彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第三話 覚醒編その2

翌朝、すこやかな俺の睡眠時間は突然に激痛によって破られた。


 



メリメリメリメリ…………!


 



「あいだだだだだだだだだっっ!!」


 



閉じていた目を無理やりこじ開けられたあげく、今度は無造作に口に手を突っ込まれ舌を引き出される。


これは何かの拷問か?


 



「ふむ、どうやら後遺症は心配なさそうですな」


 



てめぇ!本当に瞳孔と舌を見て転落の後遺症がわかるのか?少なくとも俺は聞いたことねえぞ!?


 



涙目で睨みつける俺をこともあろうにフン、と鼻で嗤って男はラドゥの頭を優しく撫でつけた。


 



「もう心配はいらないでしょう。御心やすらかになさいませ、ラドゥ様」


「ありがとうございます!先生!」


 



こいつ………俺とラドゥじゃ随分と態度が違うじゃねえか!


俺には一瞥もせずに悠々と退出する大男を剣呑な目で睨みつけているとラドゥが呆れたように小動物のような仕草で肩をすくめて見せた。


 



「兄様も先生にお礼を言ってください。寝ていてわからなかったでしょうが、昨夜つきっきりで看病しててくれたんですよ!?」


「そ、そうか………そりゃ悪いことをしたな………」


 



何故か奴が気に食わんのは変わらんが。


 



「本当に兄様はどうして先生と仲が悪いんですかね?あんなに優しいのに…………」


 



すまんが奴が優しいということに犯罪的な匂いを感じてしまうのは気のせいか?


奴の対応は同じワラキア公国の公子にもかかわらず明らかに私的な差別を感じずにはいられなかったぞ?


というか奴が俺達の家庭教師とか何の拷問だよ!


 



「でも…………もう………大丈夫ですね…………」


 



前世からの仇のようにメムノンに憤慨している俺を見てホッとラドゥがため息をついた。


そんな弟の様子に俺はようやくラドゥの瞳が赤く充血していることに気づく。


迂闊だった。


目の前で兄に自殺されかけた弟が、意識を失った兄を放っておけるはずがないではないか。


ヴラドほどに聡明ではないだろうが、ラドゥもどれほどヴラドが絶望し悲憤慷慨していたか薄々は気づいていただろう。


昨夜はきっと俺がまだ自殺したりしないか、急に病状が悪化したりしないか気が気ではなかったに違いない。


 



「ああ、もう大丈夫だ」


 



いったい何に対してかはわからないが無意識のうちにそう俺は答えていた。


その言葉を合図にしていたようにグラリとラドゥの身体が傾き、薄ぼんやりとした表情で俺の胸に倒れかかってきて眠そうな目を擦る。


張り詰めていた緊張の糸が切れて眠気を身体が思い出したのだ。


 



「起きるまで傍に…………いてくださいね?」


 



あっという間にスヤスヤと寝息を立て始めたラドゥに俺は苦笑しながらその小さな身体を寝台に乗せた。


 



「そんなにがっちり袖を握られたら離れようにも離れられないだろ………」


 



 



約2時間後


やばいやばいやばい!


ラドゥさんそろそろ起きてくださらないかしら。今とっても人間の尊厳的なピンチを迎えているのですけど。


具体的には膀胱の限界的な意味で――――――。


 



「お願いだから離してええええええええ!!」


 



漏れちゃう……漏れちゃうからああああっ!精神年齢22歳にしてその羞恥プレイは何かに目覚めちゃうからあああああああああああ!!


 



 



 



 



 



 



「―――――本当にいったい何が大丈夫なんだか」


 



積み上がった難問の数々に重いため息ばかりが漏れるのを俺は止めることが出来ずにいた。


考えれば考えるほどに現在のこの状況は詰んでいる。


 



「ちゃんと人の話を聞きなさい」


 



ゴメス!


