彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第二十九話 バーゼルの罠その1

 ハンガリー王国との講和を成し遂げたオレはここで天然痘の種痘に関する情報の販売に踏み切った。


 ヘレナの輿入れの祝い替わりにコンスタンティノポリスに既に情報を提供していたからだ。


 遠くない将来の情報の漏洩が避けられぬなら今が商売の売り時というやつだった。


 取引の窓口にはヴェネツィアのジョバンニがあたっているので呆れるほどの巨利を上げてくれるだろう。


 同じくジェノバのアントニオにはコレラの治療法の販売を委託していた。


 十九世紀末に日本を含め世界的に大流行したコレラだが、意外にもその歴史は古く紀元前三世紀には既に歴史書にその名が記されている。


 コレラの治療法は単純である。コレラの死因は大量の下痢と嘔吐による水分と電解質の減少からくる脱水症状なのだから、それを補ってやればよいのだ。


 具体的に言えば経口補水塩のように水にデンプン(ブドウ糖)と塩を溶かしただけのもので十分だった。


 これを常時補給させてやるだけで、大半の患者は死を免れることが出来る。


 早くも医聖などという声が上がり始めているらしいが、現代人のオレにはこそばゆい名前だと思わざるをえない。




 「それにしてもいったいどうやってそんなことを知りえたのだ?我が夫よ」


 「………夢で見たのさ」




 ヘレナのマリンブルーの瞳が湖水のような静謐な色を湛えて興味深そうにオレを見つめるが真実を話すつもりはない。


 どうせ信じてもらえぬに決まっているからだが………どうやら未来から来ただけの平凡な歴史オタクだとヘレナに知られたくないという妙な気持ちもあるらしい。


 我ながら度し難いものだ。






 「こんなに美しい妻に隠し事とはけしからぬな?我が夫よ」


 「………美しい妻は知らんが可愛い婚約者なら目の前にいるな」


 「……うにゅっ………その可愛い婚約者はおかんむりだぞ?」


 「では……ご機嫌をとるとしようか」




 ふにゃりと顔を緩ませてヘレナが膝の上にとび乗ってくる。
 このところヘレナは膝のうえに抱かれて俺とキスを交わすのがひどくお気に入りだ。


 こうなってしまうとくすぐったそうに微笑んで蕩けたようにすぐご機嫌になってしまう。


 オレは気に入ってないよ?柔らかくて暖かい体温とか、生得の甘い香りとか気になったりしてないですよ?本当ですYO?












 レマン湖の北にひときわ高く聳え立つ聖堂がその威容を誇示していた。
 ゴシック建築の傑作とされるこのノートルダム大聖堂はフランスのそれには及ばないが世界遺産にも指定された文化遺産であり、現代においても世界一高いパイプオルガンや貴重なステンドグラスを所有することで、スイスの観光名所として親しまれている。
 しかし1449年を迎えたこの時期、ローザンヌの中心に位置するノートルダム大聖堂は特殊な政治的地位を所有していた。
 すなわち、そこは対立教皇フェリクス5世が君臨していたからである。






 この時代の混沌とした教会の権力争いは複雑怪奇だが、ことの始まりはアヴィニョン捕囚によってローマからフランス王国のアヴィニョンに移動されていた教皇庁を1377年グレゴリウス11世がローマに再び帰還させたことである。ここで既成事実がなし崩しに認められれば問題はなかったのだろうがグレゴリウス11世は翌年に逝去。次代の教皇にはウルバヌス6世が選出されたのだが、フランス国王の意向を受けたフランス枢機卿たちがこれに反発。クレメンス7世が独自に選出されここに教会はアヴィニョンとローマに分裂した。
 さらに1409年、この分裂状態を回避しようとピサ教会会議が催されるが両者を統合するために選出されたアレクサンデル5世を両教会が認めなかったために、3人の教皇が並び立つという前代未聞の事態が現出した。
 この分裂は1417年、マルティヌス5世が選出されたことでようやく終わりを告げるのだが1431年からローマ帝国の正教会との合併をめぐって開催されたバーゼル公会議において再び教会は会議派と教会派に分裂する。
 1437年教皇派が会議のフェラーラ移転を決めると、会議派は教皇の廃位を決定、独自にサヴォイア公爵アマデウスを教皇として擁立する。これが最後の対立教皇とよばれるフェリクス5世である。
 最終的に会議派は1449年に解散し、フェリクス5世自身も1449年4月7日に退位においこまれることとなるが、サヴォイア家の当主でもあるフェリクス5世は同時に優秀な世俗君主であり、後にイタリアを統一するサヴォイア家の基礎は彼によって築かれたと言われている。




 「公自身が足を運ばれるとは意外でしたな」


 教皇というにはいささか質素な僧服に身を包んだフェリクスは面白そうに目の前の人物を見つめた。


 「聖下にお会いできるならばこのフニャディ・ヤーノシュいくらでも犬馬の労を厭いませぬ」


 フェリクスの前で恭しく跪いてみせたのは誰あろうハンガリー王国宰相フニャディ・ヤーノシュであった。


 「もう誰も見向きもしなくなった零落の教皇にヤーノシュ殿ともあろうお方が何の御用でしょうかな?」


 フェリクスはすでに規定路線となったバーゼル公会議の解散と自らの退位を前にヤーノシュが来訪した理由を捉えかねていた。
 ハンガリー王国とは国境を接しているわけでもないし、まさか優秀な政治家でもあるヤーノシュが今さら会議派に肩入れする理由もないはずであった。
 サヴォイア公国の主としてキリスト教圏の大国ハンガリーと修好するのに否やはないが、余計な争いには巻き込まれたくないというのが本音であった。


