TSお姉様が赤面プルプルするのって最高だよね

きつね雨

TSお姉様、鬼になる









「クロは最近どうしてるの?」

「いつも同じです。城で修行してるか、討伐隊と共にするか……最近は討伐隊と同行が多いですかね」

「ふーん、討伐が多いって冒険者は?」

「勿論頑張っているみたいですけど、アートリスと比べると一段劣りますから。軍が強いのも善し悪しです。西部の山岳地帯とか、東部の海岸沿は手が回ってないのが実情ですね。その分軍の練度は上がって、最近は中々ですよ?」

「ふふふ……クロも頑張ってるのね、偉い偉い」

 クロの金髪はツヤツヤで癖っ毛もない。撫で撫でしてると、昔飼ってたゴールデンレトリバーのゴン太を思い出すんだよなー。

 クロくらいの年齢なら撫でられるのを嫌がりそうなものだけど、そんな様子は無くて目を細めてる。ますますゴン太っぽい。

「勇者としてはまだまだです。魔王には敵いそうもないですし……お師匠様と結婚するのはまだ先ですね」

 ゴン太を幻視してホンワカしてたのに、思わず手を引いてしまう。

「クロ……それは断ったでしょう? 私は誰とも結婚しませんから」

「今はそれでいいですよ? 女性の我儘を受け入れるのも男の器ですから。未来は決まっています」

 駄目だ……話が通じない……

「はあ…… 貴方なら王国や貴族から話が来てるでしょう? もう少し周りを見てみなさい」

「確かに幾つか縁談の話は来ていますね。ある伯爵の娘なんて、僕の跡を付けたり、探し回ったり、この前なんていきなり抱き付かれましたから……非常識な娘です、本当に」

 お、ま、え、が言うな!! 鏡を見ろよ! なんでストーカーは自らを省みないんだよ!?

「アートリスに来る前にキッパリと断りましたから、もう大丈夫でしょう。僕にはお師匠様がいますからね」

「……どう断ったの?」

「勿論、心に決めた人がいるとハッキリ言いましたよ?」

 凄く嫌な予感がするんだが!

「まさか……名前とか言ってないよね……?」

「心配しないで下さい。名前だけでは伝わりませんから、お師匠様の大好きなところも全部言いましたよ! 当然です!」

「アホかーーー!!」

 スパーーーーーン!!

「痛い! お師匠様、なんで叩くんですか!?」

「当たり前でしょう!? 私は今から王都に行くのよ!? その人に会ったらどんな顔すれば良いのよ! ……って言うか、私は関係ないし!」

 絶対アレだよね! おーほっほっ!とかの笑い声で、扇子とか口元に当てながら近くに執事とか居る人だよね!?  お嬢様とか言われてさぁ!

「大丈夫です。その辺りは計算済みですから」

「どんな?」

「簡単です。お師匠様の美貌と力を見れば、直ぐに諦めるでしょう」

「この、おバカーーー!」

 スパパーーーーーン!!

「イタタッ!! お師匠様、普通の人なら頭が吹き飛んでますからね!?」

 あ、あかん……絶対フラグ立ってるよ……うぅ、只でさえ面倒なのに……!

 このイケメンショタめ……そんなに嫌なら代わってくれよ! 俺だって可愛い女の子からモテてみたかったのに!

「……お姉様、どうしました?」

「あっ……ごめんね、起こしちゃった?」

 穏やかな陽気と、ゆったりと進む馬車のお陰で、暫く前から寝ていたのだ。可愛い手で目を擦りながら、ターニャちゃんは小さな顔を上げた。うん、その仕草も可愛いよ!

 俺はクロの隣から後ろに戻り、ターニャちゃんの前に座る。お尻あたりにクロの視線を感じたが、頑張って無視する。四つん這いで移動したから、わかるけどさ……男の視線って、本当に分かり易いよなー。

「お姉様、大丈夫ですか?」

「大丈夫よ、起こしてごめんなさい。まだ寝てていいよ?」

 俺のモモをポンポンして、膝枕へ誘導する。さあさあ、天国へどうぞ! ん? クロ、何羨ましいって顔してるんだ! 前を向け!

「……いえ、目が覚めたので……お姉様、宿場町って遠いんですか?」

 うぅ……いつか膝枕して、ターニャちゃんの頭を撫で撫でするんだ! クロが犬なら、ターニャちゃんは猫だね。早く懐いてくれないかなぁ。

「夕方には着くよ? アートリスと王都を結ぶ街道は整備されてるから、安心してね」

「あの……夜営とかは……」

 分かる! 憧れるよね! 森の中でテントを張って、焚火なんかしちゃったりして……スープに干し肉、肩なんて寄せ合ったりしたら最高!
 
