話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

睡眠時無呼吸症候群の悪夢

黒衣

3 眠る羊

【睡眠時無呼吸症】


眠るなら安らかに眠りたい。


しかし、今はそんな感じはしない。


まだ完全復活はしていない。


それは奈良の大仏を見ようと、秋田のなまはげを見ようと、大船観音を見ようと、鎌倉の大仏を見ようと、川崎大師行こうと、成田山行こうと、明治神宮行こうと、変わらんのです。




太り過ぎるのも駄目って言ったって、どうすればいいのか?


いや、そんなことより、自分にとっての問題は免停になっていることぞ。




レンタカー借りられないじゃないか~。


【借りたらなんとする?】


野暮なこたあ聞くもんじゃないよ。




駅伝の下見でヘリが忙しいしテレビのスタッフが走っている光景を見ると、どこかへドライブ行きたくなるというもの。


今回は鶴見から川崎辺りから都内に進行したいもんだが。




たぶん無理だろうと思われる。


よくは、なっているのだろうが…果たして


どうなるのだか
しばし時が必要だろう。





「睡眠時無呼吸症候群の悪夢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く