話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

睡眠時無呼吸症候群の悪夢

黒衣

2 睡眠時無呼吸症候群なんて

【睡眠時無呼吸症候群と綿菓子な私】


そもそも、何が原因なんですか?医師殿。


脳が原因…ではない。


呼吸器のあたりに空気が入っていかないの?


このマシーンを眠る間中に身につけるしなければ、睡眠の質が良くならない?


というか、最初の頃はやばかったな~【プチパニック障害みたいになりかけた。】←今はマシーンに慣れて安らかな眠りを【永久の眠りといかないのは残念】




車に引かれて入院して退院したあとに感じた感覚に似ている。あの感覚はやばい。パニック障害にだけはなりたくない。


話が横道に入ってしまったが、当初よりはだいぶ楽にはなっているはず。


一時は横になった途端に睡魔にさらわれて気絶みたいに眠りに落ちた。








しかし
眠りに落ちても、体のだるさはとれない。とにかく目覚めた時には、疲れている状態。人の話も上の空で理解し難い。そんな状態だった。


体重を減らすこともしなければ呼吸がしにくくなるのだと注意された。


同じ病の方は、どうしてるんだろうね~?





「睡眠時無呼吸症候群の悪夢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く