 



「うごごごごごご………割れる……頭が割れるううううう」


「兄様、せっかくメムノン先生が講義してくださっているのに失礼ですよ?」


「ラ、ラドゥよお前もか………」


 



基本真面目っ子だからな、ラドゥは。


拳骨を脳天に食らってのたうちまわって見せるのも半ばは現実逃避に近いものである。


それほどに状況は悪い。――――というか最悪だ。


 



今のところ親父はワラキアで小部隊を指揮しそれなりの戦果をあげてはいるらしい。


しかしワラキア公国程度の国力ではオスマンの兵をいくらか殺すことはできても土地を占領し、さらにそこを維持していくことなど夢のまた夢にすぎない。


すなわち、戦いが続くほどに味方の兵と資金は失われ、それを補充する見通しもたたないというわけである。


逆にオスマン帝国には巨大な国土と支配下の属国から上納される莫大な資金源がある。


ワラキア公国にできるのはジワジワと衰弱死するのをわずかながら遅らせることだけにすぎないのであった。


史実どおりであれば2年後の1447年、親父ドラクル2世と長男ミルチャは味方の貴族に裏切られ暗殺されてしまう。


彼の暗殺はハンガリー王フニャディ・ヤーノシュが企んだ陰謀であるという説もあるが定かではない。


結局のところ自国の貴族に負担をかけるばかりで、将来的な希望すら提示できなかった親父が悪いのだ。


じり貧で被害が拡大していくのに一方的に忠誠を維持しようというほうがおかしいのだから。


 



(2年後………ムラト2世は親父の後釜に俺を据えようとする………)


 



オスマンとハンガリーの間に横たわる緩衝地帯がおめおめとオスマンの軍門に下るのをハンガリー王ヤーノシュが見過ごすはずもない。


オーストリアに野心のあるヤーノシュとしてはワラキアとオスマンは適度に敵対関係にあってくれることが望ましいのだ。


当然自分の息のかかったヴラディスラフをかつぎあげ俺に敵対してくるのは自明の理であった。


まずはここで敗北しないことがフラグ回避への第一歩となるだろうか。


 



(…………ああ…………気が重い…………)


 



キリキリと痛み始める胃を片手で抑えて俺は苦笑する。


14歳で胃痛持ちとか本気で笑えない。


国力において圧倒的な差があるばかりでなく、ワラキア公国の周りは敵ばかりだ。


かろうじて隣国のモルダヴィア公国とは良い関係を築いているが北方のトランシルヴァニアの領主を兼ねるハンガリー王はワラキアを属国化する気満々である。


遠方にはオスマンに対抗できそうな強国フランスもいるのだが、いかんせん彼の国は現在イングランドと百年戦争の真っ最中であった。


つまり頼るべき盟友が期待できない。


独力でオスマン朝にワラキア公国程度の小国が立ち向かうとか、第二次世界大戦で日本がアメリカと戦うよりも遥かに無理ゲーに近い話だった。


 



(…………ったく、いったいどうしたもんかねえ…………)


 



ドビシイイイイイイ!


 



「んのおおおおおおおおおっ!!」


 



目が!目が!今、鞭の先っぽがビシッ!って目に!ぐああっ!いでえええええええ!しみしみしみりゅううううう!


 



「本当にいつまでたっても懲りることを知らない人だ…………」


 



懲りるとか懲りないとかそういう問題じゃねえだろ!しかも今明らかに嬉しそうに笑ってやがりましたよね??


ふふふ…と不敵に笑って再び講義を始めるメムノンと心配そうに見つめるラドゥの手前、必死のやせ我慢で俺は右目の激痛から意識をそらした。


いつかきっと後悔させてやるからな!


 



 



 



 



 



その場面に出くわしたのはまったくの偶然であった。


幼いころにありがちな幸せな昼寝タイムに移行していたラドゥを残して俺は宮殿内を考え事をしながら散策していた。


歩きながらのほうが脳の活動が活発になると昔、高校時代に聞いて以来の俺の癖だった。


もっとも、人間は実は脳を10%しか使っていないとかいう根拠のない都市伝説の類なのかもしれないけれど。


 



「我らが神の尖兵に逆らう愚か者よ!報いを受けよ!」


「やりたければやるがいい。そんなことでワラキアの誇りは揺るぎはせぬ」


 



………どうやら馬鹿親父のせいで国境沿いからワラキアの騎士が囚われてきているらしい。


騎士を嬲っているのはオプタとかいうイェニチェリ軍団の百人長だった気がするが………確か金に意地汚いことで有名であったはずだ。


せめてはいつくばって慈悲を乞えば自尊心を満足させられたのだろうが、一向に萎えることを知らない凛とした騎士の佇まいにいらだちが募っている様子であった。


 



