彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第十四話  内政編その4

種痘はさすがに精神的抵抗が大きかったのか、各所で摂取を拒否する国民が続出した。
日本人は肌の白いは七難隠すなどというが、人間の肌に対する信仰にも似た憧憬の思いは現代もなお無くなってはいない。
天然痘はその肌が腐り、膿が生じることから、その死亡率以上に人々に忌み嫌われてきたのである。
その一部を摂取するというのだから拒否反応が生じるのはむしろ当たり前なのかもしれなかった。
 

「見よ!これで我々は天然痘の恐怖から解き放たれるのだ!」
 

しかしトゥルゴヴィシュテの大広場で俺自ら種痘を受けてからは徐々に風向きが変わり始める。
さすがに為政者が自ら摂取するのだから身体に害はないのであろう。
1ケ月が経ち、俺の健康になんら異常がないことを知ると今度は爆発的に種痘を希望するものが増加した。
それはそうだろう。
誰もがいつ感染するかもしれない天然痘の恐怖を身近に感じていたのである。
家族の一人でも感染すれば下手をすると家族が皆殺しにされることすらあった時代である。
その恐怖から解放されるのならば一刻も早く解放されたいというのは人間の本能というものであろう。
 

困った問題が発生したのはその後である。
どこの誰が言い始めたのかわからないが、俺が聖アンドデレの生まれ変わりであるという噂が広がり始めた。
兄シモン・ペテロとともにキリストに弟子入りした十二使徒のひとりであるアンデレはルーマニアとロシアの守護聖人とされていて、ワラキアでも馴染みの深い人物である。
伝説では彼がビザンツの最初の司教であったとされ、コンスタンティノープルの総主教庁も正教会の初代総主教をアンデレであると認定している。
そんな人物の生まれ変わりであるという噂に対し、ローマ教皇庁から異端審問官が打診されてきた。
 

「やりすぎたかな…………」
 

ここで教皇庁と正面から敵対するのはあまりにも得策ではない。
かといって異端審問官などに国内で好き勝手されれば俺の政治基盤を根底から覆されかねない。
ただでさえ不満いっぱいの貴族たちに大義名分を与えるのは自殺行為だ。
 

―――――ことのからくりはわかっている。
オスマンに対し十字軍を組織したいローマ教皇としては期待の星であるフニャディ・ヤーノシュを助けたいのだ。
ヤーノシュも自分の政治的苦境を逃れるために教皇庁との太いパイプを利用したのであろう。
 

 

「殿下、ヴェネツィアから使者が参りました」
 

―――――ようやく来てくれたか。
天祐といってよいタイミングに俺は不覚にも人ならざるものの関与を疑った。
 

 

 

 

「私がですか?」
「うむ、貴君にとってもおそらく悪い話にはならんと私は考えている」
 

共和国元首であるフランチェスコ・フォスカリからワラキアへの使者を依頼されたジョバンニはまるで厄介事を押しつけられた子供のように顔をしかめた。
このところ話題にのぼってはいるがワラキアは所詮東欧の小国にすぎない。
わざわざ十人委員会の一人でもある自分が出向くほどの相手ではないはずなのである。
アドリア海の女王たるヴェネツィア………そのなかでも頂点に君臨する非公開の行政機関、十人委員会に名を連ねるということにはそれだけの尊厳と責任があるはずだった。
 

「相変わらず腹芸というのが出来ぬ男だな、君は」
「まだまだあそこはオスマンとハンガリーの鉄火場でしょう?大した儲け話があるとも思えませんがね?」
「私も最初はそう思っていたのだが………大公からの贈り物を見て気が変わった」
 

そう言ってフランチェスコは一本の筒をジョバンニに差し出した。
喇叭のような形をしたそれがなんであるのかわからずに、ジョバンニは首をかしげて筒を手に取る。
どうやら加工されたガラスが筒の両端についているようだった。
ワラキアでガラス加工を始めたという話は聞かないが……あるいはボヘミアの職人でも呼び寄せたか?
しかしローナ教皇庁のおひざ元で数々の教会のステンドグラスをはじめ幾多の複雑な加工を縦横に駆使するヴェネツィアのガラス職人を脅かすほどには見えない。
 

「これが……………?」
「筒の小さな方から外を眺めてみよ」
 

はて?ガラス越しに外を眺めていったい何があるものか?
狐につままれたような気持ちでジョバンニは微妙な膨らみをもつガラスへとそのはしばみ色の瞳を押しあてた。
 

「うわっ!」
 

茶色いチョッキの少年が袋いっぱいにオレンジを抱えて自分に向かって突進してくるのを見て慌ててジョバンイは飛びずさった。
しかし我に返って見ればそこはフランチェスコの執務室であり、少年の姿はどこにも見えない。
いったいあの少年はどこに消えたものだろうか?
おかしそうにくっくっと笑うフランチェスコにジョバンニは憤慨して声を荒げた。
 

