その漢字どんな風に書く感じ【野菜編】

黒衣

さといも

【その漢字どんな風に書く感じ】


漢字の国なのに苦労してませんか?
言われても書けない漢字、見ても読めない漢字。


これって漢字で書けますか?
しかし、いくらそれを打ち込んでも漢字変換しやしない。単体漢字はなんて読むのじゃ?




何故か、そこの部分に配慮されてるものが少ない。


なければ自分で作ればいい。


そんな訳で自己満足の為に行動を起こします。


【その漢字どんな風に書く感じ】




今回は


【】 さといも


です。


煮っころがしは美味です。




漢字では【里芋】と書くそうです。


【さといも】と打ち込めば一発変換される。














だから


里芋【さといも】でおしまい。


そういえばタロ芋というのがあるらしいが、英字で


【里芋】→【taro】


というものがあるが…。


【里芋】
にっころがしが旨い。




これから、この手の問題を解決したいです。


小さなレジスタンス♪

コメント

コメントを書く

「エッセイ」の人気作品

書籍化作品