられない。

 里音さんとすぐ、どうこうなる訳ではないけど。

 でも、少しでも彼女にふさわしい男になるために、がんばろう。

 僕は胸の内で密かにそう決意をした。

「あっ」

 その声に、ふっと顔を上げる。

「あっ」

 僕もまた、同じような声を発してしまう。

「フーくん……おはよう」

「お、おはよう……萌香」

 元カノと対面した僕は、また硬直してしまう。

 いやいや、ダメだ。

 いつまでも、こんな反応をしていたら。

「今日は、良い天気だね」

 僕がそう返すと、萌香は少し驚いた顔をして、

「そ、そうだね」

 頷く。

「誰か、お友達と一緒に行くの?」

「ううん、一人だよ」

「そっか……あの、良ければ一緒に行かない?」

「えっ? でも……」

「確かに、僕らはもう恋人じゃないけど……だからって、ずっと避けているのは何だか寂しいから……なんて、僕のワガママかな?」

 少し冗談まじりに言ってみる。

「……良いよ」

「えっ?」

「付き合っている時、フーくんはあたしのワガママ、いっぱい聞いてくれたから」

「萌香……ありがとう」

 そして、僕らは久しぶりに、並んで歩き出す。

 何だか、ドキドキしてしまう。

 だから、そんな緊張をほぐすために、

「萌香って、相変わらず小さいね」

「なッ……う、うるさい! おっぱいも小さくて、悪かったわね!」

「わっ、ご、ごめん」

 いきなり怒らせてしまった。

「もう、久しぶりにまともに話したと思ったら……フーくん、デリカシーがないよ?」

「ご、ごめんなさい……」

「……なんて、冗談。そんなに怒ってないよ」

 萌香はぺろっと舌を出して言う。

「お前な~」

「えへへ。フーくんって、昔からすぐ慌てるから、面白いよね」

「それは、萌香のせいでもあるだろ。デートの時だって、突拍子もないことを言って僕を困らせてさ」

「例えば?」

「フーくんのパンクロックなファッションが見たいって……」

「あー、あったね、それ。しかも、フーくんなりのパンクロックが……ぷぷぷ。帽子を斜めにかぶるとか、ラッパーでしょ」

「う、うるさいなぁ」

「でも、すごくおもしろくて、笑い転げたなぁ」

「僕は死ぬほど恥ずかしかったよ」

「けど、フーくんは、いつもそうやって、あたしのワガママを聞いてくれたよね」

「まあね」

「それで、一回も本気で怒ったりしなかったよね。こうして、ふざけて怒ることはあったけど」

「それは、まあ……彼女の……萌香のために何かしてあげたいなって思っていたから……」

「フーくん……」

「な、なーんてな」

 通学路も半ばに差し掛かると、他の生徒たちの姿もチラホラ見え始める。

「萌香、やっぱりここで別れよう」

「え?」

「僕、萌香には新しい一歩を踏み出して、幸せになってもらいたいんだ」

「フーくん……」

「今日は、久しぶりに話せて楽しかったよ。ありがとう、またね」

 そして、笑顔で手を振って、僕は萌香に別れを告げる。

「……バカ」

 最後に、彼女が何かを言った気がしたけど。

 僕はひたすら前を向いて歩いて行った。







「ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く