「異教徒め!自らの非を悔いひざまづいて許しを乞うのなら息子の命だけは助けてやらんこともないのだぞ?」


「騎士の忠誠は家族よりも崇高なものだ。そんなことすらわからんか」


 



一言の下に息子の命をも斬って捨てた騎士の姿にオプタはおもしろくもなさそうに鼻白んで見せた。


 



「まったく薄情な父親じゃないか?ええっ?」


 



オプタの傍らに座らされているのは精々12歳ほどの少年だった。


赤みがかった収まりの悪い金髪に鳶色の瞳のかしこそうな少年だが、それほど美形というわけでもないから寵童として売り出されずに済んだのだろう。


目に涙をためつつも必死にオプタを睨みつける迫力はさすがに親子というべきかもしれなかった。


 



―――――この時代の命は軽い。


それは知識ばかりでなく実地の体験として身に浸みて理解させられていた。


ラドゥは幼いということで同行させられなかったが、先日俺は処刑の現場の見学を強制されている。


およそ数十人の人間が斬刑や火刑に処せられるのを見て、さすがに数度に渡って嘔吐したが、それでも現場を離れることは許されなかった。


上に立つ人間として人の生死に責任を持たせるつもりなのだろうが、現代では幼児虐待としか言いようがないぞ。


 



 



そのときほんの偶然、少年と俺の目と目があった。


別に少年は俺に対し助けてくれと言ったわけではないが、それでも無念の思いだけはその目を見れば理解するには十分だった。


おそらく親父がオスマンと事を構えるまでは小さな領地ながら家族と平和に暮らしていたのだろう。


それが突如大国オスマンと戦うとなれば、寄る辺のない国境沿いの小領主などは真っ先に蹂躙される対象となる。


彼らがいかに奮戦しようと、彼らがどれだけ善良な民であろうとそんなことに関係なく破滅は訪れ、それを救う力は親父にはない。


なんという理不尽


しかしその理不尽がまかり通ってしまうのがこの15世紀という時代であった。


臍の奥で埋み火にようにくすぶり続けてきたヴラドの残滓が再び急速に熱を帯びていくのを俺は自覚した。


 



力が欲しい


チカラが欲しい


理不尽に負けないだけの力が


他人に人生を左右されないだけの力が


神は決してそれを人間に与えてはくれないけれど


 



―――――――ああ、そうだなヴラド。どれだけ祈ろうと神が地を這う者どもを救うことはない。


 



何十万の人々の祈りも何十万の人々の死も決して神を動かす理由にはなりえない。


この世界を動かすために必要な力は畢竟人間の力にほかならないのだから。


 



「オプタ様、お取り込みのところ失礼をいたします」


 



ならば始めよう。


この一歩を踏み出さないかぎり俺が歴史を変えられるはずもないのだ。


 



 



人質として宮廷に保護されているワラキア公国の公子の登場にオプタは新たな獲物が現れたと密かにほくそえんだ。


いささかサディスティックな性癖のある彼にとって騎士とその息子は虐め甲斐のある獲物ではなかった。


 



「ほう、これはこれは公子殿。お国の騎士の処刑に立ち会いたいとは見上げた忠誠心ですな」


「まあ父の愚行にはお詫び申し上げるしか術がございませんが……今日お声をかけさせていただいたのは別の件でございます」


 



なんとか俺の言葉尻を捕えていたぶりたいという表情が見え見えのオプタに内心辟易しつつ俺は丁重に頭をさげた。


 



「公子殿が私のような戦人になんの御用で?」


「実はメムノン先生から従騎士によさそうな少年がいたようだとお話をいただきまして、おそらくその少年ではないかと思うのですが」


「―――――メムノン殿の」


 



舌うちしたい思いをこらえてオプタは少年を見た。


なるほどワラキア公子に従騎士として伴をさせるには格好の人材かもしれない。


スルタンとも親交のある医師にして科学者、哲学者でもあるメムノンを敵に回すのは彼としても得策ではないのは明らかだった。


この時代の医師は単純に医者というよりはむしろ賢者として為政者のブレーンである場合がよくある。


メムノンも宮廷ではそれなりに顔のきく重要人物であるのだ。


そうとなればあまり無理もできない。


忌々しいがここは父親だけで満足しておくしかなさそうだった。


 



