君がため

文戸玲

告白

前略 お元気ですか。ご無沙汰しております。ちゃんとご飯食べてる? せめてデリバリーディナーでしっかり栄養取ってよね。栄養カプセルばっかりじゃなくてさ。やっぱり,人間にとって食って大切なものなんだっていまさら痛感しています。

かしこまって手紙なんか書いちゃいました。高校の時の便覧を本棚の奥から出してきて,手紙の書き方を調べたんだよ。こんな時代に葉書とか,年賀状とかあほらしって思っていたけど,手紙で伝えたいこともあるんだってことに三十路にもなって気付くとは。学校で学ぶことってのは意外と大切なものが多いんだなって感じたよ。

本当に,何が大切で何がどうでもよいいことかなんて,死ぬ寸前まで分からないのかもね。
なーんて,たかだか手紙の書き方を改めておさらいしただけで何を言ってんだって感じだよね。

だけど,ボイスメッセージを送ろうとしたんだけど,どうにもうまくしゃべれないし,自分の筆跡を残したいなって思ったりもしたわ
け。




びっくりするかもだけど,私,死んじゃうって。
てかこの手紙が届いたころにはもうこの世にいないかも。
うけるー                                      早々

コメント

コメントを書く

「文学」の人気作品

書籍化作品