彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第十二話 内政編その2

ワラキアに残された時間はあまりにも少ない。
やるべきことが山積しすぎていて目まぐるしく忙しい日々が続いていた。
今は故郷に帰ったばかりということで大目に見てもらっているが、落ちつけてくれば再びオスマンは貢納金を要求してくるだろう。
対ハンガリー戦に備えて軍備を拡充し、インフラを整備しようとするなかで多額の予算をオスマンに献上しなくてはならないのはあまりに痛い。
幸いなことにキリスト教世界の英雄、フニャディ・ヤーノシュを敗走させたことにスルタンムラト2世はいたくご満悦で3年間の貢納金免除のほかに莫大な褒賞金まで下賜してくれていた。
ゆえに、3年の猶予の間に揺るぎない国家経済を構築することが何より急務なのだ。
 

「殿下、ボッシュ伯が参りました」
「通してくれ」
 

ボッシュ伯はワラキア南部ジムニチャに領地を有する中堅貴族である。
ベルドにとっては母の従兄弟にあたるらしく、先頃の戦いではいち早く俺につき従ってくれた数少ない味方貴族の一人でもあった。
 

「殿下におかれてはご機嫌うるわしく…………」
「遠路よくきてくれたな、ボッシュ」
「とんでもございません。殿下の命とあらばいつなりと」
 

そう言ってボッシュ伯は深々と腰を折った。
赤毛に大きな鷲鼻という押しの強そうな顔をしているが、性格は謹厳実直を絵に描いたような人物である。
まじめ一辺倒で会話にも面白みはなく融通がきくとはお世辞にも言えないが、いざというときに頼りになる男はこんな男なのかもしれない、と思う。
同時に正義感の厚い男でもあり、今回任せようとしている任務にはうってつけの男だった。
 

「話はほかでもない。卿に国内の治安と国民の戸籍の編纂を任せたいのだ。今後は内務卿を名乗るがよい」
 

国内を裏から統制するのは情報卿のシエナに任せておけばよい。
しかし表の世界で警察権を行使する立場の人間としては、ボッシュのように嫌と言うほど正論を吐くような人間がトップに立つべきだった。
彼ならば地味な作業にも何一つ不平を言わずただ淡々と国民のためにつくすだろう。
それに先代ヴラド・ドラクル以来野放しになっている農民の逃散や流入の調査は喫緊の課題であった。
人口は何よりもわかりやすい国力の目安のひとつである。
戦で無主となった土地を分け与えるとともに、納税するべき農民の実数を国家が把握することは今後の国内改革の基盤として絶対に必要なのだった。
 

「身に余る光栄でございます」
「今なら無主の土地を無償で国家が与えることを布告せよ。農民の次男三男ならば一家を興すのにまたとない機会だろう。農具についても公国が負担するとな」
「よろしいので?」
「いずれ十分お釣りがくるから問題ない」
 

残念なことだが布告の効力は貴族の所領までには及ばない。
しかし結果的に公室直轄地が人口の増加と耕作地の増大によって繁栄すれば彼らも追随せざるをえなくなるだろう。
いずれにしろこのまま耕作地が荒れるに任せていては公国に未来はないのだ。
 

「それと輪栽の農地を出来る限り春までに広げて欲しい。この普及がワラキアの未来のカギを握っているといっても過言じゃない」
「――――――輪栽………でございますか?」
 

耳慣れぬ言葉にボッシュは軽く首を傾げた。
いまだワラキアを含めた世界各国は原始的な二圃制(畑を二分割して片方を地味回復のために休耕する農法)に甘んじている。
これに対し地力を回復させる牧草を栽培することによって休耕させることなく畑を耕作し、かつ牛や馬などの家畜を飼育可能にしたのが18世紀イギリスを中心に欧州で爆発的に広まった輪栽式農法であった。
小麦~カブ・テンサイ~大麦~クローバーの四輪作が一般的であり、飼料の生産の目処がたったことで冬季の家畜飼育が可能となり、農業生産力が飛躍的に高まったことで農業革命などとも言われる。
せっかくの耕地を無駄にしておく手はない。
というよりそんな余裕はワラキアにはない。
それでなくとも輪栽による根葉類の増産はワラキアにとって短期的な外貨獲得の切り札でもあるのだ。
 