元首ドージェ殿、これは何のいたずらだ?」
 

真面目にジョバンニが怒る様がおかしいのか、ますます笑みを深くしながらフランチェスコは苦しそうに腹を押さえた。
才気渙発でいずれドージェの跡を継ぐと言われている大商人ジョバンニ・モチェニーゴを一時的とはいえやりこめられたことがうれしくてたまらなかったのだ。
海千山千の老政治家フランチェスコにはこうした遊戯に等しいいたずら好きな側面があった。
 

「いたずらではない。いたずらではないのだ、ジョバンニ。それは遠くのものを近くあるかのように見せてしまう道具なのだよ」
「道具ですと??」
 

慌てて再びジョバンニは筒を取る。
美しいヴェネツィアの街並みとサンマルコ広場を行きかう人の群れが手に取るように映っているのを見てジョバンニは無意識のうちに呟いていた。
 

「素晴らしい(ブラボー)…………」
 

何の目印もない海を勘と経験を頼りに航海するヴェネツィア商人にとって、この何の変哲もない筒は万金にも代えがたい貴重なものであるということをジョバンニはいやというほど熟知していた。
これがあるだけで寄港先の島を見つけ、あるいは漂流する仲間を助けるのがどれだけ容易になることか…………。
 

「どうだ?行きたくなってきたであろう?元首ドージェでなければ私が自ら赴きたいところだぞ?」
 

フランチェスコにしてやられた悔しさがないではないが、その意見にはまったくジョバンニも同意するほかはなかった。
これだけの驚きの発明をあっさりと送りつける男に直接会って話を聞きたい。
当年とって38歳になるジョバンニだが、未知のものへの好奇心を忘れるほど年をとったつもりは毛頭なかった。
 

 

 

 

「遠路はるばるようこそおいでいただいた。願わくば両国にとって今日の出会いが幸いならんことを」
「こちらこそ殿下にお会いできる日を楽しみにしておりました」
 

そう言いながらもジョバンニはヴラドの落ちついた風格と、それと反比例するような若さに驚愕していた。
仕入れた情報では大公ヴラド・ドラクリヤは16歳で、しかも本格的に政治活動を始めたのはワラキアに帰還してからのここ半年であるという。
にもかかわらずまるで十年以上も国家元首を務めているかのような余裕を窺わせる態度であった。
 

「殿下の噂は海の上にまで鳴り響いておりました。きっと有意義なお話ができるものと期待しておりますぞ」
 

 

おそらく半分以上はろくでもない噂だろうがな。
改めて俺は固く互いに握手を交わしてジョバンニを見つめた。
思いのほか大物が釣れたらしい。
ゆったりとしたマントに身を包み洒落た羽根帽子をかぶったその姿はさすがはイタリアルネッサンスの男と思わせるものがある。
ジョバンニ・モチェニーゴ。
第72代元首としてオスマン皇帝メフメト2世やフェッラーラ公エルコレ1世と戦った武闘派の海の男である。
目先の利益のために将来の危険を先送りすることをよしとしない果断な元首として衰退期に入ったヴェネツィアを支えた。
彼ならば正当な利があるならばオスマンと戦うことさえ躊躇しないであろう。
 

「お呼びした理由はほかでもない。我がワラキアは新たな産業の育成に取り組んでいるがいささか販路に不足しているのでね?世界に冠たるヴェネツィア商人のご協力を仰ぎたいのだよ」
「殿下が興された新たな産業というのが気になりますな?」
 

ジョバンニはヴラドが興したという新たな産業という言葉に目を輝かせた。
どうらや元首に贈った望遠鏡は予想以上に効果があったようだ。
もともと望遠鏡の発明は16世紀に入ってからの話だからな。
レンズを使った眼鏡自体は紀元前から記録が残っていると言うのに不思議な話だが。
 

「お恥ずかしいが試行錯誤の繰り返しですよ………これはそのひとつなのですが………おめしあがりになっていただけますかな?」
「ほう………これは……キャベツの加工品ですか」
 

口に入れると同時にジョバンニは顔をしかめた。
キャベツを口に入れた瞬間、ひどい酸味が口の中に広がったからだ。
常識的に考えて野菜から酸味がすればそれは腐っているものというジョバンニの判断はしごく妥当なものであった。
 

「ははっ申し訳ありませんがそれは腐っているわけではありません。こういう食べ物なのです――――こうして食べるとなかなか乙なものですよ?」
 

そう言って俺はジョバンニに見せつけるようにパンに燻製肉とキャベツを挟んで口に入れる。
うん、固いだけの黒パンを食べるより数段このほうが美味い。
美味しそうにパンをほおばるヴラドをよそにジョバンニは失望を禁じ得なかった。
確かに物珍しくはあるだろうがこの酸味と味では商品として成り立つのは難しいと思えたからだった。
 

