話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第十六話  魔弾の射手

15世紀のワラキアのみならず欧州や亜細亜全体を見渡しても科学者なる言葉は存在しない。
もしそれに類するものがあるとすれば、それは究極の生命の秘密を探究することを目的とした、錬金術師と呼ばれる人々のことであったろう。
知識はあれども実践と周辺知識の少ない俺にとってギリシャの火の開発にはどうしても彼らの力が必要であった。
しかし……………
 

「ふむ!これは実におもしろい!」
「ほう!なかなか興味深い精製だの」
 

原油を常圧蒸留するとナフサが生成される。
沸点が低く石油化学製品の原料とされることの多い平凡な石油製品だが、これにパーム油から抽出された増粘剤を加えてゼリー状にするとある有名な物質に変化する。
ベトナム戦争でアメリカ軍によって使用され悪夢のような戦火の爪痕を残した悪名高い兵器、ナパームである。
着火すると極めて高い温度で燃焼し、親油性が高いため水をかけても消えない。
また燃焼する際、近くにある酸素を急速に消耗するため、近くにいるだけで酸欠死しかねないという恐ろしい代物だ。
 

「おいおい、あまりおかしな真似をするなよ?気化ガスが引火したら大爆発だぞ?」
「気化………?水元素が空気元素になることですな?それを防ぐのに土元素を加えるとなると………ふむ」
 

まったく四大元素説面倒くせえ!
 

遥か紀元前、古代ギリシャの哲学者デモクリトスは万物な微小な粒子で成り立っているという原子論を発表した。
いったい何をヒントにその結論にたどりついたのかわからないが、はっきりととんでもない発見であった。
もしこの学説が普及していれば物理学の発展は数百年早まったかもしれない。
ところがここでデモクリトスに強力すぎるライバルが現れる。
形而上学で有名なおそらくは人類史上最大の哲学者アリストテレスである。
「万学の祖」などという空恐ろしい尊称が彼の人類史に残した足跡を物語っていると言えよう。
しかし問題なのは彼が偉大すぎるがゆえに、その誤りもまた後代に受け継がれてしまったということだ。
アリストテレスは原子アトムなどという目に見えない粒子が万物を構成しているなどとは考えもしなかった。
彼は万物の構成要素として、土、火、水、空気の四元素と、完全元素であるエーテルからなるという四大元素説を唱えたのである。
ネームバリューの大きさからか、あるいは可視可能なわかりやすさゆえか、この四大元素説は当時の学者たちの通説として爆発的に広まった。
錬金術師として著名なあのパラケルススもこの四大元素説の支持者であり、科学者がこの呪縛から解き放たれるには実にフランス革命直前の1785年アントワーヌ・ラヴォアジェによる
水の分解の証明を待たなくてはならなかった。
要するに錬金術師は水銀や硫黄などの各種鉱物の化合などの実験を通し、火薬や塩酸、硝酸などの合成にも成功し、光のスペクトルを解明し、未来の蒸気機関の出現を予言したりも
していたが、その根本となるところが迷信を脱していなかったためにひどく不安定な存在であったのである。
 

「うむ………アラビアの三原質を加えることで水元素に対する影響がどうなるか…………」
「いやいや、もう元素の話はいいからこの油をゼリー状にするためのつなぎを見つけてくれよ!」
「……つまり精製された油に粘性を加えたいわけですな?ならば鯨油の脂肪酸を加えればよろしい。量を調節すればお好みで油に粘りを与えられるでしょう」
 

お前ら、ちょっと知識偏りすぎだろう!
俺がパーム油の代用品を見つけられなくて四苦八苦していたのにこいつらいともあっさりと解決しやがった!
 

「私が思うにやはり水銀に含ませる月の魔力が足りないのでは…………」
「魔力の大きな動物の血ということも考えられるが………」
 

だからお前ら知識偏り過ぎだって!
 

