話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

以心伝心

うみかぜ

第九話 小学生は純粋

「あれ、仁人は?」
そう言って、家から出てきたのは間違いなく直也だった。
身長はなんと、今のの仁人を超える。髪はスポーツ刈り。少し、日に焼けた肌。小学校の時に着ていた服。話し方。間違いなく直也だと思った。
「な、直也……?」
「はい?」
そう戸惑いながら、返事をする直也。
「落ち着いて聞いて欲しい。俺は……、俺は……、いや、俺が仁人だ。」
「は?」
素朴な疑問を浮かべた顔だ。小学生らしい真っ直ぐな顔だ。
「実は俺、未来から来たんだ。」
「言っている事が分かりません。」
それはそうだ。これだけで分かったら、将来ノーベル賞受賞者になれるレベル。
「仁人が落ち着いて!散々流れは練習したでしょ?」
「でも、ここに直也がいる事の実感が、まだ……。」
また、目をうるうるさせている仁人。
これは無理だな。と踏んだのか、由美が話し始める。

「ここにいるのは高校生の仁人なんだ。友達の仁人が大きくなった姿。仁人はどうしても過去に戻られないといけなくて、今ここにいるんだ。」
ひとまず、冷静に由美が対処した。しかし、
「仁人は仁人だ。二人いるわけない。」
曇りのない小学生の目でそう言われてしまうと困ってしまう。
「ご飯よー。」と部屋の中から聞こえて「はーい。」と答えて部屋に戻ってしまった直也。
「あーあ。失敗だねー。これは。」
「……ごめん。」
仁人と由美は家に帰った。

「以心伝心」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く