話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

睡眠時無呼吸症候群の悪夢

黒衣

11 奪還【確保】

健康は大事らしい。
とは言うものの健康な人ってどれだけいるんだろう?
そんな自分も変わった症状になってるし。
という訳で記録として綴ってゆくことにする。






【睡眠時無呼吸症候群と綿菓子な私】







高橋洋子氏の【おかえり】は子育て応援ソングに認定されたらいいのにな~


【免許】


ついにこの日が来た~
奪還したぞ~


おかえりおかえり
わたしの免許






睡眠時無呼吸症の症状が軽くなったと認められた~わ~いわ~い




これで【キャノンボール】に出れます。→冗談です。




これで怖くないぞ~職務質問【なに?】


もう誰にも渡さないぜ


あとはフォルクスワーゲン


タイプ1かタイプ2のオーナーになれるように積み立てするか?


あ~嬉しい。






警察署前からお送りしました。


今回はここまで





「睡眠時無呼吸症候群の悪夢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く