話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

睡眠時無呼吸症候群の悪夢

黒衣

14 経過 

健康は大事らしい。
とは言うものの健康な人ってどれだけいるんだろう?
そんな自分も変わった症状になってるし。
という訳で記録として綴ってゆくことにする。






【睡眠時無呼吸症候群と綿菓子な私】







病院へ行く
経過を知るために…なのにマシントラブルの為、今回のデータは見られないままであった。


まっ歩行訓練にはなったかな?


血圧が下がっていた。
体重も下がっていたようだが…100,0kg。
あらら…


代謝を上げるため、変わったことをしなければ…腹筋ゆるみ過ぎだべ。


身軽にならなければ
少なくとも30,0kgは落とさないと、ライセンスをゲット出来ない。
正直、今から間に合うか分からない。
でも、やっぱりやりたいなりたい。


だから、なにか始めよう。


遅くても…やらないよりはまし。


現状に屈するな
けっして諦めるな


いい言葉だ。
 

「睡眠時無呼吸症候群の悪夢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く