彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第三十九話 少女の戦いその3

 三日目の夜が明けようとしていた。
 甚大な損害と引き換えにザワディロフ軍は頑強な城門を半ばまで崩し去っていたが、崩れた城門の隙間からは新たに構築されたと思われるバリケードが垣間見え、城門の突破が容易に勝利に結びつかぬことを教えていた。
 ―――――全くこしゃくな連中だがいつまでその余裕が続くかな?


 ザワディロフは薄笑いとともに部下に向かって策の実行を指示した。
 城壁を飛び越えるようにして大量の矢が撃ち込まれる。
 慌てて守備兵の支援にあたっていた民間人たちが軒下に隠れて降り注ぐ矢から逃れたが、彼らはいくつかの矢の先端に羊皮紙が結ばれているのに気づいた。それ以外の矢にはおそらく貴重な羊皮紙が手に入らなかったのだろう。手書きの文字が書かれていた。
 簡潔な文章で表現されたそれは、ザワディロフの即物的な人格を実によく表していると言えた。


 ―――――魔女を殺せ!恩賞は思いのまま!


 魔女がヘレナを表していることは誰の目にも明らかだった。
 仮にも大公の婚約者であり、ローマ帝室の血筋を引くヘレナを殺せとためらいなく言えてしまうあたりがザワディロフの政治的視野の狭さを表しているのかもしれなかった。


 「魔女を殺せ!」
 「魔女を殺せ!」
 「殺したものには一万ダカットの恩賞を与えるぞ!」
 「殺したものには一万ダカットの恩賞を与えるぞ!」


 トゥルゴビシュテを取り囲む貴族軍の兵士が口ぐちに合唱を始める。
 何をとち狂ったのか知らないが、数倍の大軍を率いた名将ヤーノシュにヴラドが勝つ可能性など万に一つもないとザワディロフは考えていた。
 その事実を国内の貴族もこのトゥルゴヴィシテに篭る平民もわかっていないだけなのだ。
 ゆえにこそ彼らを導くのは我々貴族の手でなされなければならない。
 独立不羈の貴族らしい傲慢さでザワディロフはそう信じた。




 しかしザワディロフの思いとは裏腹にトゥラゴヴィシテ市民は逆に貴族に対する敵愾心を募らせた。
 生理的嫌悪感をもよおしそうな独善である。
 自らの欲望のためには手段を選ばぬ厚顔無恥
 所詮自分の都合でしかものを見ることのできない輩の約束を信じるほうがどうかしていた。
 彼らに従えば一時は報償されても奴隷的な隷属を強制され、それに従わなかっただけでたちまち資産も権利も奪われるだろう。
 ヴラドによって自由と成長を獲得した市民層はその現実を十分によく承知していた。


 「ヴラド大公万歳!」
 「ヘレナ妃殿下万歳!」
 「ワラキア万歳!」
 「大公夫妻万歳!」


 誰かがポツリと張り上げた声はたちまちのうちに都市全体へと波及した。
 たとえ戦力にはならなくともトゥルゴヴィシテの都市民は遥かに貴族軍の数を上回っている。
 市民たちの大音声はたちまちのうちにザワディロフ兵士の音声をかきけした。
 トゥルゴヴィシテを揺るがさんばかりのヴラドたちを讃える歓声は幼い子供達までをも巻き込んで都全体に広がっていこうとしていた。
 完全に予想外な市民たちの明確な意思表示にザワディロフは戸惑いを隠せない。


 平民どもが………身の程知らずにもつけあがりおって……これもヴラドの政治が悪いからだ…………。


 これまでただ虐げられることを、当然のように受け入れてきた従順な羊が不遜にも主人に牙を剥こうとしている。
 許されざる政治的堕落であるとザワディロフは感じていた。
 羊に自己の意志を持たせてはならないのは貴族の平民支配の初歩であったはずではないか。。
 主君の命令を唯唯諾諾と聞く民だけの従順な平民を平然と貴族に牙を剥く狼にしたてあげてしまったヴラドにザワディロフは大いなる義憤を覚えていた。
 やはりいかなる手を用いてもここで魔女を、ヴラドの拠点を滅ぼしておかねばならぬ。
 これまで自分が立脚してきた世界を守るべき使命を神から与えられたような錯覚を覚えてザワディロフは高揚すら感じていた。