 

 

 

 

それから4ケ月の時が流れ1448年の春が訪れた。
ヴェネツィア商人が領内を訪れるようになり新規の市場が開拓され国内商人も順調に力を付けてきている。
海のないワラキアはどうしてもモルダヴィアの交易都市キリアを使うしかないが、それがモルダヴィアとの貿易を活発化させ両国によい影響をもたらしていた。
ジョバンニ以外のヴェネツィア商人もモチェニーゴ家の独占を許すまいと続々とワラキアに取引を申し込んでおり、デュラムも大わらわの状態だ。
ザワークラウトは船乗りたちの魔法の必需品となり、ヴェネツィアのみならずジェノバ、さらにはオスマンや黒羊朝の商人までもが買い付けに奔走している。
船乗りたちの職業病であった壊血病の予防の効果が既に現れ始め、噂が噂を呼んでいるらしい。
テンサイから精製した砂糖も概ね好評で、莫大な利益の投下がワラキアの経済をさらに良い方向へ循環させようとしていた。
種痘の方も順調で既に国民の八割が種痘を受けている。
今年中に羅患者が目に見える形で激減すれば各国はこぞってワラキアに教えを乞うだろう。
実のところ既にモルダヴィアやヴェネツィア・ジェノバ・フィレンツェなどから是非種痘の秘密を売って欲しいと複数の打診を受けているのだ。
この間はフランス王室からも使者があった。
ローマ教皇庁にも影響力の強い国だけにこの機会にパイプを繋いでおきたいところだ。
しかし残念ながら各国で天然痘以上に期待されているペストのワクチンまではオレの知識ではつくれなかった。
予防的な意味で衛生管理の浸透を指導してやることぐらいが精一杯だ。
これに関してはワラキアは世界に先駆けて公衆トイレの設置や煮沸消毒などの衛生指導などを行い始めている。
トイレの糞尿は国家が買い上げて肥料や硝石の原料(土硝法)にすることになっていた。
 

貿易黒字で増えてきた国家予算の投入先だがやはり軍事費の増強は避けられない。
軍事的にいってワラキアはまだまだ小国の域を出ていないのだから当然だ。
近代編成の二個大隊が練成中とはいえ、その数わずか二千。常備軍としては十分に大きい数字ではあるが最終的な動員兵力ではやはりオスマンやハンガリーのような大国には及ばない。
兵力差を解消するため青銅砲の小型化と車輪付砲架の配備を進めているところだがこれがまた大喰らいだ。
一回の実弾演習でまだまだ貴重な火薬の備蓄が大量に消費されてしまう。
今後の火力戦への移行を考えると頭の痛い問題であった。
国家の基礎体力のひ弱なワラキアは大量の物資を消費し続ける近代戦を維持するだけの準備がまだ整っていないのである。
 

 

「殿下の御前だ!気張れええええ!」
 

ゲクランのもとで前衛隊長を務めるレーブの大隊がテルシオの方陣を左に旋回させる。
そして一斉射撃の後、歩兵が槍先を揃えて突撃に移った。
流れるようにスムーズなその機動はつい数カ月前まで素人同然だった急造の軍隊のものとも思われなかった。
レーブのテルシオが下がると今度は満を持して控えていたネイの率いる騎兵部隊が突撃する。
一隊が正面から、もう一隊が右に迂回して標的の背後に移動した。
こちらの仕上がりも具合も悪くない。
この様子ならばハンガリー騎兵とだって互角に戦えるだろう。
ネイの軽騎兵部隊が鮮やかに隊をまとめて撤収すると最後に現れたのはタンブルの率いる竜騎兵部隊であった。
戦力として計算するにはまだ数が少なすぎるが、火力と機動力を同時に発揮することが可能な竜騎兵はいざというときの切り札だ。
 

「撃てえええええええ!」
 

火縄銃の轟音にも調教と訓練を経た騎馬はいささかも揺るがず騎手を背に背負い続けた。
臆病な馬を銃に慣れさせるのは十分に成果が現れているらしかった。
 

「見事だ」
 

演習場の少し高くなった丘の天幕で俺は満足気に頷いてみせた。
防御戦ならばともかく攻勢に出るためにはどうしても練度に優れた精鋭軍が必要になる。
ワラキアの兵站能力を考えればその傾向はさらに顕著なものになる。
新たな士官を追加して柔軟性を増した常備軍は、どうにか俺の考える精鋭としての必要条件を備えているように思われた。
 

「どうだ?ベルド?」
「素晴らしいと思います。ゲクラン殿にお任せした殿下の英慮の賜物かと」
 

俺の弟子としてとても役に立ってくれるベルドなのだが、なんでも俺に好意的に解釈するのが困りものだな。
そんなことを考えて苦笑する俺に向かって二人の伝令らしい騎士が駆けてくるのが見えた。
まだ何か演習項目があっただろうか。
 

「伝令でございます。急ぎ殿下にご報告申し上げたいことが!」
「何事だ?」
 

シエナやジプシーからの情報ではヤーノシュは上部ハンガリーに出兵しているという話であったが………あるいはまた貴族どもが蠢動したか?
自らが手塩にかけた常備軍の初演習ということで油断していた俺は伝令が常備軍の兵士であることを疑っていなかった。
無意識に身を乗り出した俺を見て騎士は邪悪な表情を剥きだしに哂った。
 

