学年で1番怖いと噂のヤンキー娘が隣の席になって学園生活終了と思ったけど、実は超良い子でおまけに金髪・碧眼・巨乳の三拍子が揃った美少女だった

三葉空

30 内緒のトレーニング♡

「んっ……あっ……」

息を切らす遥花の声が口の端から漏れる。

「大丈夫、遥花?」

「う、うん……ちょっとキツいけど……あっ!……幸雄が優しく声を掛けてくれるから……頑張れるの……んあッ!」

「遥花、無理しなくて良いよ」

「大丈夫……幸雄、ごめん。もうちょっと、強くしてもらっても良いかな?」

「分かった……こう?」

「うん、ギュッとして……んああぁッ! はぁはぁ……あと少しで……」

額に汗を浮かべた遥花は歯を食いしばり、最後の時を迎える。

「んあああああああああああああああああああああぁん!」

そして、バタッと仰向けに畳に倒れた。

「はぁはぁ……」

「遥花、大丈夫?」

僕は彼女の足を抱えながら言う。

「……ごめん、ちょっと休ませて」

「けど、どうしてまた筋トレなんて始めたの?」

僕は寝ころんで呼吸を整えている遥花に言った。

「だって、もっとシェイプアップしたいし」

「前にもダイエットするとか言ったけど、遥花は今のままで十分だからね」

「そうだけど……でも、やっぱり憧れちゃうの。割れた腹筋とか」

「え、シックスパック?」

「そんなバキバキに割らないわよ。ちょっと筋が入っている的な?」

「ああ、なるほど」

ちなみに、今の遥花はTシャツに半ズボンというラフな部屋着だ。

彼女の呼吸に合わせて、大きな胸が大きく上下している。

「安心して、ちゃんと胸は大きいままを維持するから」

「あ、うん。けど、最近また大きくなりすぎているから、ちょっとダイエットしても良いかも」

「おっぱい星人の幸雄が珍しい」

「それ言うのやめて」

僕は苦笑する。

「けど、幸雄は細マッチョよね」

「そうかな? まあ、鍛えているし」

「割れた腹筋とか素敵よ。いつもエッチの時に興奮しちゃうもの」

「うん。けど、あまり舐めないで欲しいかな」

「何でよぅ~」

遥花は口の先を尖らせる。

「で、もうやめるの?」

「ううん、まだする」

遥花は体を起こした。

「腹筋の次は腕立て伏せよ。胸回りの筋肉を鍛えて、しっかりおっぱいを維持するから」

「確かにこの大きな胸を支えるには、それなりの筋肉が必要だろうね」

「うん、ちゃんと鍛えれば肩こりも解消されるだろうし」

そう言いながら、遥花は腕立ての体勢に入る。

「そういえば、スポブラは付けないの?」

「うん。だって、幸雄にアピールしながら楽しく筋トレしたいもん♡」

「不純だなぁ」

「何でよぅ~」

遥花はまた唇を尖らせる。

「行くよ、せーの……んっ、あっ!」

遥花は息を荒げながら腕立てをする。

「苦しそうだね」

「うん、だって……おっぱいが重いんだもん」

確かに、Tシャツの隙間から激しく胸チラしているけど。

重力に引っ張られる遥花のおっぱいが何かすごい。

「幸雄、おっぱい支えて」

「え? それって意味あるの?」

「良いから、ちょっと試してみて」

「わ、分かったよ」

僕は戸惑いながらも、汗を流して腕立てをする遥花のおっぱいに下からそっと触れた。

「んっ……幸雄におっぱい触られた」

「いや、遥花が触ってって言うから」

「そうだけど……はっ……何か、おかしくなっちゃいそう」

「それはこっちのセリフだよ」

しまった。両手が塞がっているから、鼻血が出たとしてもダダ漏れになってしまう。

「遥花、早く終わらせてくれ」

「待って……んぁ! あと、少し……だから」

遥花はプルプルとしながら腕立てをする。

「じゅう……ご……あっ! じゅう……ろく……んぁ!」

ちなみに、目標の回数は20回です。

「じゅう……なな……はッ! じゅう……はち……んん! じゅうく……あはッ!」

「よし、ラストだ! 頑張れ、遥花」

「ゆ、幸雄……おっぱい、ギュッて強く揉んで」

「え? でも……」

「良いから、お願い……」

「わ、分かった」

僕は遥花に言われた通り、ギュッと強くおっぱいを揉んだ。

「にじゅうううううううううううううううううううううぅん!」

遥花は大きく声を響かせながら目標を達成した。

そして、バタリと畳に沈む。

「ハァー……ハァー……」

疲労困憊の遥花を見て、僕は台所の流し台に行ってコップに水を注いだ。

「遥花、飲める?」

「う、うん……ありがとう」

遥花はフラフラの状態で受け取り、ゴクゴクと水を飲む。

疲れているせいか、水がダラダラとこぼれた。

ただし、畳を濡らすことはなく、濡れたのは大きすぎるおっぱいだけだ。

「遥花、大丈夫?」

「ううん、もうダメ……こんな疲れるシェイプアップは嫌だ」

「そうだね。無理は良くないよ」

「うん、だからね。自分に合った方法でやる」

「え?」

遥花は汗だくになったTシャツを脱ぎ捨てた。

まさか……

「ドーン」

案の定、僕は遥花に押し倒される。

「は、遥花さん?」

僕にまたがった遥花はぺろりとする。

「じゃあ、幸雄の引き締まったボディを食べても良いかな?」

「えっと……先にシャワーを浴びた方が良いんじゃない?」

「やだ、待てない♡」

結局、遥花はいつも通りエッチな女の子だった。






          

「学年で1番怖いと噂のヤンキー娘が隣の席になって学園生活終了と思ったけど、実は超良い子でおまけに金髪・碧眼・巨乳の三拍子が揃った美少女だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く