 しかしザワディロフの意気はともかくとして手段としては総力戦に頼らざるを得なかった。
 市民の蜂起を期待出来ない以上、ただひたすら攻め続け先に気力と体力が尽きたほうが負ける先の見えない戦い以外に事態を打開する術を見出せないからだ。
 双方の全軍を上げての戦いは天井知らずの被害を双方にもたらしつつ、日が暮れてもなお衰える気配を見せなかった。 
 ザワディロフが本当にヴラドが敗北すると確信しているならば時間の経過はザワディロフにとって味方であるはずであったが、まるで無意識の焦燥に急かされるようにザワディロフが頑として攻撃を続けさせた。
 それは彼自身が全く予想しなかった形でヘレナたちに最悪の一撃を見舞おうとしていた。










 薄暗い貧民の集うあばら屋でトゥルゴヴィシテ市民にもザワディロフにも忘れ去られていた深い闇がわだかまっていた。
 かつてルーマニアにおいて商業利権を独占してきたサス人の一団がそれだった。
 ヴラドが大公に即位したつい二年ほど前までは絶対的といってよい価格決定権を持ち、我が世の春を謳歌してきた彼らも、ヴラドの改革によって利権の全てを失いその力のほとんどを喪失してしまっていた。
 彼らにもルーマニア人と同様の保護を与えられたため、資産の取り崩しながらなんとか商人としての看板を保った者も多いが、利権に頼りすぎて真っ当な商売が出来ず、人夫や物乞いにまで成り下がっている者も数多くいたのである。
 彼らは一様にかつての栄光の日々を懐かしみ、ヴラドに対して怨念に近い感情を抱いていた。
 その彼らにとってふって湧いたような福音が訪れたのだ。
 恩賞の一万ダカットといえば彼らが一生遊んで暮らせるだけの金額である。
 日々の食事にさえ事欠くまで困窮した彼らにとっては喉から手が出るほど欲しいものだった。
 しかもヴラドの政権が崩壊することこそ彼らの悲願、かつての栄光への復権への一歩である。
 これに協力しないという選択肢はありえなかった。 
 ただヴラドがかつて行った民衆蜂起とは逆に、人口的に絶対少数であるサス人は迂闊に活動すれば圧倒的多数であるルーマニア人によって袋叩きに会う可能性があったのである。


 「夜が更けるまで待とう…………」


 日中であれば素人の集団である彼らではルーマニア人の自警団に叩きのめされるのが関の山である。
 幸いにして戦いは夜を徹して行われて警戒の余力は城壁付近に集中していた。
 そして、圧倒的多数のザワディロフとの戦闘のために全兵力がかかりきりになっている現在、ヘレナが住まうワラキア宮殿は無防備な姿を彼らの前にさらけ出しているはずであった。






 ――――――深夜


 七十に達しようかという老執事は志願して寝ずの番を行っていた。
 若かりし頃戦場の最前線を駆け巡った経験のある彼は戦闘が継続中である以上、万が一に備えて寝るなどということが贅沢を許すことができなかった。
 しかしその彼の心がけは無駄ではなかった。
数十人に及ぶサス人の一団が鎌やナイフを手に宮廷の塀を乗り越える様子を見逃さずにすんだのだから。


 「起きろ!敵襲だ!姫様を逃がせ!!」
 「くそ!爺め、邪魔しやがって!」


 すっかり寝静まっていると思い込んでいたところに大声をあげて警鐘を鳴らした執事にサス人たちの理不尽な怒りが集中した。


 「死ね!」


 数え切れない刃物で膾のように切り刻まれて、年老いた執事はたちまち絶命した。
 それでもなお、執事は抱きつくようにして刃物を体内深く埋没させ、わずかでも主人のための時間を稼いだ。
 誇り高い騎士のごとく、老執事は自らの職務を全うして満足とともに死んだのだった。




 「お逃げください!姫様!」
 「無駄じゃな。回廊のなかに入りこまれたらここは袋の鼠じゃ」


 サレスの言葉にヘレナは静かに首を振った。
 ヘレナの居室は宮廷の一番奥深くにあり、そこに至るには回廊を必ず通らなければならない。途中の部屋に隠れてやりすごすという手段もあったが見つかった場合時間を稼ぐことすら出来ずに殺される可能性が高かった。
 邸内に響く悲鳴を聞けば、彼らが途上の部屋をしらみつぶしに調べていることは明らかであった。


 「これからこの部屋を封鎖する。サレスは外に出て時間を稼げ」
 「姫様!それは………!」
 「このままではジリ貧じゃ。残念ながら我らの手持ちで奴らの戦力を削れるのはお前以外におらぬ」
 「ううっ…………」


