話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

睡眠時無呼吸症候群の悪夢

黒衣

7 スリープメイトガーディアンズ

健康は大事らしい。
とは言うものの健康な人ってどれだけいるんだろう?
そんな自分も変わった症状になってるし。
という訳で記録として綴ってゆくことにする。






【睡眠時無呼吸症候群と綿菓子な私】







眠りに墜ちてゆきたい
夜が来るたびにスリープメイトのお世話になる




病院のベッドの上で酸素を入れるみたいな
チューブを鼻につけてスイッチオン


ダバ~と空気がやってきて
少しあせるが
最初の頃のプチパニックにくらべたらだいぶまし




この気持ち、健全な者には分かるまい


いや分かるまい分かるまい


体重と脂肪を減らせ
せがさた~ん



「睡眠時無呼吸症候群の悪夢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く