ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。

三葉 空

3 憧れの先輩との距離感

 家に帰るなり、僕はどっとソファーになだれこむ。

「……はぁ~」

 大きくため息を漏らすくらい、今日は疲れていた。

 精神的に、とても。

 今朝、元カノの萌香と久しぶりに話したことで。

 表面上は何でも無い風を装っていたけど。

 内心ではすごく焦っていた。

 萌香と対面するのが怖かった。

 だから、上向きになりかけた僕の心は、またシュンとしぼんでしまっている。

 何とか、今日の学校は乗り切ったけど……疲れた。

「あっ、そうだ……」

 けど、思い出す。

 明日は、里音さんとお茶をする日だ。

 デート、なんて言ったらおこがましいけど。

 癒しの女神に明日はたっぷりと癒してもらえる。

 そう思ったら、また少しだけ、気持ちが上を向いた。



      ◇



 ドサッ、とカバンを下ろすと、ソファーに身を沈めた。

「はぁ~……」

 大きくため息を漏らす。

 今朝、久しぶりにフーくんに声をかけた。

 まだ別れたばかりだし、声なんてかけるつもりは無かったのに。

 どことなく、楽しそうなその姿を見て、つい声をかけてしまった。

 だって、気に食わない。

 あたしと別れたばかりなのに、あんな風に楽しそうにして。

「……あたしだって、辛いんだから」

 入学して早々、色々な男子からアプローチを受けている。

 それはありがたいことだし、これからの高校生活が楽しいものになるとも思わせてくれる。

 それでも、表面上はみんなの前で笑顔を浮かべながら、あたしの心はずっと曇り空だ。

 あの日、フーくんと別れた時から。

 じゃあ、フったりするなよって話だけど。

 あたしにだって、あたしなりの考えがあったんだ。

 その上で、フーくんに別れを告げた。

「……やっぱり、あの人には勝てないのかな?」

 やるせない気持ちを噛み締めながら、あたしは弱音をこぼした。



      ◇



 お風呂上がりの体は火照っていた。

 自分の部屋にベッドに腰を下ろすと、私はスマホに目を落とす。

『里音さん、明日は楽しみにしています』

 彼からのメッセージを見て、私は口元を綻ばせる。

『私の方こそ、楽しみにしているよ』

 そう返信すると、スマホを胸に抱いた。

 我ながら、ズルい女だと思う。

 彼女にフラれて心が弱っている所に付け込むようで。

 それでも……中学時代から、ずっと彼のことを見てきたから。

 私は自分の大きく膨らんだ胸を見る。

 こんなに成長して恥ずかしいけど、もし彼が喜んでくれるなら……

 明日はもっと、ズルい女になってみようかな。

 そんなことを考える自分が恥ずかしくなって、私はしばし身悶えしていた。



      ◇



 昼食を終えた後、僕は里音さんと待ち合わせている喫茶店にやって来た。

「あ、史くん」

 先に来ていた里音さんが、席から立ち上がって手を振る。

「里音さん。ごめんなさい、待たせちゃって」

「良いの、私も着いたばかりだから」

 優しく微笑む里音さんの向かいに僕は腰を下ろした。

「ご注文はいかがなさいますか?」

「あ、えっと……僕はコーヒーで。里音さんは?」

「じゃあ、私も」

「かしこまりました」

 店員さんは楚々とした姿勢で去って行く。

「史くん、今日は一緒にお茶をしてくれて本当にありがとうね」

「いえ、そんな。僕こそ誘ってくれて、嬉しかったです」

「でも、やっぱり……辛いでしょ?」

「いや、まあ……そうですね」

 僕はぎこちなく笑う。

「でも、萌香は悪くないですよ。悪いのは僕ですから。大切にしていたつもりだったけど、結局は肝心なことから逃げていた。だから、僕は失敗したんです」

「そっか……でも、人は誰しもそんなものだと思うよ」

「そうですかね?」

「うん……あっ、ちょっと暑いから上着脱いじゃうね」

「あ、はい」

 里音さんは羽織っていた上着を脱ぐ。

 すると、よく似合う花柄のワンピース姿になるけど……

 僕は心の中でギョッとした。

 里音さんの胸元が……何か強調されているような。

 大きな胸の谷間が見えていて……

「史くん? どうしたの?」

「いや、その……何でもないですよ」

「そう?」

 里音さんは小首をかしげる。

 い、いかん。見ちゃいけないと思うほど、視線がそちらに向いてしまう。

 里音さんのバストが豊かなことは昔から知っている。

 その美貌も相まって、男子から羨望の眼差しを向けられていることも。

 けど、やはり高嶺の花って感じがして、誰も手出しをしなかった。

 僕もそんな一人であるのだけど。

 中学時代、文芸部と言う名のまったりサークルで、里音さんと一緒になれたから、今もこうして仲良くしてもらっている。

 僕が入部した当初は、里音さん目当ての男子どもが結構いたけど。

 やはり、活発に動きたい年頃だったから、みんなすぐにやめて行った。

 そんな中で僕だけが残って、里音さんとゆったり、二人きりの時間を過ごすことが出来た。

 まあ、それでも、何も進展は無かった訳だけど。

 今となっては、それもまた甘酸っぱい青春の思い出だ。

「……こうしていると、思い出すね」

「へっ?」

「中学時代のこと……二人きりで、ゆっくり過ごしたよね?」

「あっ……僕も正に、今そのことを考えていました」

「本当に? 私たちって、気が合うのかな?」

「そ、そうかもしれませんね」

 僕と里音さんが言った時、

「お待たせしました、コーヒーです」

 店員さんがやって来た。

 僕らは何だか気恥ずかしくて、顔をうつむけてしまう。

 里音さんは何も言わず、静かにティーカップを持ってコーヒーを飲む。

 僕も同じようにした。

「そういえば、里音さん」

「なに?」

「今年は受験で忙しい年なのに、僕の相手をしていて大丈夫なんですか?」

「大丈夫よ。一年生の頃から、コツコツと勉強をして来たから。この前の模試でも、志望校の判定がAランクだったから」

「さすがです、里音さん。でも、やっぱり、もう頻繁に会うのはやめておいた方が……」

「大丈夫だから」

 里音さんにしては珍しく、少し強めの口調だった。

「えっ?」

「あ、えっと……わ、私も勉強ばかりじゃ息が詰まるから。たまにはこうやって、史くんとお茶を出来たら嬉しいなって思うんだけど……ダメかな?」

「そ、そんなことありません。僕も、里音さんと一緒に居ると、嫌なことを忘れちゃいます。やっぱり、僕にとって癒しの女神ですよ。まあ、他の人もそうだろうけど」

「そっか、でも……私は史くんだけの、癒しの女神でいたいな」

「さ、里音さん?」

「あっ、ごめんなさい……」

 里音さんはまた、顔をうつむけてしまう。

「……ねえ、史くん。時々で良いから、またこうしてお茶をしてくれる?」

「も、もちろん。良いですよ」

「ありがとう」

 里音さんは優しく微笑んでくれる。

 僕もまた微笑む。

 二人だけの優しい時間が過ぎて行った。







「ワガママな後輩彼女にフラれたら、優しい先輩彼女とお付き合いすることになりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く