話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

以心伝心

うみかぜ

第二話 疑心暗鬼

「このゴーグルってまさに、水泳で使うやつだよな……。」
本当に、このゴーグルは水泳の時などに使う以外に思いつかない。
「どういう事だ?」
考えれば考える程、分からなくなる。
「仮にこれがタイムマシンだとして……。どうやって使うんだよ……。」
説明書があるはずだともう一度封筒を漁っていた。
すると、封筒の中にもう一つ紙が入っていた。
「これか。」
ちゃんと説明書のようなものがあった。
しかし、その説明書は、まさに「ようなもの」であり、説明書というには程遠いものだった。
『ゴーグルを付けて西暦を叫ぶだけ!』
「適当か。」
思わずツッコんでしまう。
とりあえず、ここでゴーグルを付け、西暦なんて叫んだら、もうここには居られなくなるくらい、恥ずかしいだろう。そもそも、ゴーグルを付けるのが怖い。
「やるならあそこしかない……。」
「一応、これも持っていくか。」
仁人は今日の朝刊の日付と少しの記事、そして、自分のスマホを持った。
「これが使えるかもしれないからな。」
「すいません。トイレ行ってきます。」
「はーい。」
適当な場所と言えばそこくらいだ。幸いゴーグルはポケットに入った。
男子トイレに入り、人がいないか確認する。
「よし、誰もいないな。」
一応個室に入り、ゴーグルを装着とした。しかし、つけようととした瞬間、頭痛や、吐き気が襲いかかる。
「うっ……。やっぱキツイな。」
付けようとするとトラウマを思い出してしまう。
「なんで、よりによってゴーグルなんだよ。」
「これ、何も起きなかったら、ただの痛いやつだな……。やってられるか。」
そう言いトイレから出ようとした。
しかし、『君は、今、過去の直也を助けたいと思っているはずだよ』
手紙に書いてあった言葉を思い出した。
「クソっ。」
「あの時の後悔がゴーグルだけ付ければ、いいなんて、安いもんだ。」
「やるしかない。」
再び個室に戻った。
手に持っているゴーグルを見るだけでも動悸が速いのを感じる。しかし、仁人は躊躇なくゴーグルを装着した。気持ち悪い、吐きそう、目が回る、目眩がする。だが、もし、本当に直也を助けられるなら安いものだった。


そんな事を思いながら、大きく息を吸った。トイレなので臭いが「叫べ!」と書いてあったので仕方がない。
「2014年!!!」
そう叫んだ。すると、体が浮き、震えが来る視界も悪くなり、再び、気分が悪くなった。一瞬気が飛んだ。そして、ほんの数秒、感覚は戻り、我を取り戻し、ゴーグルを外した。すると、
「きゃー!!!!!!」
と悲鳴が聞こえ、思わず
「わぁー!!!」
と仁人も叫んでしまった。
「ちょ、ちょっとあんた何よ!!!!」
なんと目の前には便座に座る女子高生がいた。

「以心伝心」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く