「―――――ワラキア大公ヴラド殿下が暗殺されたよし」
 

騎士がそう告げるのと抜刀して向かってくるのはほぼ同時であった。
これ以上ないほどの絶妙なタイミング。
報告を聞くため身を乗り出していた俺と騎士の間を妨げるものは何もない。
悲鳴をあげるベルドも護衛の騎士も、この瞬間の凶行には間に合わないことは明らかだった。
 

―――――咄嗟に身体を右にひねって剣を避わしたのは僥倖であった。
観戦に訪れただけの俺は剣を佩いているだけでチェインメイルすら身に帯びていなかった。
幅広の騎士剣で斬りつけられては無事には済まない。
二人目の斬撃も剣を鞘から抜くことなくどうにかこれを弾く。
しかしここまでが俺の幸運の限界だった。
剣を弾かれたものの躊躇することなく剣を捨てて体当たりしてきた騎士の前に線の細い俺の身体はひとたまりもなかった。
 

「俺ごと貫け!」
 

身体ごと覆いかぶさった騎士がもう一人の騎士に命令する。
圧倒的な体重と鎧の重みに全く身動きのできない俺にとっては最悪の命令だった。
それではたとえ奇蹟が起こっても回避できない。
 

「殿下あああああああ!」
 

目を血走らせてベルドが駆けよる。
しかし騎士が高く剣を振りかぶる方が早かった。
両手で剣の柄を握った騎士が犠牲にする仲間を見やってほんの一瞬躊躇するが―――――
 

「死ね!この悪魔ドラクルめ!」
 

満身の力をこめて必殺の剣が振り下ろされ―――――仲間の騎士とともに俺を貫くはずだった剣は――――わずかに右にずれて大地に大きく食い込んで突き立った。
 

「なっ??」
 

予想外の事態に俺に覆いかぶさっていた騎士が動揺する。
千載一遇の機会であり、はずしようのない一撃であったはずだ。いったい何が――――――。
 

「セディン!」
 

止めをさすはずであったセディンと呼ばれた騎士はグラリと揺れたかと思うと、糸が切れた操り人形のように力を失ってどうと倒れた。
鈍い光を放つ金属鎧に小さな穴が穿たれ、そこから噴き出すように赤い血が大地に流れ出していた。
魔弾の射手の一撃がギリギリのところで刺客の命を奪い去ったのだった。
 

「くそっ!!」
 

仲間を失った騎士の男はそれでも不屈の意志で俺を絞め殺そうとその太い腕を俺の首に伸ばしてきた。
その妄執に近い執念の深さは恨みか、忠誠か、それとも信仰の力なのか………。
だがそれを黙って見逃す魔弾の射手ではなかった。
 

 

「―――――下賤な手で殿下に手を触れるな、下種が」
 

発砲音とともに弾かれるように男の頭が後ろに飛んだ。
グシャリという音がして割れた頭蓋から白い脳が血とともに大地に零れてグロテスクな華を咲かせる。
寸分の狂いもないヘッドショット。
ゲクランが100m先の的でもはずさないと言ったのは事実だった。
寡黙なワラキアきっての射撃の名人マルティン・ロペスは一人冷静にヴラドを守るべく射撃の準備を整えていたのである。
 

 

 

―――――忘れていた。順調なワラキアの発展ぶりにここが裏切りと陰謀の渦巻く悪しき世界の巷であるということを。
俺が幾百、幾千の人間を殺したように、俺を殺したがる人間がいくらでもいるのだということを。
命をベットした賭けの敗北はすぐに死に繋がるのだということを。
 

 

だが今こそ俺は思いだしていた。
そして二度と忘れはしない。
俺の理想を実現するために敵対するものから奪うことに躊躇はしない。
それがどれほどその人間にとって大事なものだとしても、たとえそれが彼らの命であったとしても。
幾千幾万という大量の命を犠牲にしても、俺は俺自身の理想と幸せのためにそれを踏みにじって見せる。
 

「貴様たちの死が俺の勝利の証だ」
 

荒い息の下で俺はそうつぶやくのが精一杯であった。
涙交じりにかけよってくるベルドの姿を最後に、酸欠と体当たりの衝撃で朦朧とする意識はブレーカ-が落ちるかのようにぷっつりと途絶えた。
 


「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く