話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

睡眠時無呼吸症候群の悪夢

黒衣

1 なったら怖いセレナーデ病編



【心の叫び】


免許還してポリスメン


【睡眠時無呼吸症候群と綿菓子な私】
朝がやたら眠いと思ったら…【その何十年後】→睡眠時無呼吸症候群であることが判明した。


「ただ、寝るのが遅いからだろう?言い訳がましい。」


→これが当時、自分に向けられた反応であった。


【内心】あんたら刺して永遠の眠りの道連れにしてあげるかな。


口に出せない台詞を呑み込んだ。何も知らないくせに「仮病か?」とか言われたりした。
【人生に悲観したら、あんたらと共倒れしてやる~】
それはさておき。


病気の話、寝るのが遅いんじゃない。眠る間に呼吸が止まっているんだ。


今まで【いびきがうるさい】、【歯ぎしりひどい】、【息止まっている】と言われたり、【寝言がいやらしい~この変態】←これはない。




検査入院でその実態を暴いてもらったら…重症と診断された。


免許の更新行ったら、別室に呼ばれてさ、説明してさ、食ってさ…じゃなく、その後に、行政処分を言い渡された。




なんと【免許停止】


お~マイガ~
投資金額40万円が事実上機能停止状態。


身分証にもなるのに~【いっそ国発行の身分証カード作ってくれ~職務質問対策で】




あ~あ


このつらさ、わかるまい。いや、わかるまい。


誰か~手伝ってくれ~【なにを?】


仕事に使える資格が使えない。とほほである。





「睡眠時無呼吸症候群の悪夢」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く