「ああ、そのキャベツですがね。ザワークラウトと名付けたんですが………数か月は楽に保存できますし、これを食べると壊血病が防げますよ?」
「な、なんですって!?」
 

聞き捨てならない言葉を聞いてジョバンニは悲鳴のような声をあげた。
商品として成り立たないどころではない―――――もしそれが事実であるとすれば………これは全ての船乗りに対する福音だ!
15世紀の保存技術では果実や野菜を保存することは難しく、長い航海の食料はもっぱら肉類の燻製や乾物、そしてアルコールに頼られていた。
その結果ビタミンCの欠乏を招き、船乗りの職業病として恐れられたのが壊血病である。
喜望峰を発見した有名なヴァスコダ・ガマの乗組員は実に180名中100名がこの壊血病で死亡したと言われている。
当時の食品衛生学的に食事が人を害するのは毒という成分が足されたときだけであると考えられていた。
まさか食事の成分が足りないために人が健康を害するとは夢にも考えていなかったのである。
科学的にビタミンCと壊血病の関係が明らかにされるのは実に1932年という時を待たなくてはならなかったのだ。
それにもし仮に壊血病の予防という効果を除いたとしても、数か月の保存可能な加工野菜にはそれだけで十分な価値がある。
やはり自分がこの地を訪れたのは間違いではなかった。
ジョバンニは歓喜に近い感情を持って自分をワラキアへの使者に選んでくれたフランチェスコに感謝した。
 

「実に興味深いものをお見せ頂いた。これだけでも海洋貿易を国是とするヴェネツィアにとっては非常に魅力的な商品でありますが…………」
 

それだけではないのでしょう?
目でそう訴えるジョバンニの子供っぽい稚気を感じて俺は笑った。
十人委員会の重鎮だと思っていたが、どうしてどうして楽しい人物じゃないか。
 

「我が国がほかに提供できるものというと………砂糖がありますかな」
「ワラキアで砂糖とは………いったいどちらでサトウキビの栽培を?」
 

サトウキビはイネ科の作物で主に熱帯や亜熱帯で多く栽培されている。
地中海でも栽培している国がないではないが、その収穫量は決して多いものではない。
とてもではないが内陸部のワラキアで栽培するには不向きな作物であるというほかはなかった。
 

「何からつくったのかは秘密ですが………この砂糖はサトウキビから作ったものではありません」
「サトウキビでないものからこの砂糖を??」
 

 

 

 

「こんな牛の飼料を集めてどうするんかいの?」
「さあ………新しい大公様の考えることはわからんけど、これも聖アンデレのお導きなのかねえ………」
 

ワラキアの西部に位置するクラヨーヴァに国内から集められたテンサイがうず高く山積みになって置かれていた。
ヴラドの命令によって農閑期の農民が集められ、彼らは新たに建てられた粗末な工場の中でそれぞれテンサイを切り刻む係、一定の温度でテンサイを煮る係、さらし布で煮たったテンサイをこす係、
再びテンサイを煮つめ、丁寧にアクを掬う係に作業を分別された。
――――――そしてみるみるうちに薄茶の結晶が生産されていくのを彼らは魔法でも見るような思いで見守っていた。
 

「おいおい、俺達夢でも見てるんかなあ、牛の餌から砂糖が出てきたぞ…………」
 

 

 

 

完全に想定外のヴラドの返答にジョバンニはたび重なる衝撃のために頭が沸騰しそうな思いであった。
いったい何を原料にしているのかは知らないが、もしその材料が量産可能なものであるとするならば、ワラキア大公は黄金の鉱脈を掘り当てたに等しい。
一個の商人としてこれほどの取引相手と巡り合う機会はもう一生ないかもしれなかった。
 

「いかがですかな?ジョバンニ殿のお眼鏡にはかないましたでしょうか?」
「これほどの宝を見せられて尻尾を巻くくらいなら商人なぞやめちまえ!というところですな」
 

ヴラドが腹に何を隠しているか知らない。
しかしたとえそれがなんであろうともこの取引を他人に譲るつもりはジョバンニにはなかった。
十人委員会の中では若僧扱いされる自分だが、ワラキアとのパイプを確保することが出来ればもはや誰もジョバンニを小僧扱いすることなどできなくなるだろう。
はたしてフランチェスコもここまでヴラドが非常識な存在であると予想できたかどうか。
 

「我々はよい友人になれそうですな?」
 

再び差し出されたヴラドの右手をジョバンニは固く握りしめた。
なんとはなしにそれがヴェネツィアの使者にではなくジョバンニ個人に対して差し出されたことを理解している自分がいた。
 

――――――おもしろい。
 

「誓ってよい友人となる資格のあることを証明してみせましょう」
 

これはヴラドに対するジョバンニのメッセージである。
経済的にしろ政治的にしろヴェネツィアに対するヴラドの要求を何としても自分が通してみせると言っているのだ。
十人委員会を説得するだけの材料はすでに十分もらっていた。
 

「―――――ありがたい。では我が友ジョバンニにだけ、特別にワラキアの誇る最高傑作を贈りましょう」
 

ヴラドの手が振られた。
侍従が手押し車に乗せて木彫りの丸い置物を運んでくる。
それが何であるのか、置物の丸い細工の上に置かれた見慣れた磁石を覗いたとき、ジョバンニはその正体を洞察した。
 

「で、殿下!まさかこれは…………!?」
 

 

後に人類史における三大発明と呼ばれるものがある。
火薬、活版印刷、そしてもうひとつ―――原始的な機構だけは11世紀前から存在していたそれを――――――。
 

「お察しのとおり、――――――羅針盤です」
 




「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く