 「――――このままご退位あそばしてよろしいので?」
 「諸侯の支持を失ったこの身には詮無いことです」


 すでにバーゼル公会議など名ばかりに形骸化して久しい。
 もともと教皇の巨大な権限を掣肘するために諸侯の干渉が容易な会議形式が支持されていただけで、忠誠を抱くようなものは誰もいなかった。
 世の流れがローマの教皇に傾いている以上、彼らが離反していくのを止められる道理がなかった。
 それはいかにヤーノシュが卓越した国際政治家であっても変えることはできまい。


 「聖下は公会議の教皇であるばかりでなくサヴォイア公国に責任のある御方。このまま手土産もなくローマに吸収されてはサヴォイア公国の立場もいかがなものか、と」


 これは事実である。
 フェリクスもしばらくの間は冷や飯を食わされることを自覚していた。
 あるいは子の代になればどうにか国際政治の表舞台に立てるか、というところであるが下手に反抗すれば公国自体が滅亡する可能性がある以上どうすることもできなかったのだ。


 「我がハンガリー王国はローマに伝手もあります。聖下の同意さえいただければローマとの仲介もいくばくかの経済援助も惜しむつもりはありません」


 「ふむ、興味深い提案ですな………しかしそれほどのことをして、公は私に何をお望みで?」


 そう、フニャディ・ヤーノシュといえばヴァルナの戦いで奮戦したキリスト教国家のなかでも異教徒との最前線に立つ英雄とされている。
 そのためかローマ教皇庁にも彼を支持する枢機卿は多く、教皇ニコラウス5世の信頼も厚いと聞くが………どう考えてもわざわざ自分に頼らなくてはならない理由が見つからない。




 「私が聖下に望むのは――――――」












 このところのワラキア・トランシルヴァニア・モルダヴィアの三国の経済発展は目覚ましい。


 加工食品やワインの蒸留などの高級嗜好品を中心にした産業の発展は既に農業人口を圧迫しつつある。


 人口密度の低いルーマニアならではといったところだろうか。


 特に陶器を使った瓶詰は高温殺菌など想像もできない欧州各国で爆発的な売れ行きを示していた。


 流石に缶詰をつくるには冶金技術が追い付かなかったのだが、とりあえず陶器でも代用としての性能はかろうじて確保できた。


 さらに巨費を投じて各国から技術者まで招いた精密加工業については、とうとう火打石式フリントロック銃の試作に成功している
 同じフリントロックのなかでも1543年スウェーデンで開発されたスナップハンスロック式である。
 もともと構造自体は旧来の火縄銃と変わらないため製造は容易であったがそれでも当たり金と火蓋の信頼性を確保する必要から量産に難があるのが問題ではあったが。


 火縄銃の欠点はまさに火縄を用いることにある。


 生の火を使うことから、しめるとよく不発を起こし、雨中ではしばしば使用不可能になるなど、火縄から派生する問題は多かった。


 そして以外に知られていないことだが火縄銃の発砲の際には風下にむかって約1mほどにわたって無数の火の粉がはじけ飛ぶ。


 そのため射手と射手の間隔を広くとらざるを得ず、どうしても銃兵の密度は低いものにならざるをえないのだ。


 しかし火打石式銃にはそうした問題点はない。


 ほぼ長槍兵と同様の密度で火力網を形成することが可能だ。


 火打石式銃には銃剣もまた標準装備されており、ワラキアの常備大隊が世界に名を馳せる日は近いと思われた。










 1449年に入りオスマン帝国への貢納金の納入が始まったが、もはや二年前のワラキアとは経済基盤が違うので多少の支出に不足はない。


 既に種は蒔かれていた。


 士官学校の生徒や大学の生徒がワラキアの新たな官僚層を形成するまでそれほど長い時間はかからないだろう。


 ネーデルランド式の常備大隊も五個大隊五千名に増員することも決定していた。


 そう、全ては順調だったのだ。今日このときまでは。














 「――――大公殿下に急報がございます!」






 「シエナか。どうした?ハンガリーに動きでもあったか?」






 シエナはごくりと唾を飲み込んでゆっくりと首を振った。


 常には動揺など決して見せぬ男が、珍しく顔面を蒼白にして焦りの色を浮かべていた。


 ヤーノシュの侵攻すら顔色ひとつ変えなかった男だ。絶対に尋常な事態ではない。






 不吉な予感が胸を衝く。


 …………いったいオレは何を見過ごしたというのだろう?






 「バーゼル公会議の教皇フェリクス5世聖下が十字軍の編成を命じられました。ローマ教皇ニコラウス5世聖下は廃位の花道としてフェリクス聖下の決断を支持するお考えです」


 お飾りと化した骨董品が余計なことを。
 どうせ退位するから政治的冒険に打って出たってわけか。
 それなら失敗してもローマ側の損害は少なくて済むからな。


 「しかしそれで動く国があるか?フェリクスの妄言につきあう義理はないだろ?」


 シエナの顔が苦しそうに歪む。
 もう少し早くこの情報を入手していればヴェネツィアを介して阻止することも可能だった。
 その自責の念が感情を表さぬシエナをして眉間のしわを深く刻ませていた。






 「十字軍戦力の中心はハンガリー王国、さらに今後ドイツ騎士団が合流する予定です。十字軍の総指揮官はフニャディ・ヤーノシュそして――――」


 完全に出しぬかれた。
 このときの屈辱をシエナは後年まで教訓として羊皮紙に刻み胸に持ち続けたという。
 教皇庁対策をおろそかにしたつもりはないが、これが自分とヤーノシュとの間にある経験の差ということか。






 「―――――十字軍はオスマンの先兵たるこのワラキアを目指しています」





「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く