「今回はないかな……夜営は見張りがあるし、慣れないと疲れが取れないから。お風呂も入れないし、お手洗いだって大変だから」

そういえば、ターニャちゃんも此方に来てそろそろ約一か月。多少不順だとしても、そろそろあの日が来てもおかしくない……そう! TSイベントで外せない女の子の日! 目を配っておこう、うん。まあ、当事者からすると、笑い事じゃないから遊んだりはしないけどね。宿場町に着いたら話しをしないと。

「ああ、そういえばそうですね……お姉様は普段は一人なんですよね? ギルドのお仕事はどうしてるんですか?」

「私一人なら、幾つもやり方があるからね。大した距離じゃなければ、魔力強化して帰っちゃうし……魔法を使えば、色々と便利なの」

「ターニャさん、それ普通じゃないですから……一人で全てを完結させるのは、お師匠様くらいですからね? 戦闘以外に魔力を使うのは、基本的にしません。いざって時に疲れてますじゃ、意味がないですよね? そんなデタラメを許すのはお師匠様だけです」

「クロ、いちいち茶化さないでよ。前を向きなさい」

「ウラスロさんも言ってましたけど、お姉様ってチー……いえ、凄いんですね」

 いま、チートって言うつもりだったよね!?

「一応頑張って練習したからね」

「練習してどうにかなる段階を軽く超えてますけどね」

 クロ、うるさいよ!

 ん……おや?

 珍しい気配だな……何かの群れか?



 俺は息をする様に魔素感知を行なっているから、直ぐに分かった。街を出たら何時も行っている。因みに一人で冒険に出る事が出来るのは、このお陰でもあるのだ。クロを見ると、まだ気付いてないな。修行が足りないぞ、クロ!

「お姉様?」

 王都への街道は普段から見廻りがされているし、定期的に討伐隊も巡回している。と言うか軍の新人達の訓練に利用してるし、ギルドからも良く依頼が掛かる。なので、これ程の群れが感知されるのは非常に珍しい。

 顔を上げた俺の雰囲気にターニャちゃんも異常を感じたかな。ちょっと待っててね。

 ゴブリン共じゃないな……魔素の純度も違い過ぎるし、体格も合わない。まだハッキリとは分からないが、四足歩行か。速い……この辺に現れては駄目なレベルだ。新人達では歯が立たないのは間違いない。14……いや15頭か?

「お師匠様、どうしました?」

「クロ、戦闘準備を。恐らくウルフ系、15頭」

「!! どの方角ですか?」

 クロは馬車の速度を落とし、周囲を警戒する。

「王都側に出るわ、森からよ。逃げるのは無理ね。馬車を止めなさい」

 クロは俺の指示に素直に従い、馬車を止めて御者台から飛び降りた。右手には剣を持ち、魔力強化の準備を始めた様だ。ふむ、中々の練度だね。本当に頑張ってるんだなぁ。

「何故こんな場所に!? アートリスからもそう離れてない……アレか!」

黒くてデッカい狼達が森から姿を現して、キョロキョロと周囲を警戒してる。

「アレは……アークウルフね……ターニャちゃん、馬車から降りないでね? 大丈夫だから」

 流石にアレを見たら顔色が変わったね。まあ、軽自動車サイズの狼を見たら、誰でもそうなるよね。しかも15台、違った15頭もいるし。

 アークウルフ達は、直ぐに俺たちを見つけて速度を落とした様だ。狼らしく、円状に広がり緩やかに近付いて来る。もし背中を見せたら突っ込んで来るだろう。

 まあ、人の気配が多いこの辺りに現れては駄目な奴等だ。ぶっちゃけ絶望的な状況だろう、俺がいなければね! いきなり魔法をぶっ放してもいいが、元弟子の実力を見てみる良い機会だな、うん。

「アークウルフ! 対処するのにダイヤモンド級が推奨される……お、お師匠様……」

 うん? 何チェンジしようとしてるのかな?

「クロ、丁度いいわ。行きなさい」

「いやいやいや! あんなの一人では無理ですって! 軍隊が要るでしょ、アレは!」

「貴方は勇者でしょう? コレも修行よ。大丈夫、死ななければ何とかして上げるから」

 流石に蘇生魔法などは存在しないが、回復なら大丈夫。やはり一瞬で大怪我を治癒など不可能だけど、後遺症は無いようにしてあげるからね!

 あんなのが現れた原因も重要だけど、今は討伐しないとね。修行と合わせてお金も稼げるなんて、一石二鳥だぜ!