「本当にそのようなことが可能なのですか………?」
 

さすがのボッシュ伯もそう問い返さずにはいられなかった。
本来ボッシュ伯の信条としては臣下が大公の言葉を疑うことなどあってはならないことだ。
しかしヴラドの言った言葉はあまりにボッシュの常識から逸脱していた。
もしヴラドの言うことが事実であるとすれば長年の戦火で荒れ果てたワラキアが転じて豊穣の国となるのもそう遠い日の話ではないだろう。
 

「まずは公室の直轄地だけでいいぞ?余の言葉を信じられなければ、だが」
 

不敵に微笑むヴラドの表情を見て、慌ててボッシュは自分が想像以上に取り乱していたことを知った。
主君に対してその発言の真偽を疑うなど、臣下としてあるまじき発言であった。
 

「さ、さようなことは決してございません!殿下にお仕えできたこと、生涯の喜びといたします!」
 

貧しい領民たちがたくさんの食料を笑顔で収穫している姿が思い浮かんでボッシュは思わず顔をほころばせた。
本当にくそまじめな男だな。彼に頼む要件はこれで終わりではないのだが…………。
それでも面従腹背のくされ貴族を相手にしてきたせいか、ボッシュの態度は好感を抱きこそすれ何ら気分を悪くするものではない清々しいものだった。
 

「それと………戸籍が完成した村から種痘を開始する」
 

再度なぜ、と問いかけたくなるのをボッシュはかろうじて自制した。
ボッシュの知る種痘は西アジアを中心に広まったもので、天然痘の患者の膿を健常者に摂取させることによって人工的に天然痘に感染させその抵抗力を得るというものだ。
欧州では天然痘に対する忌避感からかあまり広まらなかったが、一部ではこの予防法を取り入れる王家なども存在した。
ブルボン王朝最後の王妃となったマリーアントワネットの実家であるハプスブルグ家では一家そろってこの種痘を受けていたために、ルイ15世が天然痘に罹ったときもマリーは全く平然としていたという。
ただ問題はこの種痘が必ずしも安全なものとはいえなかったことである。
人痘の摂取は往々にして抵抗力をつけるまえに摂取者を死にいたらしめるケースがあったのだ。
 

「…………そう心配そうな顔をするな」
 

ボッシュの悩みの内容が手に取るようにわかるだけに俺はますます彼の人間性に対する信頼を深めた。
特にこの人痘の摂取は軽度とはいえ天然痘に感染するため体力のない子供や老人、または栄養状態の悪い庶民が犠牲になることが多かった。
ハプスブルグ家のような王室がこの種痘を実施できたのは栄養や衛生の環境が整っていたからである。
無理に種痘を実施したならば下手をすると罪もない子供たちが空恐ろしい規模で天に召されることになりかねなかった。
 

「人ではなく牛の膿で種痘をすればまず死ぬことはない。それでこのワラキアから天然痘は根絶できるだろう」
 

今度こそボッシュは己の耳を疑った。
元現代人である俺にとってこそなんということはない知識だが、牛痘法がエドワード・ジェンナーによって確立されたのは18世紀も末期になってからの話である。
世界ではじめてワクチンという言葉が使われたのもこの牛痘法が端緒となっている。
それまで人類は細々とした人痘のほか天然痘に対しまったく無防備な身体をさらしてきたのであった。
もしヴラドの言っていることが事実だとすれば、いや、もちろん事実なのであろうが……それは人類史上における金字塔にも等しい話なのである。
かつて古代ローマで三百五十万人という空前の死者を出し、いまなお大量の人命を奪い続けているこの病が予防可能だとすれば、いったいどれほどの命が救われるか見当もつかない。
天然痘で死んだ祖母のことがボッシュの脳裏をよぎった。
優しく凛々しく厳しくもあった祖母は、ある日天然痘を発症するや離れに隔離されその後一切会うことを許されなかった。
しかも死んでしまった後も離れごと焼却されて、祖母の思い出は根こそぎ灰燼のなかに消し去られた。
天然痘の感染力は凄まじく、ほんの一欠けらの瘡蓋ですら一年以上は感染力が持続するのだ、と寂しそうな父に教えられたのはそれからしばらくしてのことだった。
 

…………自分は今歴史的瞬間に立ち会っているのかもしれない。
この年若い主君はワラキアばかりか戦乱渦巻くこの悪しき世界に平和をもたらす使命をおびて生まれてきたのかもしれない。
そんな埒もないことを考えてしまうほどにヴラドの発言はボッシュの常識を完全に打ち砕くものであった。
その主君に仕えることができたばかりか、閣僚にまで引き上げてもらえたことにボッシュは誇らしさと感動で胸がいっぱいであった。
 

