話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

以心伝心

うみかぜ

第一話 夜上仁人は動き出す。

「目が回りそうだ。辛い、苦しい、痛い……。」
そんな日々から6年が、経とうとしていた。


「うっ、今日は最悪の夢を見たな。」
夜上 仁人やのうえ じんとは辛い過去を思い出していた。
重い頭を無理やり起こした。
「おはよう、仁人君。」
「おはようございます。福島さん。」
福島さんとは、仁人の担当の看護士の事である。仁人は小学6年生(2014年、7月28日)の時、水の事故で友人、田島 直也たじま なおや を亡くした。そして、自分も、同じく死にかけていた。それから、仁人は田島 直也を亡くしたショック、自分自身のトラウマから入院を強いられることになった。そこから6年が経つ。今、仁人は高校三年生。一度は退院したものの、今高校三年生になりたての4月になり再びストレスから体がやられ、入院、二度目の入院生活を送る事になった。
「よく眠れましたか?」
「小学六年生の時の夢を見ました……。おかげでよく眠れた気がしません。」
「あらー。そうなの?仁人君の過去の話聞きたいな?」
「福島さんにはもう、8回はこの話したと思いますよ。」
「それでも、聞きたいな?」
「見せ物じゃないんですよ……。」
「前はよく話してくれたじゃない。」
「そ、それは……。」
確かに、そうだった。辛かった過去は、思い出したくはないけど、逆に話す事で楽になる、なんて時もあったからだ。
しかも、入院中じゃ、話し相手は少ないし、とてつもなく暇だからだ。
それに、仁人のカウンセラーの方から
「仁人君からの話はよく聞いてあげてください。それが、ストレス解消に繋がる事もあるので。」
と言われていたらしく、福島さんは悪気はなく、逆に仁人のためにやってくれたのがだ、今日の夢は、あまりにもリアルすぎた。
「歯、磨いてきます。」
仁人は面倒になったので、話を逸らした。
「はーい。分かりました。」
そう笑顔で返してくれた。
仁人はを歯を磨きながら、
「今の俺なら、直也を救えたかもしれない。」
そう思った。あの時は仁人も直也も浮かれていた。夏休み、はしゃぐのは、もはや普通だ。あの時止められていればなと。少し、冷静になった今だから分かること。

仁人は朝の身支度を終え、朝食を取っていた。すると、福島さんから
「仁人君宛になんか届いているみたいだよ。」
と言われ、封筒を受け取った。
朝食を食べ終え、受け取った封筒を開けてみた。大きさはA4サイズだろうか。中には手紙とゴーグルが入っていた。
「うっ、……」
ゴーグルを見るとあの時の事を思い出し、吐き気を催した。一旦深呼吸し、止まった。
まずは手紙を読んでみた。
『夜上仁人君へ。突然ごめんね。決して怪しい者ではないよ。元気にしてるかい?冷静に聞いて欲しい、手紙と同封しているものは「タイムマシン」なんだ。』
「は!?」
「どうしたの仁人君。周りの人も少し驚き一気に仁人へと視線がいった。」
「いえ、なんでもないです。すいません……。」
とりあえず謝っておく。今はこれが適切だ。
「タイムマシンってどういう事だよ……。」
小声でそう言った。続きを読む。
『君は、今、過去の直也を助けたいと思っているはずだよ。だから特別にこれを送る。ちなみに、過去の自分に見られた時点で現在に強制送還だから注意だよ。他言は無用だよ。』
その下には「4月25日」と書いてあった。今日の日付が4月25日。でも、4月25日に書いたとしたら今日届くはずがない。昨日に書いて送ったから今日届くという予想で書いたのだろうか?それとも今日宛に、本当に未来から送られてきたのだろうか。ともかく謎が多すぎる手紙だった。
「つまり、これはタイムマシン?」
横に置いているのは手紙と同封されていた、ゴーグル。手紙の内容が正しければ、そういう事になる。
「意味がわからない。」
仁人は一つ謎を抱え、1日を始めた。

「以心伝心」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く