 理性ではヘレナの正しさを認めながらヘレナのもとを離れたくないと言う感情にサレスは苦渋に唇を噛みしめた。
 もともとサレスはイスラム世界で暗殺者として鍛えられている。
 暗殺者の本領は奇襲によって相手を闇から闇へ葬ることであって、戦場で正面から無双することにはない。
 サス人が素人であることを考えてもサレスが相手にすることが出来るのは数人がいいところだ。
 なら遊撃としてヒットアンドアウェイでサレスの技能を生かすのがヘレナにとってもっとも生存確率をあげる手段であるのである。
 だが自分がいない間にヘレナが殺されてしまってはサレスの腕をふるう甲斐がなかった。
 ヘレナはサレスにとってただ主であるだけではない。暗殺する機械として育てられたサレスに初めて生きるということの喜びを教えてくれた恩人でもあるのだ。感極まって涙ぐむいつもは生意気なはずの侍女をヘレナは笑って尻を叩いた。


 「妾は我が君に会うまで死ぬつもりはない。そのためにはお前の力が必要なのじゃ」
 「死んだら許しませんよ?」
 「妾が約束を破ったことがあったか?」
 「………割りとたくさんありましたね」


 そういいつつもサレスは子供のわがままに困ったように苦い笑みを浮かべた。ここ一番でヘレナが賭けに勝利し続けてきたことをサレスは知っていたからだ。
 信頼すべきヘレナの腹心は優雅にヘレナに向かって頭を垂れると慣れ親しんだナイフを取りだした。
 わずかな躊躇もなく確実に命を奪う暗殺者としてサレスはヘレナに背を向ける。かつての人形ではなく、今度こそはサレス自身の意思をもって。


 「ここにもいねえぞ!」
 「魔女の部屋は城の奥だ!まさか悠長に眠っちゃいねえだろうが……絶対に見逃すんじゃねえぞ!」


 彼らにとってヘレナの命こそが勝利の絶対条件である。
 いくら城内で人を殺してもヘレナを逃せば朝日が昇るとともに今度は彼らが殺戮の対象になるであろう。
 万が一にもヘレナを逃がさぬために見つけた侍女や使用人は残らず殺されていた。
 城内には濃厚な血臭が立ち込め回廊には哀れな死体が無造作に転がされ絨毯にその血を吸わせていた。


 「度し難い馬鹿ものですわね………」
 「誰だ!?」


 苦々しい女性の声に男達が叫ぶと同時に暗闇から白銀の光が煌めく。
 鋭く空気を切り裂く音とともにドスッという鈍い男が響いた。
 声もなく倒れる男の姿に抵抗らしい抵抗も受けずにきた男達は敵が反撃してきたという事実にようやく気付いた。


 「手前!殺してやる!」
 「女だと思って油断するな!」


 侍女のエプロンドレスを脱ぎ捨て漆黒の暗殺者服に身を包んだサレスの姿を捉えることは素人には至難の業だった。
 バタンと扉の閉まる音がしてそこに殺気立った男達が殺到する。
 しかし紐で細工されただけの部屋にサレスの姿はない。
 無防備な男たちの背中に向かって新たなナイフが突き刺さる。
 疾風のようにしなやかな黒い影が走り抜け、いともたやすくサレスは包囲網を突破した。
 サレス1人が逃げるだけなら何の苦もなく彼らの魔手を逃れることが可能であったろう。姿を秘匿し相手の目を晦ますことこそが暗殺者の本領である。しかしサレスにとって自らの命以上に大切なのは主にした家族以上の存在であるヘレナであり、今はその生存のために剣をふるわなければならなかった。






 「そのテーブルを動かせ!椅子も積み上げて紐で固定しろ!」


 おそらくサレスの能力をもってすれば十や二十の素人を屠ることは容易い。
 問題は城に入りこんだおそらくはサス人であろう男たちの人数がどれほどになるかである。
 軍隊でもそうだが味方の3割が失われると兵士は戦線に踏みとどまろうとする士気を喪失することが多い。
 まして仲間の数も時間も制限されているサス人であればなおのことである。それまで踏みとどまることが出来れば生き残る目はある。
 しかしその確率が決して高くないことをヘレナの冷めた理性は熟知していた。
 ザワディロフの攻撃が続いている以上城壁で奮戦する兵士たちが城内の異変に気づく可能性は低い。下手をすれば朝になっても市民たちが城の異変に気づかない可能性すらあった。
 いくらサレスが凄腕の暗殺者でもサス人を全滅までさせることは不可能だ。
 ―――――だが妾は死ぬわけにはいかぬ!妾の生まれてきた天命はこんなところで果てるようなものではない!


 脳裏にヴラドの大きな瞳とはにかんだような笑顔が浮かんでヘレナは唐突に泣きだしたい衝動にかられたが、ヘレナは初めて感じる胸を衝く痛みの理由に気づくことはなかった。
 ただ泣きだしたい衝動とともに生きなければならない使命感が湧くのを感じてヘレナはその思いにすがりつくことでなんとか死の恐怖から踏みとどまっていた。







「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く