 

「殿下がこのワラキアにお生まれになったことこそが神の天祐でございます。我が命に代えても殿下の御意のままに!」
「うむ、期待している」
 

 

ボッシュの誠実な人柄は戸籍編纂や種痘には心強い味方となる。
最初は誰でも新しい政策には恐怖を覚えるものだ。
特に為政者によって痛めつけられ続けてきた民衆にとってはなおのことである。
しかしワラキアにとってこれは長期的な発展のためも避けては通ることのできない道筋である。
さらにそれだけではなく、ワラキア国内における種痘の成功は欧州全土に対する有力な政治的カードになるだろう。
天然痘によって死亡した君主は何もルイ15世に限ったことではない。
いずこの国の君主でも出来うることなら天然痘の恐怖から解放されたいと思っているに違いないのだから。
 

 

 

 

 

「殿下…………」
「うおわっっ!!」
 

おのれシエナめ、相変わらず気配を感じさせぬ奴!
ボッシュが出て行ったあとですっかり油断していたらいつのまにか執務室の中にシエナが入りこんでいた。
いったい警護のものは何をしてやがった?
 

「――――お忘れかもしれませんが殿下の警護や秘書の身元調査を行ったのは私です。当然彼らの癖も弱みも知り尽くしております」
「なにそれ怖い!」
 

こんな身近に俺の生殺与奪を握っている奴がいたよ。
これで本当に大丈夫か俺??
 

「ご命令にありましたとおりジプシーの長老とわたりをつけることができました。保護と引き換えに協力は惜しまぬと」
「そうか!なら早々に保護の布告を出さんとな!」
 

14世紀になってバルカン半島でも多くみられるようになったジプシーは謎の多い移動民族であり、エジプシャンがなまってそう呼ばれるようになったと言われている。
特殊な技芸を持つが特定の主君を持たない彼らは各国の君主にとってはなかなかに煙たい存在であった。
君主の意向を汲んでか、彼らは略奪や暴行の対象となり様々な差別と迫害を受け続けていた。
にもかかわらず彼らは漂泊をやめようとはしない。
定住しその土地の君主を推戴すれば安全が約束されるというのにである。
彼らの移動の理由は21世紀になってもなお多くの謎を遺したままであるとされている。
 

俺が欲したのは彼らのボーダーレスなその情報網である。
どこにいっても迫害を受けながら身を守る保障もない彼らはともに情報を取り合うことで、少しでもそのリスクを軽減しようとしていた。
そのネットワークの大きさは今後のワラキアの世界戦略にとっても非常に重要なウェイトを占めていた。
残念ながらシエナの組織するワラキア情報部も非常に有能な組織なのだが、こうした多国間規模にまで情報の触手をのばすほどに大きい組織ではないのだ。
それに音楽や芸能に長けた彼らのもたらす情報は時として専門の諜報機関を上回る場合がある。
だからこそ日本においても聖徳太子の時代から存在した忍者ではなく、平清盛は京の都に禿を放ったし、室町幕府の6代将軍足利義教は踊り念仏の時宗を保護してその組織を利用した。
 

「長老の話ではハンガリーでヤーノシュに敵対する貴族の粛清が行われたとか」
 

さっそくワラキア戦の政治的反動が出始めているな。
そうなると予想より早い段階で軍事的勝利を得るための出兵があるかもしれん…………。
その行先が上部ハンガリーかワラキアかは五分と五分……かな。
 

 

「――――――そういえばワラキア大公は男色家であると各国でもっぱらの噂だそうで」
「いったいなんだその噂は!?」
 

彼女もいないうちから男色の噂をたてられるとかっ!
泣くぞ!マジで!
 

「殿下がいつまでたっても側室の一人もおかないからです。なんなら女娼でも男娼でもジプシーのえりすぐりを差し出すと言っておられましたが?」
「大きなお世話だ!っていうか男娼とかお前も否定しろ!こんちくしょー!」
「あと2年もすれば噂は真実だと言われるでしょうね」
「のおおおおおおおおおおお!」
 

 

側室の問題は彼女いない歴22年+αの俺には敷居が高すぎる!
決して俺がヘタレだからじゃない………はずだ!
 

 


「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く