新会長様は委員長よりも年下で拗らせ溺愛王子
学園

連載中:5話

更新日:

新会長様は委員長よりも年下で拗らせ溺愛王子

  • あらすじ

     煌王宮学園では、生徒会長に就任すると王子という肩書きがつく。生徒会長になるためには、容姿端麗、頭脳明晰、人望による生徒からの支持が必要。 毎年王子を決めるのは入学式から2週間の間、新1年生から3年生のなかから選ばれる。 約1000人の生徒がいる学園の中で選ばれた生徒だけにしか与えられない個人の部屋を貰え、授業を出なくても欠席扱いにならない。そんなプラスαがあるため、生徒会長を目指してる生徒は多い。
     目指している生徒は一心不乱になり当日までに人気取りをする。そんななか、中等部のころから合わせて四年連続学園で王子として君臨し続けた李人。彼の容姿は尋常ではないほど人目をひく。黒髪黒目、肌は色白で、身長は175cm、体格は細め、めったにお目にかかれない身体は程良い筋肉がついていると夜をともにした生徒談である。さらに上下関係なく生徒との交流も深くとても信頼され、人望も有る。見た目が"光の君"を連想させるほどの美貌で外面も良いとなれば、生徒から王子にふさわしいと評価され、現在まで王子としてこの学園に尽くしてきた。そんな彼は今年も会長となり王子の称号を与えられると信じていた____が、今年から1年に編入してきた荻原亜蓮にその座を奪われる!
     彼、亜蓮はイギリスと日本のハーフで色素が薄く、ミルクティー色の髪色、青空を閉じ込めたような瞳、そして、体格は185cmで男らしい身体つきで抱かれたいと思っているのは生徒だけではない。そこに甘い顔を持つので学園の生徒が連想させるのはお伽噺に出てきそうなメルヘンチックな中世の王子様。入学式に新入生代表として挨拶をした際には学園の生徒の視線を、心を、掻っ攫っていった絶対的強者。
     そしてなぜか、入学して間もない亜蓮は李人を溺愛する。実は、亜蓮と李人が過去に何処かで出会っていたらしい。二人の過去に一体何があったのか? 一方、亜蓮から溺愛されている事に気づいていない李人は王子の称号を取り返す為に1人計画を企てる。果たして、李人は学園の王子に戻れるのか!亜蓮との関係はどう進むのか? お楽しみください(^^)/
     
     『風紀委員長は会長様に溺愛される』エブリスタにて同時投稿
     
     生徒会長×風紀委員長 腹黒 プライド高い強気受け 計算高いハイスペック攻め 溺愛  学園

「新会長様は委員長よりも年下で拗らせ溺愛王子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品