「やっぱりお師匠様は変わってない! 戦闘になるとコレだよ!」

 泣きそうな顔をしたクロはそれでも魔力強化を行い、剣を抜き放った。同時に炎の魔法を放つつもりだろう、魔力を練り始める。ふむ、焦ってると駄目だよ?

「彼奴らは魔力も通しにくいから、しっかり練って魔法を放つのよ? 生半可な魔法は弾かれるから、頑張ってね」

「このオーガ! お師匠様はオーガだよ!」

「はいはい、危なくなったら助ける……かもしれない、多分」

「うわーーーー!!」

 クロの頭上には炎の玉が幾つも浮かび、アークウルフへと向かって行った。














 アークウルフ……頭頂に斧状の頭骨が迫り出し、その巨体で体当りを行う。その威力は大木をも叩き折ると言われ、人など柔らかい若木と一緒だ。ウルフの名に反して、攻撃中に噛み付く事は少ない。しかしながら狼らしい群れを形成し、数にも依るが非常に危険な魔物だ。

 奴等は都市部周辺や人里の付近には、まず姿は見せない。主に山岳地帯や火山帯などに生息しており、エリアによるが生態系の頂点に近く天敵は少ない。未だ謎多き魔物だが、主に死骸を骨ごと破壊してバラバラに持ち帰るらしい。前世で言えば、でっかいハイエナ?かな。

 群れを発見したら最低でもコランダム、出来ればダイヤモンド級の冒険者が必要になる。勿論一人では対処不可能で、複数のパーティで立ち向かう事が条件だ。

「……て言う魔物かな。この辺りで見掛ける魔物じゃないんだけどね。あんなの早々いないから安心してね?」

「お姉様、ゆっくり解説してる場合じゃ……クロさんが……」

 綺麗な指でフルフルと指す方向には、クロが奮闘?している姿がある。

 アークウルフは基本突進して来るから、真正面にいては駄目だ。絶えず動き回り、側面に移動する必要がある。まあ、躱しざまに斬り付けるって方法もあるけど、失敗したら骨がバラバラだ。

「お師匠様! それは相手がっ、うわっあぶね! 一頭なら出来ますけど、周りを囲まれたら意味無いですよっねっ! 全方位真正面ですけど! げっ……剣が通らない!」

 うん? まだ余裕があるね。腕が上がったなぁ……もう少し様子を見ようかな。

「魔力強化が疎かになってるよー。流石のアークウルフもクロの本気の速度にはついてこれないから、ほらっ頑張って!」

「ハァハァ……近接戦闘中に魔力を上手く練れる訳ないでしょう! 僕はお師匠様とは、違うんです! ふっ!」

 バシュッ!

 おっ! 今のは良い! 低く躱したクロは天を払う様に振り切ったのだ。うん、アレは致命傷だね、1頭討伐完了。血を噴き出し、もんどり打って倒れたアークウルフはもう動かない。頭骨は硬いから、首か腹を狙うのは良い判断です。ほら、あと14頭!

 いいねぇ、少年が剣を片手に戦う姿。これこそファンタジーだし、映画みたいだよね。

「ハァハァ……コイツら遊んでたな……駄目だ、勝てない……」

 クロ! 諦めたらそこで試合終りょ……あ、すいません。確かにアークウルフ達も本気を出すみたいだなぁ。陣形も変えたみたいだし、姿勢も低くなった。歯を剥き出しにして唸ったりなんかしてる。うーむ……ちょこっとだけ援護しようかなぁー?

「お姉様……!」

「なあに?」

 うっ……ターニャちゃんが怒ってる……良く考えたら、ターニャちゃんにしてみたら怖いだろうし……ゴブリン以来初めての戦闘だからなぁ。

「ターニャちゃん……これは修行で……あ、はい、すいません」

「修行も大事ですけど、これじゃクロさんが可哀想です。死んだらどうするんですか!」

 うぅ……怒った顔も可愛いけど、嫌われたくないし……仕方がないかな……

「はーい……クロ! もういいわ、下がりなさい! ターニャちゃんを守って!」

「えっ!? いいんですか? お師匠様が優しくなってる? 何時もなら……」

「ク、ロ、! 黙って下がって!」

 ほら! ターニャちゃんが白い目で見てるじゃん!

 クロは地面を魔法で隆起させ、アークウルフ達を少しだけ後退させる。本来なら串刺しにしてもいいんだけど、そこまでは練れなかったみたい。そのまま此方に向かって来るクロを、アークウルフ達は当然追いかけて来た。

 うーん、どうしようかな……?

 14頭も相手にするの面倒だし、先ずは数を減らしますか。

 俺は魔力を収束させて、属性を付与する。

 ターニャちゃん、見ててね!













「TSお姉様が赤面プルプルするのって最高だよね」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く