話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

以心伝心

うみかぜ

第五話 呼び名

仁人は落ち着かないでいた。それは女子大生の一人暮らしの部屋に入り込んでしまったからだ。


「あのー。俺なんて知らない人、部屋に入れちゃって大丈夫だったんですか?」
「大丈夫でしょ。だって君より、私の方が強そうだし。」
悔しい。悔しくて堪らないが、その通りだと唇を噛み締めた。
「あっ、そう言えば、名前言ってなかったね。私は朝倉 由美あさくら ゆみ。よろしくー!」
「夜上仁人です。」
「仁人ね!」
「いきなり名前呼びですか。馴れ馴れしいですね。」
「だって、夜上って言いづらいじゃん?それとも夜上って呼ばれたい?」
「仁人でいいです。」
「おっけー!」
この人と会話する時は絶対、無駄口は挟まない方がいいと今更ながら思った。
「俺はなんて呼びましょう?」
「朝倉の方が長いし、由美でいいよ。」
「下の名前でいいんですか?」
「何ー?下の名前呼ぶの恥ずかしい?」
「そんな事ないですよ。ゆ、ゆ、ゆ……。」
「アッハハハ。じゃあ、昔から『みーちゃん』って呼ばれてるから、それでいいよ。」
「『ゆーさん』ではないんですね。」
「『ゆー』だと結構被る人が多くてさ、だから『みー』」
「なるほど。じゃあ、みーさん……。」
「おっけー!」
話が落ち着いたところで、作業を再開し、気づけば夕方になっていた。
「よーし、終わった。お疲れ様!」
「はい……。無事終わってよかった……。」
入院生活をしていた仁人からすると、かなり体力を使うものだった。しかし、仁人は体そのものというより、精神的なものから体に影響が出たという方が正しいので、動くは問題はない。

「じゃあ、俺はそろそろ、この辺で帰ります。」
「おっけー!」
「ん?帰る?」
帰ると行っても、どこへ……。行く場所がないことに気づいてしまった。
「言いづらいですが、帰る場所がなかったです。」
「アッハハハ。確かに未来から来たなら帰る場所なんてないもんね。じゃあ、うちに泊まる?」
「ええ!?」
「だってそれしかないじゃない?」
確かに、野宿なんて絶対したくないし、今は由美に頼るしかなかった。
「みーさん。お言葉に甘えていいですか?」
「おっけー!」
「ありがとうございます!」
仁人はひとまず、寝床を確保した。

「じゃあ、ご飯作るね。」
と言ってしばらく。カレーライスが出てきた。
「ごめんね。まだ、こんなものしか作れないけど。」
「いやいや!十分です。」
少し煮込んだだけなのに、お肉がとろけそうだ。カレーが輝いて見えた。
しかし、
『やばいな。薬が……。』
仁人の症状はストレスが胃にきてしまい、食欲がない、食べられない。という事があり、完全に薬に頼っていた。しかし、薬は未来に置いてきてしまった。
「ごめんなさい。とても美味しいのですが、薬を飲まないとまともに食事ができないんです。」
「そうなの?大丈夫?」
「大丈夫です。また食べれそうな時に食べるので、これ、冷蔵庫にしまっておきます。」
「分かった。」
ほとんど食べなかったカレーを、申し訳なさそうにラップをし、カラカラの冷蔵庫に入れた。







「以心伝心」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く