話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

以心伝心

うみかぜ

第十話 失敗

「すいません!俺が上手くできなかったせいで……。」
「気にしないで。どちらにせよ、今回は難しかったと思うよ。」
6年ぶりに会った直也に会えた、「喜び」、「安心」……、様々な感情が重なり仁人は軽くパニックになってしまった。

「でも、これで過去に戻れたのだと確信しました。」
「じゃあ、次の作戦を立てますかね。」
「次となると、6月2日か……。でも、みーさん。俺、次に、直也を説得しても、信じて貰えるとは思えないんです。」
「そんなものやってみないと分からないでしょ?」
「いえ、あいつはオカルト系統とか全く信じないタイプなんですよ。だから、100%直也を信じさせる方法を使います。」
「そんなのあるならもっと早く使いなさいよ。」
「いえ、これは今から、じゃないとできないんです。」
「というと?」
「未来人の特権中の特権です。予言するんですよ。」
「この後何か起きるのね。」
「何か、起きるって程、大きいものではないんですけど、学校でトップを争う女子に告白されます。」
「十分大きな事じゃない。」
「まあ、そうですね。それを予言してやります。」

二人は、次の作戦に進む。

家に到着した仁人と由美。
「それで、直也くんが告白されるのはいつなの?」
「6月3日です。あいつの誕生日が実は6月3日で、その日だったと言っていました。」
「その子やるね。誕生日に告白されたら断れないよね。」
「その子は完璧人間でした。なので、そういうのも完全に読んでたんでしょうね。」
「そんな子に告白されるくらいモテたのね。直也くん。」
「あいつはスポーツ万能だったので、それでモテてました。小学生って単純ですよね。」
よーし、と仁人が席を立ち、夕食の用意をしようとしたその時、
『ピンポーン』とインターホンがなった。
由美が「はーい」とインターホンに出る。
「夜上仁人さんはいらっしゃいますか?」
仁人はその声を聞いた瞬間、寒気を感じた。

「以心伝心」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く