話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

以心伝心

うみかぜ

第六話 これが全てです。

「やっぱり薬がないとヤバイかもな。」
仁人はカレーを食べ、夜も深くなってきたので、由美に案内されたところに布団を引き、横になっていた。
しかし、仁人は寝るにも睡眠薬がないと眠れないという状態からだった。
さらに、とてつもない不安に駆られていた。
『こんな様子じゃ、直也を助けられないとか。』『由美さんに申し訳ないとか。』
『何やってんだ自分とか。』
だんだんと、どうでもいい事までもが全て不安となり押し寄せていた。
すると、『トントントン』とノック音が聞こえた。
「はーい。」
と仁人が答えると由美が部屋へと入ってきた。仁人は布団を被ったまま、近く足音を聞いていた。すると、バサっと布団を剥ぎられ、再び被せてきた。でも、さっきと違うものがあった。そう、布団に由美が、入ってきたのだった。頭に手を置かれ、撫でられる。仁人の目には安心からか、涙が溢れてきた。
「大丈夫?辛かったんだね。」
「うん……。」
「私が、仁人がものすごい量、食べれるくらい美味しいの作ってあげるから。」
「うん……。」
小さく頷いて、返事をする。そんな事しか、今の仁人にはできなかった。暖かい、『優しさに包まれる』ような感覚だった。気づけば寝ていた。
そして、再び重いまぶたを開いた。
「朝か……。」
着替えて、リビングに行こうとする。しかし、昨日の事があり、顔を合わせづらい。
「情けないな……。」
自分にため息をつきながら、リビングに向かった。由美は既に起きており、朝食の用意をしながら、
「おはよ」
とだけ、声をかけてきた。
「あの、昨日は」
仁人は謝ろうした。しかし、怒っているどころか、由美は軽く笑い始めた。
「大丈夫!私、保育士になるのが夢で一回ああいうの、やって見たかったから。」
そう言われた瞬間、顔が真っ赤になった仁人。
「あ、保育園時扱いですか!!」
「アッハハハ、そのまんまじゃない。」
「うっ……。」
否定できないのが悔しかった。
朝食も食欲がでず、少ししか食べられず、
「まだまだ、なんだな私は。」
と笑いながら言われ、「いや、美味しいんですが、俺が食べられてないだけで……。」
と言っても由美は笑っていた。そして、仁人は本題をようやっと、切り出した。
「ここまでしてもらったので、俺が過去2014年に来た理由。全部話します。」
そう言って、仁人の友人、直也が水の事故で亡くなる事や、仁人がトラウマをかかえ、今も不自由な生活でいること、そして、謎の封筒が届いた事、全てを話した。
「こんな事がファンタジー以外であり得るなんて……。」
「否定はしないんですね。」
「だって、それを否定する材料がないんだもの。」
「確かに。」
「それに昨日も言った通り、こういう系統の話は好きなの。」
「信じてくれてありがとうございます。」
「じゃあ、作戦を立てないとね。」
「そうですね。」
まずは、どうやって直也を会うかという事だった。


「以心伝心」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く