「ならば構いはしませぬが……公子に仕えるということはこのオスマンに仕えるということ。そのことをわきまえてもらわなくては困りますぞ?」


「肝に命じて――――――我が責任において教育いたしましょう」


 



言質をとって満足したのかオプタは再び騎士に向かっていやらしげな笑みを浮かべた。


 



「貴様も主君のご子息に看取られるなら本望であろう?さあ公子殿ごろうじろ?これが我がオスマンに逆らうものの末路にござる!」


 



どうあっても俺と息子の見ている前で処刑しなくては気が済まぬらしい。


丸太のように太い腕が振りかぶられ、陽光に反射して円月刀が眩い閃光を放った。


ほんのわずかに騎士が俺に向かって頭を下げた気がした。


それも俺が罪悪感から生みだした幻想であったかもしれないが、子を持つ親としての最後の真心を受け取った気がして俺は痛いほどに唇を噛みしめた。


 



 



―――――まだだ。まだ俺には力が足りない。


ゴトリと無造作に騎士の頭が地に落ちて主をなくした首から真っ赤な鮮血が噴き上がった。


 



我が民が


忠実なる部下が


最後まで神を信じた敬虔な信徒が――――――。


 



ああ、神よ!


弱きものにこそ救いが必要なのではなかったか?


信仰の厚いものにこそ福音は与えられるべきではなかったか?


真っ黒い狂熱が腹の中で暴れ狂うかのようだ。


 



 



もの言わぬ骸と化した騎士に向かって俺は頭を垂れる自由すら与えられていない。


―――――我慢しろ、かつてブラドであったものよ。


俺もこのままで終わらせるつもりは毛頭ないのだから!


 



「顔色が悪いですぞ?公子!」


 



ニヤニヤと俺の顔色を窺うオプタに俺はともすれば殴りかかりたい衝動を抑えつけるの必死であった。


脳が沸騰して灼けそうな感覚にひきつった笑みを浮かべることにすら多大な意思力を必要とした。


 



「面目ないですが、どうやら暑気にあたったようで」


 



弱者には何も主張する権利などない。


現代日本ならばいざ知らず、ここは暴力と狂信の支配する15世紀の修羅場いほかならないのだ。


ならばどうする?


よろしい、今度はこちらが強者として蹂躙してやるまでのこと。


爪が食い込むほどに固く少年の肩を握りしめて自制を促すとともに、震える声で俺は少年に問いかけた。


 



「私はヴラド・ドラクリヤ……ワラキア公国第二公位継承者である……君の名を聞こうか?」


 



目と目があった瞬間に俺の意を察したのか、少年は全身にみなぎらせていた敵意を解いた。


それでも瞳に宿る激甚の恨みまでは消せない。


ただ、戦うべき時は今ではないのだ、と、少年なりに折り合いをつけるまでに数瞬の時間が必要であった。


 



「………私の名はベルド・アリギエーリでございます。公子殿下」


 



「ついてこい、今日からオレがお前の主人だ」


 



「………………はい」


 



わずかな逡巡の後、ベルドは力強く頷いた。


名誉を重んずる騎士や貴族にとってオスマンの庇護下で生きることは死ぬことよりずっと難しい。


この宮廷でオレとともに生きていくということは、父の仇にひれ伏し慈悲を乞うて生きることに他ならないからだ。


いっそオプタに斬りかかって斬殺されるほうがベルドにとってよほど楽な生き方であったろう。


しかしベルドはオプタたちに対する復讐を諦めていなかったし、ヴラドが決して安易な諦念を受け入れようとはしていないことを理解していた。


理解した以上、生き続けることがベルドにとっての責務だった。


 



「今日は公子様はよい経験をなされた。これを機によりスルタン様に対する忠誠をお尽くしあるよう」


「…………ご忠言、かたじけなく」


 



ベルドの目から屈辱で涙が溢れそうになるのを俺は目で制する。


オスマン朝に仕えるものにとって今の俺たちは体のいい見世物であった。


言葉にこそ出さないが、異教徒め、泣け、わめけ、のたうちまわって絶望しろ、と兵士たちは明白な悪意をもって嘲笑していた。


そんな下種な期待にこたえる気は毛頭ない。


 



 



―――――今はまだ駄目だ。


だからそんな苦しそうに悶えないでくれ。


いつかきっとこの借りを返す。


この身はすでにヴラド・ドラクリヤそのものなのだから。


 






「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く